FC2ブログ

はまなすも廃止か

先日「カシオペア」と「はまなす」の来春の廃止が発表された。
夜行列車はほとんどなくなることになる。
「カシオペア」には乗ったことはないが、「はまなす」には乗った。
寝台ではなく、のびのび座席だったけれど。

昔から寝台料金は高かったので、ブルートレインなどは
片手で足りるほどしか乗っていない。

夜汽車というと情緒のある響きだが、体力も必要。
かつては座面と背が直角で固定のボックスシートだったので、
混んでいると朝には節々が痛くなったものである。
これと比べると「のびのび座席」は天国のようなものだった。

夜行列車で出かける気力はなかなか出ないが、
なくなるとなると寂しいものでもある。


15マッカラン_convert_20150918214501

後ろに後ろに流れていく街の灯を目の端で何となくとらえつつ、
忘れた頃にウイスキーなど胃に流し込む。
てなことはやったことがない。
夜行列車は寝たもん勝ちなんである。

スポンサーサイト



岳南電車 その2

終点の岳南江尾から乗った吉原行き電車を、岳南富士岡駅で降りた。
昼間は有人駅だからである。
全線1日フリー乗車券を買っているので、乗り降りは自由。
ここからぶらぶらと歩いてみた。何となく線路から離れないように、適当に。
比奈駅を過ぎて、今度は撮影場所を探しながら歩く。
しかし、線路際は工場の敷地内で歩けない。
ビッグ富士という大きなスーパーの横を通った時は、
帽子があれば買おうと思って入ってみたが、食品専用らしかった。
結局撮影場所を見つけることなく岳南原田駅に着いてしまった。
次は反対側を歩いて比奈駅に戻ってみた。
全く線路に近づけなかったが、それもそのはず、
このあたりは日本製紙の工場で、
岳南電車は工場の敷地内を通り抜けている感じだったのだ。
そりゃいい感じなのは当たり前である。
こんなことは、google mapででも確認すればいことであった。

暑さにやられながらも比奈駅に到着。


15岳南比奈1_convert_20150825214105

この駅はかつてももクロ主演の映画のロケ地だったらしい。
どうにもテツには見えない人たちがちょくちょく来ていたのはそのせいか。

昼はもう少し吉原寄りで、岳南電車のHPに載っていたガッツリ系の食堂で食べようと思っていた。
しかし腹具合が今ひとつで、肉チャーハンを食べる気にはならない。
ということで、やはりHPに載っているHINACAFEを探してみることにした。
店はすぐ見つかったのだが、おっさんお一人様ではとても入りにくい雰囲気だった。
しかし、周りには何もなさそうである。
勇気を振り絞って扉を開けると、やはりお洒落なカフェだった。
(HPの写真はシルエットでわかりにくい!)

月替り1プレートランチを頼んでみる。
私は店で出しているものを掲載することはほとんどないのだが、
それはなかなか堂々と料理の写真を撮れないからである。
最近はごく普通の風景になっているような気もするが、どうにも苦手。
とても構図など考えて撮る余裕はない。


15岳南比奈カフェ_convert_20150825214150

右奥のカップは中が写ってないけれど、ブロッコリの冷製スープ。
美味かったのだが、色がまたね。その夜のゲームには吉兆? 
などと考えてしまうところが、少々ヤバい。

とても美味しく完食して、コーヒーも飲んで、吉原に向かった。

このあたりは富士市なのだが、富士市といえば紙の街。
ということもあり、岳南電車の有人駅ではまだ硬券が残っている。
うれしい限りである。


1508岳南硬券_convert_20150823172311




岳南電車 その1

アイスタで清水戦を観戦する前に、岳南電車に乗ってきた。
かつて乗った気もしないではないのだが、
記憶が曖昧なのでそれなら乗るかというもんである。
本当は、貨物列車の運行があるうちに行きたかった。
時刻表も調べていたのに、ずるずるするうち運行を停止、
今に至るというのが本当のところなのだが。

岳南電車は、岳南鉄道の鉄道部門の経営悪化に伴い、
富士市の支援を受け、2013年に子会社化された。
もともとは1948年の設立で、営業区間は吉原-岳南江尾間9.2km。

岳南電車に乗るために、早朝の品川始発の東海道線下り電車に乗車。
ゆっくり寝るためにグリーン車を奮発した。
熱海で乗り換え吉原に着くと、まずコインロッカーを探した。
清水戦の後実家に行くので、そこそこの荷物だったんである。
ところがJR駅構内に見つからない。近所を歩いていると年代物の地下道を発見。


15岳南地下道1_convert_20150823170352

脇には婦女子は夜通らないようにと書いてある。
確かに暗くて狭くて長い。高さは180cmないのではないか。
海側はこんな感じ。


15岳南地下道2_convert_20150823170425

おっさんも夜は通りたくない(笑)

コインロッカーは何のことはない、岳南電車の構内にあった。
とりあえず終点の岳南江尾まで行ってみた。
岳南電車といえば富士山と工場なのだが、
朝から富士山は一度も顔を出さないので、
工場地帯の中を走るところが撮れるところを探していた。
すると比奈駅の手前あたりがそれっぽいので後で行ってみることにする。

さて、岳南電車の現有車両は3両。


15岳南電車1_convert_20150823170508

15岳南電車2_convert_20150823170539

いずれも京王井の頭線で活躍していた車両を譲り受け、改造したものである。


線路

先日日暮里に行く用件があった。
で、下御隠殿橋。しもごいんでんばしと読むらしい。
通称トレインミュージアム。
何故トレインミュージアムなのかというと、橋の下には線路がずらりと並んでいるから。


14日暮里の線路_convert_20141126224748

数えてこなかったけれど14本(組)ほどあるらしい。
山手線2、京浜東北線2、東北新幹線2、常磐線2はよいとすると、残りは6。
京成線2、東北本線2、高崎線系2か?
多種多様な電車が通るもので、なるほどトレインミュージアムである。

会社ではEOS7D markⅡ で鉄道写真を撮っている人がいることがわかったり、
知り合いに最近テツに目覚めた方が出てきたり、
ちょっとそっちの方にも行ってみようかななどと思ったりもする。
何せこのブログは緑と青鉄道なのに、鉄分は少なめだから。
今年新たに乗ったのは、叡山電鉄のみだし。
ちょっと鉄道写真でも撮ってみようかな。

九州新幹線

福岡遠征で博多に着いたのは11時過ぎ。
レベスタに行くまでに佐賀競馬場に寄ったわけだが、
競馬場には長く居たいし、レベスタにもそこそこの時間に着きたい。
ということで、1駅だけ九州新幹線を利用することにした。新鳥栖からはタクシーである。
運賃560円、特急券850円で1410円。
JR九州の割引切符に日帰り2枚切符というのがあり、これだと往復で2260円。
なかなかお得である。
なんてことが佐賀競馬のHPに書いてあった。ありがとう。

博多からは800系つばめ。ラッキーである。
せっかくなら見慣れたN700系よりは800系の方がよい。水戸岡鋭治デザインだし。
JR九州の列車は水戸岡大先生の手によるものも多く、かなり楽しい。
個人的には嘉例川駅の方が気になったりするけど。


14800系1_convert_20141106213012

登場当時は新八代ー鹿児島中央間で、愛称はつばめのみだった。
だから側面にはつばめ。かっこ良いデザインである。


14800系2_convert_20141106213042

車内は和風。木がたくさん使われている。

14800系3_convert_20141106213107

この縄のれんの先は洗面所。

14800系4_convert_20141106213125

この奥には公衆電話。

14800系5_convert_20141106213146

スピードではN700に及ばないけれど、800系は良いなあ。

時間
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR