FC2ブログ

ベル1号

連休中にベル1号を引っぱり出してみた。実に久しぶりである。
ベル1号は20インチロードなのだが、とてもよく走る。
しかし残念なことに最近はよく走ることをあまりというか、ほとんど欲さなくなった。
移動の手段としては3号の方が扱いやすくてラクなので、
出番がなくなってしまったんである。

よく走るのは間違いないのだが、少々癖もある。
ホイールベースが短いので機敏なのだけど、ちょっと機敏すぎかも。
ロードバイクに機敏さはあまり求めなくてもよいような気もするが、
よく走るのには間違いない。

今思えば、もうちょっとツーリング向きにしておけばよかった。
32Cくらいのタイヤも履けたら、2号は買わなかったろうな。
とはいえ、折角のケルビム製。
今では仕様変更などで高くなり、とても買えなくなってしまったので、
(これはフルクロモリ時代なのでそうでもない)
がんがん乗り回していきたいものである。


1505ベル1号_convert_20150511220213
スポンサーサイト



ワイヤ錠

先日自転車のワイヤ錠が壊れた。
鍵は失くしそうな予感がぷんぷんだったので、
数字を合わせるタイプなのだが、どうにも締められなくなってしまったんである。
そんなに高くないというか、安い錠だったので、
それはまあ、しようがないかというところなのだが、
鍵がないと自転車では出かけられない。というわけでポチるわけである。
ネットで買うということは現物は見ていないということで、
届いた鍵がこれ。


15ワイヤー錠_convert_20150427202218

左が壊れた鍵。右が買った鍵。
また1年たたずに壊れるのもイヤなので、ちょっとだけ高い鍵にしたら、
ゴツいのがやってきた(苦笑)

さすがに施錠はしやすいのだけれど、乗っている時に自転車に引っかけにくい。


15ワイヤー鍵2_convert_20150427202135

前のは小さいので違和感なし。
ちなみにサドルはブルーラグの交通安全サドル。なかなか尻との相性はよい。


15ワイヤー鍵3_convert_20150427202201

新しいのは写真のようにぐるぐる巻きにすればよいのだが、それはかなり面倒。
一巻きだけ引っ掛けると重さでずるずる下がってきてタイヤに干渉したりする。
バッグに入れれば良いのだけれど、それも面倒。
良い(面倒でない)方法を思案中である。




コゼバッグ その1

7月にコゼバッグ(トート)を頼んだら、8月に出来上がった。
これがかなり使いよい。というわけでご紹介。
http://www.cosset-bags.com


14コゼバッグ1_convert_20140913110506

コゼバッグは、自転車乗り用に(使い途はそれぞれのようだけど)、
コゼバッグさんが一人で作っている。
コゼバッグさんは元メッセンジャーさんなので、経験に裏打ちされたスタイルが
かなり使いやすいんである。
メッセンジャーバッグの他にもトートやバックパックもある。
私は本来バックパック派なのだが、自転車に乗ってると、
特に街乗りやちょっとした散輪だと、バックパックはなかなか面倒くさい。
メッセンジャーバッグも使ったことはあるが、
だんだんフラップを開けるのが面倒くさくなってきた。
それで、行き着いたのがトートバッグである。

コゼバッグは京都のアトリエに出向けばオーダーメイドなので、
できる範囲で注文に応じてくれる。今回もサイズの他、いくつか細かい注文をお願いした。


14コゼバッグ2_convert_20140913110534

Mサイズ、高さ5cm増し。
色はいうまでもない(笑)。紺は帆布だとへたるのが目立つということで
コーデュラナイロンにした。


14コゼバッグ5留め具_convert_20140913111305

バッグはストラップでしめることができる。

14コゼバッグ3ふた_convert_20140913110601

内側はターポリン。多少の雨なら大丈夫。
ヘタレな私は雨の日は自転車には乗らないが、安心感は大きい。
べろんとしているのは中蓋。
メッセンジャースタイルで肩にかけると、本体はかなり斜めになるので、中身の落下防止対策。


14コゼバッグ4ふたしめ_convert_20140913110623

ふたをかぶせるとこんな感じ。

14コゼバッグ6固定ポケット_convert_20140913110705

ふたの下にはポケットがある。
つづく。


14コゼバッグ7エンブレム_convert_20140913110848




ベル3号デビュー

昨日は15連勝ならずのショックを引きずって、
高校時代のプチクラス会に行ってきた。
アメリカ在住の同級生が一時帰国したので、10人ほどで集まったんである。

去年久々にクラス会をやったところ、幹事が幹事長(ずっと幹事)に昇格し、
彼がまたデキる男なので、こんなお知らせが回ってくる。
このクラスは当時も多分珍しかったのではないかと思うのだが、担任を中心に回っていた。
各人どこかしら操られていたところがあったような気がする妙なクラスだった。
だからプチクラス会には担任も来てくれるのだが、全く違和感がない。

ということで、山雅がジュビロに快勝した顛末も知らず、
敗戦のショックはプチクラス会とアルコールとともに癒され迎えた本日、
ベル3号がデビューした(前置きが長い)。

ベルの名を冠せないまま3号は人手に渡り、ふだん乗り+ポタリング用にベル3号がやって来た。


ベル3号_convert_20140525175646

fairweather cx にブルホーンをつけてみた。
店の兄ちゃんにはドロップを勧められたのだが、
飛ばす自転車ではなく、下ハン握ることはほとんどないので、ブルホーンに。
ベル1号はドロップだが、回して下るときくらいしか握らない気がする。
ベル3号では、下りは回さないよ、きっと。

ベル3号はふだん乗りバイクなので、どこに行ったでもない。
残念なことに行き先は並木橋だった。
残念なことにハープスターは負けた。
(負けちゃいけないお馬さんだと思ってたのに)

で、ベル3号。なかなかよい。
ちょっと微調整するかもしれないが、乗りたくなるバイクである。
何だかベル1号の出番がなくなりそうなので、方針を考えるべきかも。

ベル3号

ベル3号候補の試乗をさせてもらいに自転車屋さんに行ってみた。
ベル3号は折り畳みの予定で、輪行用である。
先月行った五島でも、自転車があったらいいのにと何度思ったことか。
ということで、自転車旅推進プロジェクトが始動したわけである。
結果、候補車はずいぶん前から絞っていたのだが、乗りやすかった。
タイヤがもうちょっと太いと旅仕様に最適かと思うのだが、
クリアランスがぎりぎりのようで、まあ、そうダートには踏み込まないだろう。
後は自転車代を用意するのと、細かい仕様の検討。
まずは自転車代か。
仕様といっても、気になっているのはブレーキレバーとシフトレバーくらいなんである。


カスク_convert_20130105183103

ふだんからもっと自転車に乗ろうと、昨年秋にカスクを購入していたのだが、
まだかぶってない(泣)。
もともと飛ばすわけではないし、近場だとヘルメットはちょっと大仰なこともあり、
せめてカスクくらいはと思っているのだけれど。


ヘッドギア_convert_20130105183132

よく似ているけど、これは大昔のラグビーのヘッドギア。
先日発掘したら、もうぼろぼろで、捨てる前に1枚撮ってみた。
今のヘッドギアは、キャプテンウルトラのジョーの頭みたいに、
小さなクッションがたくさんついているのだけれど、私の現役のころはこれ。
たいしたクッションもなく、つける意味があるのかという感じだった。
脳震盪で30分以上気を失っていたこともあったが、
異常はなかったから、効果はあったのか。

時間
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR