FC2ブログ

ドリームトレイン

ドリームトレインと名付けて、稚内から枕崎まで、
一筆書ききっぷで旅している鉄道写真家がいる。
中井精也さんである。この方の写真がいい。私は大好きである。
この旅もまたいい。ドリームトレイン。夢を集める旅なのか。
既に後半に入っているが、この先どんな夢と出会えるのだろう。

http://railman.cocolog-nifty.com/


曇天_convert_20111129224518
スポンサーサイト



皇帝ダリア

皇帝ダリア2_convert_20111123195514

この花は皇帝ダリア。
先日、何という花? と載せたやつだが、gonbeさんが名前を教えてくれた。
でかくなるから皇帝ダリアだそうである。
実際、写真の花も3mくらいのところで咲いていた。
つい、花のような目立つものがあると、そちらに目が集中しがちである。
このときも高いところに咲いてるなあ、なんて花なんだろうなあ、
こんな高いところに咲く花もあんまりないよなあと、見上げてばかりいた。
その数日後、また同じところを通りかかったとき、
この写真を撮ったときだが、
だいぶ高いところにある花にも慣れてきたので、ふと根元に目をやると、


皇帝ダリア1_convert_20111123195433

ちゃんと名札が立っているではないの。
花ばっかり見ていると、一部分だけに注目してしまうと、
見逃しがちなものも出てくるのである。

サッカーはいよいよ大詰め。
J2の昇格争いが熱い。残る1つの椅子を巡って札幌と徳島が争っている。
最終節の札幌の相手は東京。徳島は岡山。
勝ち点は並んでいるので、徳島に分がありそうだが、
東京も最終節はあまり強くない。緑と青の立ち位置上、
こっちの方が柏よりも気になるところである。

JFLもあと2節。
緑と青が締まらないので、ここは松本に頑張ってもらいたいのだが、
こっちもちょっと厳しい。
現在3位ではあるものの、1試合多く消化しており、
4位、5位との勝ち点差は1。
どちらも連勝すれば松本が次節勝っても5位転落である。
しかも2チームの相手は中位以下。
松本の相手がいちばん上位にいるのである。
厳しい状況だが、何とか乗り越えていただきたい。





住吉からスカイツリー

住吉で昔からの友人に会った。
新小岩で待ち合わせ。


新小岩でコーヒー_convert_20111126221035

ちょっと早めに行って、仕事などしてみる。

鉄塔新小岩_convert_20111126221112

鉄塔新小岩。
駅から数分でこんな鉄塔があった。
昼食食べて住吉に移動。
何で最初から住吉で会わないんだ。
何でわざわざ新小岩で昼飯食うんだ。
おっさんの事情というものである。彼とは高校1年からの付き合いなのだ。
事情もいろいろ持ち合わせているんである。


住吉からスカイツリー1_convert_20111126220647

住吉銀座からスカイツリー。
錦糸町から歩いて来たが、スカイツリー最接近記録更新である。


住吉からスカイツリー2_convert_20111126220745

猿江恩賜公園。結構大きな都市の公園のたたずまい。
ここではイチョウなどが色づいていた。


住吉からスカイツリー3_convert_20111126220822

いかした時計台とスカイツリー。

住吉からスカイツリー5_convert_20111126220944

この絵を引いていくと・・・

引いていくと・・・


引いていくと・・・


引いていくと・・・


ゆっくり引いていくと・・・


しつこく引いていくと・・・



住吉からスカイツリー4_convert_20111126220859


なかなかいい感じのスカイツリー。









平塚競技場ゴール裏

愛用しているキーコインケースの外側には、窓のついたカードスペースもある。
この中にsuicaも入っていたりするのだが、
名前やら番号の入ったカードが前面に出てくるのは嫌だ。
見せられるものをということになると、反町監督となったわけである。
これ、暴れん坊復カツ! サンドに入ってくるカードなので、
たまたま監督を引いたということなのではあるが。

J2中位以下のチームというのは、あまりギスギス感がないような気がする。
サポーターもあまり怒号を飛ばさない。
昨年は目の前で名古屋の胴上げを見せられたわけだけど、
湘南サポは名古屋に祝福のエールを送り、チェアマンにほめられた。
そうそう勝ち続けないというのは寂しいところもあるけれど、
勝利の味だけがフットボールの良さではないことが実感できるゴール裏である。
某赤チームのサポーターにはなかなかわかってもらえないかもしれないけれど。
宇都宮徹壱の「フットボールの犬」にも、サッカー大国ではない国のスタジアムには
似たような空気が漂っているとある。
平塚競技場のゴール裏は、勝てなくても何だかまた行きたくなる雰囲気のある場所なんである。
明日も行けないけど・・・


キーケース_convert_20111125232045

ホペイロ3部作

反町監督の退任がついにクラブから発表された。
引き留めは無理だったか。
同時にアジエルの契約満了も。
これで、来季は本当に新しいチームで再出発ということになりそうである。
果たして誰が指揮官になるんだ?

井上尚登のホペイロ3部作。
ホペイロというのは簡単に言ってしまえば、サッカーチームの用具係。
日本ではプロのホペイロを置いているところは少なそうである。
名古屋とか東京Vとか?

ビッグカイト相模原というチームがJFLから数年でJ1まで駆け上がる
夢の(ような)お話。
3部作なのだからJ1まで昇格するのは自明のこと(?)で、
これくらいはネタバレにはなるまい。
相模原にはSC相模原という、先日奈良クラブに勝ったチームがあるが、
こっちはJリーグから優遇措置を受けてJFLに上がろうとしているから
モデルではないのか。

最近S系のキャラがはやっているのか、
(謎解きの執事影山も言動はS系?)
これにも撫子さんという、S系の広報担当が登場する。
1作目の初版は2009年、謎解きよりも1年以上早いから、こっちが先か。
内容はまあ、興味のある方はお読みください。
ホペイロの坂上君が次々湧いてくる問題を解決したりされたりの連作短編集です。


ホペイロ3部作_convert_20111124212824

全日本スカッシュ選手権

またしても初モノ。スカッシュの全日本選手権に行ってきた。
実はスカッシュの公式戦を観るのは初めてである。
会場は新横浜のエスキューブ。
中の様子は撮影禁止なので、今回は写真がないのだが、
外見からもわかるように、まあ改造倉庫(笑)。
今回全日本選手権を観に来たのは、スクールのコーチが出場しているからである。
初観戦の私がいうのも何なのだが、
Fコーチの予選2回戦は痺れるゲームだった(負けてしまったけど)。
こんなゲームをやってしまうと、Fコーチもやめられないのでは?
大学3年生なので、いちおう引退らしいんである。
私など、4年の秋まで走ってたけど。


エスキューブ_convert_20111123195347


今回観戦して思ったのは、陸上競技はマイナースポーツとはいえまだ恵まれているということ。
マスターズの東京都大会ですら国立競技場で走れるし、
大会の進行も運営もみんなスタッフ、役員の方々がやってくれる。
スカッシュの場合、今日は予選だからということもあるのだろうけれど、
試合が終わった選手が審判をしているんである。
大会の進行も明日出番の選手がやっているし。
なかなか面白いスポーツであるので、もうちょっとメジャーになってもらいたいものである。
選手のために。

今朝会場には試合開始30分前に着いたのだけど、選手はみなリラックス模様。
そのあたりが陸上短距離とは違う。
100mの場合、最初のレースがヤマの大会ならば、私はスタート2時間前には始動していた。
私は中小市民レースで決勝進出レベルといった感じだったので、
ちゃんとした公式戦の場合、予選突破が目標になる。
すると、予選の号砲が鳴ったときには100%動けるように仕上げておかないといけない。
30分前だとコールが終わったころなので、刺激を入れるために1本結構な強度で走っているか、
スタートの動きを確認しているかといったところか。
選手の控え室のようなところが別にあるのかどうかわからなかったので何ともいえないが、
いきなり全開にできるのかちょっと疑問だったりして。
(試合前にはコートにも入れないらしいので、どうすればいいのかよくわからないまま
 感想だけ書いてみた)

私でも決勝で勝負できる小さな大会があったので、
そういうときには予選や準決勝は流せる。ちょっとしたC.ルイス気分である。
日本の短距離選手も最近はレベルが上がってきてはいるけれど、
残念ながら決勝で勝負できたことというのは、世界陸上パリ大会200mの末續くらいである。
だから、準決勝で振るわないというのも、予選が勝負の場合、仕方がないこともある。
というわけで、結果だけでブーイングしないでね。


ライトアップ目黒川

目黒川のライトアップも始まった。
目黒川といってもオシャレな中目黒方面ではなく、五反田である。
今年は例年よりちょっと派手になった気がする。
中目方面は知らないけれど。

ライトアップといえば、
古風なライトアップではあるが、春日大社の万灯籠に行きたい。
今年の夏は燈火会に行ったけど、
あれはあれでよいのだけれど、灯籠に灯ったあかりはこれまたよいのである。
子供の頃には行ったことがあるのだが。
やはり、できれば夏で(笑)。

ライトアップといえばお水取りも捨てがたい。
これも子供の頃には行ったことがある。
奈良の冬は寒い。かなり覚悟が要りそうではある。
宿もなかなか取れなさそうだし。

見てみたいライトアップベスト2であった。


目黒川ライトアップ_convert_20111121224248

全国地域リーグ決勝大会3日目

全国地域リーグ決勝大会3日目。
奈良クラブは福島ユナイテッドFCに2-0で勝って2位となったものの、
2位チームの中では3番目で、決勝トーナメント(といってもリーグ戦)進出はならなかった。
また来年挑戦して欲しい。

週末の緑と青は、徳島に逆転負け。
昇格がかかるチームとはやはりモチベーションが違う。

J1の優勝争いと残留争いも佳境である。
今日は柏が逆転勝ち。去年J2で無敵を誇ってはいたものの、まさかここまで首位とは。
私の草サッカー時代のポジションはGKなのだけど、
Jでいちばん好きなGKが、実は柏の菅野なんである。
横浜FC時代から反応の速さは際立っていた。
一瞬代表入りしたことはあるけれど、今でもいけるはず。
残留争いは浦和と甲府に絞られたが、甲府がちょっと厳しいか。
次戦はマイクが出場停止だし。
(最終戦の出場停止は免れた模様)

J2は東京が優勝。
昇格を鳥栖、徳島、札幌で争っている。
いずれも春の評判は湘南よりは上だった気がするが、
千葉、京都を上回るとはなあ。
あと2戦、緊張感が続く。
緊張感のない緑と青のチームは、ゼロ表示を巡って緊張感?


花1120_convert_20111120172821

何の花なんだろうか。3mほどの木である。

地域リーグ決勝大会2日目

地域リーグ決勝大会2日目。
奈良クラブはSC相模原と対戦、0-1で敗れた。
他グループの様子を見ると、2位の最上位も厳しそうである。
もうちょっと階段を上れということか。


階段

東大寺境内の大仏殿から法華堂に向かう階段(たしかそうだったはず)である。
奈良にいたのは10年、それも生まれてから10年だから、そう長くいたわけではない。
でも、ふるさとと呼べるのはやはり奈良なんである。
(ちなみに、飛鳥幼稚園から飛鳥小学校だった。)

全国地域リーグ決勝大会

全国地域リーグ決勝大会が始まった。
奈良クラブも関西代表として参加している。
グループ首位と2位の最上位チームが決勝リーグに進み、
2位までがJFLに昇格できる。
奈良クラブの入ったBグループは、相模原と福島がいるなかなか厳しい組である。
という状況もあり、ソシオになってしまった。
(会費が半年分で3000円だけど)


会員証表_convert_20111118202118

これって浮気?
カテゴリーが2つも違うから許してね。


会員証裏_convert_20111118202240

11月になって入ったのに会員番号が324!
これではお金もあるまい。来年も継続しなくては。
「一切従心転」が今年のスローガンとのこと。
一切は心より転ず。
すべては心の従うままに転がる。
強い心を持っていれば、自ずと結果がついてくる、ということらしい。

Bグループの開場は淡路島の五色。勝ち抜けば決勝リーグは長居。
まあ地元である。今年行けということなのだろう。
今日は北海道戦で1-0で勝った。
試合内容は知る術もないが、先週KSLカップで負けているので、
嫌な流れを断ち切ってもらいたいところだった。
明日の相手は相模原。頑張ってほしい。





ヌーヴォ

世の中の流れというものに乗っかって、ボージョレ・ヌーヴォをいただいてきました。
って、毎年恒例の会なのだけど。
会社絡みではあるものの、若い方々のどんどんわからなくなる今日この頃。
ヌーヴォのさわやかさを味わうというよりは、谷繁は一体どうしちまったんだよ、
などというベタなおっさん会話の方が恋しくなったりする今日この頃。
月曜から日を追うごとに落ち込んでくるドラファンの同僚の、
明日の顔がちょっと楽しみな今日この頃。


ヌーヴォ_convert_20111117225723

天皇杯3回戦

今日は天皇杯3回戦。
何とNHK BSで中継が入っていた。
テレビで緑と青のチームの中継を観るのは久しぶりである。
相手は福岡大。大学生と侮ってはいけないのだが、プロをなめてもらってはいけない。
ガツンとプロの力を知ってもらわねば。
のはずが、90分では0-0。さすがに4連敗中のチームだという内容。
延長でようやく振り切ったものの、この苦戦の主因は大介君だったのでは?
宇宙開発にはますます磨きがかかるし。もう誰にも止められない。

その他、松本が新潟に1-0。本音は、JFLに集中したいのだろうけれど勝ってしまうとは。
肝心のJFLでは現在5位。順位を上げねばいけないのだが、相手は難敵が続く。
何とか4位に入ってもらって、来年アルウィンに行きたいものである。

豚部005。
体長約10.5cm。木製。例によって出身地不明。
しかし、004とは親戚ではないかと言う程度は似ている。
開脚具合も私より優秀であるが、うーん。全く思い出せん。
ごめんね。


豚部005_convert_20111116215103

豚部No.004

豚部No.004
木製 体長約11cm。
例によって出身地は不明。
それどころか、自分で買ったのか、頂き物なのかも思い出せず。
ごめんね。


豚部004_convert_20111114230051

このところパソコンで作業する時間が増えてきたせいか、肩がまた凝り始めた。
昨日、今日とスカッシュの練習に行き、肩がぐるぐる回しているのに、
無駄な力が入りすぎてるせいか、凝る。
あ〜、整体行きたい。

フォーミュラ・ニッポン

先週、縁あってフォーミュラ・ニッポンの最終戦を観てきた。
ツインリングもてぎである。
モータースポーツは、はるか昔、鈴鹿サーキットで見たことがある。
小学生の頃なので、「見た」と思っているが、本当は「聞いた」に過ぎないのかもしれない。
何のレースだか覚えていないのは仕方がないとしても、
記憶にあるのは爆音だけ。どんなにほじくっても車の影すら出てこない。
ということで、これも初モノといってよいだろう。

今年のシリーズはドイツの選手が頭1つ抜けており、シリーズチャンピオンが濃厚だったのだが、
結局この日行われた2レースとも快勝、そのまま逃げ切った。
とはいえ、レースはすごい迫力で、いろんなところをうろうろしながら観戦したり、
天気も変わってこれはまたえらい迫力で、楽しめた1日だった。


ドライバー_convert_20111113173131

グリッドウォークもできるチケットだったので、スタート前のドライバーも近くでぱちり。

ビクトリーコーナー_convert_20111113173239

ホームストレートに入るまでのコーナー。
この2台が1位と2位。シリーズでも1位と2位。
この日は雨予報だったので、荷物を減らすために100-400は止めて、
135+エクステンダー×1.4。最近出番が多いのは体力的な問題か。
モータースポーツでは全く足りないのは間違いないところである。


S1_convert_20111113172946.jpg

S3_convert_20111113173047.jpg

午後行われた2レース目。
スタート前のウォームアップ走行からついにポツポツ降り始めた。
S字のあたりで観ていたのだが、このときはまだ路面が湿っている程度。
この後、バックのストレートに向かった。下り坂でもあり、最もスピードの出るところである。
ところが着いた頃には本降りになっていた。車の後ろにはもれなく水しぶき状態である


バック1_convert_20111113173208

しばらくここで観ていた後、ホームストレートに移動した。
その直後、バックストレートでクラッシュ。幸いドライバーは無事だったが、
あれだけの水しぶきでは、ドライバーも大変である。


ホームストレート_convert_20111113173447

ホームストレート。
白いもやもやしたところには実は車がいる。
これでよく走れるものである。

さて、緑と青はというと、
後半終了間際に追いつかれ、ロスタイムに被弾。
デジャブか! 何だか3年前に戻ったような気分である。
エレベーターチームになれたと思ったのはどうやら錯覚らしい。
これで、誰が引っ張ってくれるんだろう。
反町監督には続投してもらいたかったが、このチームに引き止めておくわけにもいくまい。
彼を超える人物は当面無理として、地道な改革を望みたいものである。













みかん狩りなど

みかん命の手芸部長を連れてみかん狩りに行ってきた。
三浦海岸である。
さーっと行って、3時過ぎには帰ってこようと思い、9時過ぎに三浦海岸駅に到着。
しかし、「本日は雨天のため行いません」の看板が。
晴れてるやん。でもまあ、下はゆるそうだからなあと一駅先の三崎口に行ってみた。
こっちの窓口も無人だったが、やらないとは書いてないので電話してみると、迎えに来るとの返事。
ということで、三崎口でみかん狩り。
何でも9時過ぎに来る客はいないとのこと。受付は9時からなんだけど。


みかん_convert_20111112174346

おいしゅうございました。
数個食べて、袋一杯につめて、受付に戻ると、50人あまりの団体客が到着。
早く来てよかったとは言えるか。
駅まで送ってもらっても11時前なので、海を目指すことにした。
行く途中、三戸浜入口という看板を見つけていたのである。
近くに海の気配はなかったが、入口というからには少々歩けば海に出るに違いない。
入口の看板のところでバス通りを曲がると、畑が広がっていた。
大根である。三浦半島なんだから三浦大根に違いない。
一本道の先には海が、そして頭だけ顔を出した霊峰の姿が見える。


三浦大根1_convert_20111112174508

ほとんど大根ときどきキャベツの畑をずんずん歩いていく。
大根は収穫の時期にさしかかったものもあるようで、お仕事中の農家の方もちらほら。
ぽかぽかの陽気の中、大根畑の間を歩くのもなかなかよろしい。


三浦大根3_convert_20111112174638

すくすく育つ、多分三浦大根。
30分程歩いたろうか、ついに相模湾が目の前に。
大根畑越しに1枚。本当に大根畑が多い。


三浦大根2_convert_20111112174554

浜に着くと、霊峰はほとんど雲の中に隠れてしまった。
ぶらぶら歩いていると、ビーチグラスも落ちていた。緑を少々補充。
残念ながら、程よく丸く削れたビーチグラスにはまだお目にかかっていない。
目にするのは青二才ばかりである。


三戸浜_convert_20111112174715

ヨットの右上にかすかに見えるのが霊峰の頭の先である。
ここはホームタウンではないけれど、ちょっと先は藤沢市。そこはもう緑と青の陣地(!)だ。
明日のダービーにはスカッシュで行けないけど、頑張ってね。
腹もこなれてきたので、駅に向かうことにした。


すすき_convert_20111112174303

三崎口駅には12時過ぎに到着。
折角なのでマグロでも食しようと1駅移動して三浦海岸駅へ。
案の定、みかん狩りは受け付けてた。

当ブログ、管理人が味覚にこだわりがないもので、
基本的に食べ物屋では食べ物の写真を撮らないことにしている。
(blog慣れしてないときに、写真を撮り忘れたからという説もないことはない。)
三ノ輪橋のそば屋ではそばは撮らなかったし。

駅に着いたら、折角なので海に出た。
そのあたりでマグロ丼でもと思っていたら、1件見つけたので入ろうとすると、休みだった。
B1グランプリに出場のためとのこと。
次に見つけた店は満席で入れず、結局駅に向かう途中の回転寿司に。
おいしゅうございました。








波立つG

波立つG。
昨日たまたま会長の話を書いたら、今度は代表兼GM。
それを社長が否定する。とまあ、代表が一人暴走したような形になっている。
あのチームがどうしようと、どうなろうと、
チーム内のことであれば知ったことではないのだけれど。
歪なのは、一チームの会長が球界のナンバー1ともいえる発言力を持っていることだろう。
つまり、コミッショナーがいけないんだろうなあ。
今ほとんどプロ野球中継を見なくなったのは、
野球が面白くなくなったというよりは、近鉄バファローズがなくなったからである。
たとえ2部であっても、応援するチームがあるってのはいいもんなんである。
たまには上に上がってね。


波立つ_convert_20111111223348

富士山

富士山には一度だけ登ったことがある。
10月だった。小屋は6合目しか営業しておらず、
朝から登ってそのまま下山、6合目に泊まった。頂上は雪だった。
これはかなり昔の話で、確かセ・リーグの優勝決定が最終戦までもつれた年。
読売と中日が戦い、読売が勝った。
小屋でテレビだったかラジオだったかで結果を聞き、がっかりしたのを覚えている。
関西出身のせいなのか、読売を贔屓にしたことは一度もない。
関西の東京に対するコンプレックスもあったのかもしれないが、
子供ながらに嫌らしい空気を嗅ぎ取ってた・・・ってことはないか。
会長が、今季の補強は失敗だった。10人は要らねえ奴がいた。
なんてのたまう球団ですぜ、菅野くん。


富士山4_convert_20111110225713

これもずいぶん前の写真である。
手前は精進湖ではないかと、かすかな記憶が主張している。
確か9月だった。冠雪もないし。

豚部No.002

よく見かけるソフビ(?)のぶたくん。
下段の体長約6cm、中段約3.8cm、上段4.5cm。
まあ、よくいつやつである。なので数もいるわけだ。


豚部003_convert_20111109232037

ちょっとデカいのもいる。体長約13cm。
こいつもソフビっぽいが、貯金箱でもある。


豚部002-前_convert_20111109232146



腕時計

最近はほとんど腕時計をしていなかった。
私はどうも腕時計とはあまり良縁に恵まれないようなのである。
時計を集める趣味も愛でる趣味もないので、きっちり動いてくれればいい。
デザインはシンプルなのがいい。
ごつくないのがいい。
というのが腕時計に対して要求したいことである。
結構気に入っていたヤツがあって、そのころはずっと腕につけていたのだけれど、

あるとき、文字盤上のプレート? が取れてしまった。
数字でなく、5分ごとに細長いプレートがついているタイプだった。
家電量販店で買ったので、修理に持っていってつけてもらった。
ところがもう一度とれてしまったのである。
「2回目なんですけど」というと、他のもチェックしときますと言われ、修理を頼んだ。
ところがところが、また取れたのである。

こういうのは量販店ではなくて、町の時計屋さんの方が丁寧なんだよな。
と思って、近所の時計屋さんに持っていった。
ところがところがところが、また取れたのである。
説明が足りなかったかと思い、もう何回か取れてるんですけどーと説明すると、
全部つけ直しておきますと言ってくれた。さすが町の時計屋さん。
ところがところがところがところが、また取れた。
さすがに私も諦め、気に入ったデザインのものができたら買おう(高くない奴)、
と、腕時計なし生活に突入した。
もっとも前の時計時代も、修理に出している期間などを考えると
腕時計なし生活もそれなりに長かったのだが。

腕時計なし生活でも、ほとんど困ることはない。
東京ならそこらへんに時計がある。それに携帯もある。
ところが私は携帯依存度15%くらいなので、平気で家に忘れていく。
こっちも大して困らないのだが、そういうときに時間が知りたくなる。
ということで、おそらく出現率3%くらいと思われる「時間が知りたい、知らねばならぬ」事態に備えるべく、
消極的に腕時計探しを始めた。

ひとつなかなかのものを見つけた。
ただしちょっと高い。
もちろん私基準で高いのであって、世間的にはリーズナボーなのかもしれない。

tres2_35_w_st-1.jpg
46000円、どうだろう。

いつか結局買うような気もするが、ちと高いな感はぬぐえていない。
ところが、躊躇している間にこれでもいいかというドラフト会議のはずれ1位的な
(TiC TACさん、すみません。でも1位は1位です)
奴が現れ、電撃購入に至ったのである。

腕時計_convert_20111105195911

黄緑の秒針がいかすでないの。
緑と青鉄道としては、秒針が電撃のポイントなのであった。

反町監督退任

反町監督の今季限りでの退任が発表された。
このところずっと編成においてはチームの方向性が見えにくかった。
この3年は反町監督でカバーしてきた感が強い。
体力的に見ても、現状ではトップを目指すというのは現実的ではない。
ならば、どういうチームを作るべきなのか、フロントにはしっかり考えていただきたい。
金持ちクラブになるまでは、
監督が変わっても、ぶれないチーム作りをお願いしたい。
で、誰がやるの?


001

須田帆布

最近、平塚競技場<スカッシュ なのだけれど、
それは、スカッシュがなかなか上達しないからなんである。
今までいろんなスポーツをちょろちょろかじってきたけれど、いちばん遅い。
ただ、始めて2年もたつと(月3日くらい、1時間だけど)
ときどき、頭の中でビビッとくるものがある。こうすればいいんじゃないの?
などと思うのだけれど、まあ頭の中の世界。思った通りにできるわけではない。
何となくあともう一息感があるので、
今はちょっと打ちたい気分が、平塚行きにブレーキをかけるんである。

練習に行くときは、シューズ(フットサルのシューズだけど)は預けてあるので、
ラケットと着替えを持っていく。着替えもほぼフットサル系である。
フットサル系はそれなりにあるのでね。
たまに緑と青のTシャツで練習するときもあるのだけれど、
こころなしかうまくいかないようなんである。
ということで、Tシャツ、パンツ、スパッツ、タオルくらいを持っていく。
それくらいを入れるのにちょうど良いのがこれ。


トートバッグ_convert_20111105195829

須田帆布のデイリー・トート。
帆布の質感がとてもよい。

ギザ

先日知ったこと。
現在発行されている硬貨のうち、50円、100円、500円の周囲には
ギザギザがある(ギザというらしい)。
その中でも500円硬貨のギザは斜めに切ってある。
なかなかに大変な技術だとか。


500円ギザ_convert_20111104211216

緑と青のチームは京都に連敗。
かすかに膨らんだかに見えた希望がしぼんでしまった。
世間は暖かいのに、完全に秋風びゅーびゅーである。
今季はあと1試合くらい行けるかどうかなのだけれど、
日曜はスカッシュの練習が入ったりする。
正直今の状態だとスカッシュの方が・・・
でも、こういうときに行かねばいかんのだと思ってはいる。

ちなみに、来季の新しいお友達は福岡。レベスタは行ってみたいスタジアムである。
その他山形も有力。あと甲府か。今日逆転負け食らったのは痛かった。
どちらかというと、勘違い気味の赤いチームが落ちる方が面白そうではある。
同じ強奪系の青いチームが上位で安定しているのに対し、赤いチームは何が違うんだろう。
まあ、別世界の話なんだけど。

来季はさらにお友達が増えるかもしれない。
昇格の可能性があるのは、JFLの町田と松本か。讃岐はちょっと厳しそう。
松本も問題は成績で、4位を確保できるかどうかは残りの相手を考えると微妙か。
でも、アルウィンには行きたいので頑張っていただきたい。

その下のカテゴリーになるけれど、密かに応援しているのが奈良クラブ。
全国地域リーグ決勝大会の1次ラウンドで相模原と一緒の組になったのはついてない。
福島も強いしなあ。
この決勝大会で1,2位になると晴れてJFL昇格である。
鹿のエンブレムと蔦蔓文様のユニフォームが見たい!


コスモス_convert_20111103173129
時間
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR