FC2ブログ

4年振りの2月29日は雪だった。
旭川に3日いたけれど、全く雪が降らなかったのに。
私は仕事絡みになると特に雨男率が上がるのだけれど、
雪男ではないようである。


2029雪_convert_20120229224509
スポンサーサイト



冬の旭山動物園といえば

旭山動物園にも半分仕事で行ってみた。
冬の旭山動物園といえば、ペンギンの行進。
オウサマペンギンが園内のコースを約40分をかけて行進する。
コースの両側は人垣である。


キングペンギン行進2_convert_20120228230119

キングペンギン行進_convert_20120228230041

キングペンギン行進3_convert_20120228230151

ときどき立ち止まり、ゆっくりと歩いていく。
人の固まりも引き連れて。



旭川

先週の木曜から土曜まで旭川に出張。
寒かった。
土曜の朝、ホテルで朝食をとった後、散歩に出かけた。
8時過ぎである。
歩道は融雪装置があるのか、雪のないところが多いが、
車道は10cmほどの氷の層があるところが多い。これがまた滑る。
気を抜けない街である。


旭川1_convert_20120227221440

この日の最低気温は−17℃。8時ごろの街頭の温度計は−14℃だった。
歩いていると露出部分が痛いのだけれど、地元の方々(多分)は結構薄着なんである。
ダウンジャケット率は東京より低い気がする。
この日東京に帰ったのだが、東京の気温が6℃。寒く感じなかったのは氷点下の街から帰ったからか。
とすると、タクシーの運ちゃんが「今日は暖かい」と言ってたように、
旭川は寒さのピークが過ぎ、すでに寒く感じず、薄着になってきたのか?
3日の旭川滞在で耐寒性がアップしたような気がしたのだが、
翌日はふつうに寒かった。残念。


旭川3_convert_20120227221546

旭川2_convert_20120227221517

今年は北国では雪が多いらしいが、旭川も例年よりかなり多いとのこと。
歩道の街路樹も、中央分離帯もこんな感じ。

しばらく旭川ネタ続く。



豚部019

豚部019
多分紙製、体長約5cm。出自不明。
またまたいつどこから来ていただいたのか不明。すみません。
しかも、紙製のせいかかなり汚れてきてしまった。
紙製だと洗えないし、なかなかいい表情をしているだけに残念。
この方、しっぽの脇に小さな磁石が付いている。
冷蔵庫にも、ホワイトボードにもいける方なのである。

さて、明日から土曜日まで出張。
家を出るのは何と午前5時前である(泣)


豚部019_convert_20120222231715

梅_convert_20120221215405

今年は梅が遅いらしい。
寒いからね。
これは2年前の池上梅園の梅。
ちょっと仕事が忙しくなってきて、
梅の写真を撮りにいこうという話もあったのだけれど、厳しいか。
羽根木公園の梅園もよいらしい。
世田谷線とともに行ってみたいのだけれど。

梅の頃になるとやってくるのがスギ花粉。
私が花粉症になったのはおそらく20歳の頃。
かれこれン十余年、お付き合いしている。
学生のころも酷かったが、就職して最初の職場が平塚。
丹沢が近い!! 
非常に苦しみつながらも、薬屋の鼻炎薬を一通り制覇する快挙を達成。
しかし好ましい成果は得られなかった。
あるとき別件で近所の病院に行くと、花粉症のポスターが貼ってあった。
それで相談してみると、検査してもらうことに。
この結果、スギとヒノキにアレルギーがあることが確定し、薬を処方してもらった。
これが効いたのだった。
最近はこの薬さえ飲んでいれば大丈夫なのだけれど、
毎年聞かされるのは、強い薬だから飲み過ぎないようにね。
今年も症状出てるの?
毎年花粉が飛び始める少し前から飲んでるので、
薬が効いてるのか、症状が治まってきてるのかはわからないんである。
今年も聞かれたので、薬を飲むのを送らせてみた。
おかげさまでずびずび(振りがなげーよ)

SNOWMAN

そういえば、ダイヤモンド富士は見られたんだろうか。
私は千葉にいたので、確認できなかった。
日曜は保田駅で夕陽が見られたから、このあたりでも見られたのかも。
ダイヤモンド富士の花壇があった公園だけれど、
最近は snowman が出現した。




横からの写真になっているのは、
正面からだと背に太陽があって、影がどーんとできてしまうからである。
さて、次は何が出現するのだろう。

コロヨシ‼

コロヨシ!!_convert_20120219184615

スポーツ小説はよく読む。
ただ、あまり見ないスポーツを題材にしたものには、なかなか手が伸びない。
例えば、最近フィギュアスケートものがいくつが出た。
どちらも買ってない。フィギュアスケート、どうも好きになれないんである。
元々採点競技は好きではない上に、その採点基準がオリンピックでも
おかしいんではないの? などといわれる競技って。
そこに、掃除の登場である。
ちょっと距離を置かせていただいていたのだが、読む本が見つからず、
この際ちょっと近づかさせていただいた。で、購入に至ったわけである。
主人公は想像に難くない高校生なのだが、異世界である。
馴染むのに時間がかかった。しかし、気づいたらその世界に引きずりこまれていた。
先が読みたい! と思わせてくれる本だった。
そして今日は続刊「決起!」(!が一つ取れた)を買っていたのである。
しかし、私、まだ「掃除」がうまく想像できないはどうしたものだろうか。

多摩モノレール

本日はフットサルの練習。
多摩モノレールが見える。
確か、多摩センターと聖蹟桜ヶ丘間だけ乗ったような気がする。
こりゃ、もう1回乗らないといけませんな。
モノレールといえば、湘南モノレールが面白いらしい。
っていうか、怖いらしい。
設備、車両の老朽化度からすると、信じ難いスピードらしい。
懸垂式で下が道路というのも恐怖感を煽るらしい。
らしいらしいいってても仕方がないので、
kimidori15氏は近々乗りにいくらしい(本当か?)


多摩都市モノレール_convert_20120218214836

ぶ体操部

ネタはなくともブタはある。

ブタワー
ぶ体操部_convert_20120217224004

ブタミッド
ぶ体操部2_convert_20120217224057

トーキョーX

ぶ体操部4_convert_20120217224204



豚部018

豚部018
陶製。体長約9cm。出身:スペイン。
これは友人のN氏のスペイン土産である。
どうやらスペインは豚型貯金箱の本場であるらしい。
さらにこれは中にコインが入ったラッキーな豚さんらしい。


豚部018a_convert_20120216224106

豚部018b_convert_20120216224141

Suica ペンギン

suicaペンギン_convert_20120215213719

Suica のペンギン。
VIEW カードのポイントでもらった貯金箱である。
JR東日本から緑と青鉄道に来ていただいた。

このペンギンのデザイナーは、坂崎千春さん。
ダイハツのカクカクシカジカさんとか、
メタボ? のチーバくんをつくった方である。

チーバくんといえば、北京五輪の年の春、
習志野のグラウンドまでソフトボールの日本リーグを観に行ったときにもいたなあ。
あのときは上野を観に行ったんだった。
関係者以外はあまり客もいなかったが、その後北京五輪で金メダルを取ると、
今のなでしこには及ばないけれど、ちょっとしたブームになった。

あれからもう4年か。
ロンドンでは誰が輝くんだろう。
ちょっとマイナー系競技の選考会でも観に行けたらいいなあ。


ユニフォーム

先日、今季のユニフォームが発表になった。
Penaltyである。
昨年よりはずっといい。
しかし胸は空いたまま。第一三共さんとか、富士フィルムさんとか、駄目?




背中には産能様が継続。ありがとうございます。

12authentic_uniform_021.jpg

去年よりいいなとは思うものの、あまり買いたい意欲が出ないんだよなあ。
私にはどうも、曲線と斜めの線が今ひとつのようだ。
去年はもろ斜めだったし、今年は細いとはいえ斜めで微妙にカーブしているストライプ。
やっぱり縦か横の直線がいい。
ということで、白は持ってないことだし、
今年はアウェイ用を買おうかな。


12authentic_uniform_04.jpg


スカッシュキャンプ

週末スカッシュキャンプに参加してきた。
千葉県のサンセットブリーズである。
2日間でコート付近にいた時間は11時間以上。
学生のころ、陸上部の合宿でも練習は6時間くらいだから、本当に学生並み。
久しぶりに体育会っぽい環境で楽しかったものの、
もうちょっと自分の腕があったら、尚よかったというところ。
体力的にメーターが振り切れていたという情けなさもあるし。
こうなったら意地でももう一歩進みたくなってきた(笑)


サンセットブリーズ2_convert_20120213215000

こんなコートが3面ある。

サンセットブリーズ3_convert_20120213215034

サンセットブリーズというからには夕陽。
土曜は残念ながら雲が多くて富士山がどこだかわからず。


保田朝_convert_20120213215504

翌朝、体育会並みに散歩。ジョギングした方も。
昔は当然のように走ったけれど(苦笑)。
ただ、晴天で富士山も見え、月も残り、そう寒くもなく、
身体はがたがた、ぎしぎしだったのえお差し引いても、とても気持ちのよい朝だった。


サンセットブリーズ1_convert_20120213214911

フットサルコートも併設。
海と富士山の見えるコート! 




時計大臣

テレビ父さんと兄弟キャラ(?)
同じデザイナーさんが手がけた、お馴染み札幌時計台のキャラクター。
札幌遠征のとき、セットになってたのを買ってきた。父さん小の方である。
なかなかゆる具合がよろしい。
2人とも晴れて(?)緑と青鉄道の市民として認定。
右はレールバスである。
後ろでは、テレビ父さんが線路をまたいでおります。


時計大臣_convert_20120210215935

新・3大「近鉄の哀しい試合」

最近気になる番組は『怒り新党』(笑)
昨日の新3大○○は、「近鉄の哀しい試合」だった。
言われなくても知ってるぜというような試合が3試合はある。
果たしてその通りであった。
そのなかでも10.19がいちばん印象深いか。
私は当時大阪にいたのだが、第1試合からずーっと中継していた。
会社からかえってずーっと見てた。
まあ、そういうチームなんであるが、ド派手なゲームをやるチームでもある。
新・3大「近鉄が爆発した試合」はどれだろう。
私にとっての3試合は、古い順からいくと、
1975年の後期優勝を決めた試合か。前後期制の半分とはいえ、初優勝だった。
ずいぶん前なので記憶があやふやになっているが、
必死にラジオを聴いていたのは覚えている。ガキの頃だけど。
確か相手は南海だった。最後はぎりぎり引き分けに持ち込んでの後期優勝だった気がする。
村田が投げてた?
次は10.19の翌年の西武戦。ブライアント3連発か。前年の悔しさを晴らした試合だった。
でもそのあと、その失言で悪夢の3連勝4連敗。相手が読売だけに堪えた。
ラストは2001年の優勝決定試合。
北川の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で優勝決定したのだった。
休日出勤していて、パソコンの速報を見ていて、
ここでホームラン打ったら凄いなどと友人と話していたらドッカーン!

豪快なチームだった。


テレビ父さん

2010年はJ1だったが、赤字だった。
その時点で既に数億の累積赤字があったはず。
去年、胸スポンサーがつかなかった。
赤字は増えるはずである。
債務超過も予想できたことではある。
しかしあの報道で「あかん」という思いが少々先行してしまい、シーチケ購入。
今年はサポートコーポレーションにしようかと思っていたのだけれど、つい。
フロントさん、お願いします。


テレビ父さん_convert_20120208213149

テレビ父さん。
札幌テレビ塔のキャラクターである。昨年の札幌遠征で買ってきた。
左が大で右が小(見たらわかる)。
大の頭から伸びているひもをひくと、
「びよよよ〜ん」と効果音が鳴る。
この足の下、ぎりぎり列車が通過できる。そのうち足の下を通る列車の写真をアップしよう。

存続危機

スポニチで債務超過1億超との記事が出た。
スポンサーがつかなければ解散の可能性もと。
まだ袖しか決まっていないからなあ。
産能様も今年は見送りなのか。
こういう状況だと、シーチケ買わないといけないなあ。塵積も。


 恐竜

キムワイプ

昨日、ついに緑と青鉄道の試運転をした。
パワーパックを接続し
(このパワーパックが軽い! 昔のは箱が鉄だったせいかずっしり重かったように思う。)
レールバスを乗せ、バリコンを回す。
動かない。
バリコンをマックスまで回しても動かない。
昔の道床のないレールは、ジョイント回りでよく止まったものだが、
今のレールだとそれはなさそうだと思っていたのに。
(gonbeさん、頑張って検索してください 笑)
試しに線路に押し付けてみると、モーターがうなった。
ということは、レールとモーターの接触不良ということである。
完成品で車重が足りないということはなさそうなので、レールを掃除するしかない。
ということで、消毒用アルコールで拭いてみることにした。
ふつうのティッシュで拭くと、かえって紙の粉というか埃が尽きそうである。
こういうときに、キムワイプ。
拭き取り能力が高く、紙粉がつきにくい紙である。


キムワイプ_convert_20120206215642

学生時代はよく使っていた。前の会社でもか。
実験系の学生さんはたいてい馴染みのはずである。実験室にキムワイプ。
研究室では箱買いしていたので、いつでもあった。ないと不便なんである。
技術者をやめて久しいので、先日アマゾンでキムワイプを見つけたとき、
懐かしさのあまりついポチッてしまった。とりあえず2箱。
ところが、昨日まで使う当てもなく、蓋もあけずに、放置されていたのだが、
ついに出番がきたのだった。
形がティッシュに似ているからといって、非常時以外花粉症の友にしてはいけないキムワイプ。
鼻にはやさしくありません。

アルコールを浸したキムワイプでレールをふくと、レールバスは走り出した。
やはり、埃は大敵のようである。
ということは、常設型のレイアウトの場合、定期的にレールの掃除をしなくてはいけないのか。
当然それ用のクリーナーもあるのだろうから、今度探してみよう。

しあわせのパン

最近読む本が素直に見つからない。
これといって選び方に根拠がある訳ではないのだが、
何となく惹かれる本がうまく見つからないんである。
昨日も本屋に行ったのだけど、なかなか選べず、
今まで保留にしていた本を買うことにした。

「しあわせのパン」
ちょっといい話しすぎるかと思って保留にしていたのである。
帰りに行きつけのコーヒ豆屋さんに行って、待っている間に読み始めた。
いつもそこで生豆を買って、ロースト後挽いてもらっているのだが、
待っている間にコーヒーを一杯出してくれるんである。
ちなみに今週の豆はケニアにした。
違いがわかるおっさんではないんだけど。

さて、「しあわせのパン」、ファンタジー系のいい話なのだけれど、面白かった。
コーヒーを飲みながらこういう話を読むのは、とても心地よいものである。
先日のアメトーークで光浦氏が言っていたけど、「売れてる本は面白い」。確かに。
この話は映像が先行している(著者はこの映画の監督である)ので、
約2時間に収まるように作り込まれている気がしないではないけれど、
映画も観てみたいと思ってしまった。知世ちゃんだしなあ(世代である)。
時かけは高校生のころだった・・・

映画といえば、去年は2本しか観ておらず、しかも2本とも単館系のドキュメンタリー。
(「クラシコ」と「僕たちのバイシクル・ロード」)
そろそろふつうの映画を観てもよい頃だ。
もうひとつ気になっている映画もあって、それは「僕達急行 A列車で行こう」。
鉄分補給(笑)。
家族ゲームは衝撃的だったしなあ。
森田監督も鉄系だったらしい。

また脱線した。
「しあわせのパン」の舞台は北海道の月浦となっている。
名前からして架空の土地だと思っていたら、洞爺湖のほとりに実在する町だった。
まだ映画も観ていないけれど、行ってみたいところになった。


雪の台場_convert_20120205153614

先日の写真ではなく、5,6年前の台場。

5本指

5本指のスポーツソックスを買ってみた。
スカッシュ用にである。足裏にはゴムの滑り止めもついている。
5本指のソックスは昔からあることにはあった。軍足とかね。
最近は五本指シューズが出てきたりして、ソックスもいろいろなタイプが出てきたようだ。
いうことで、今日履いてみた。
まあ、そう劇的に変わるものでもあるまいが、特に違いはわかりませんなあ。
蒸れは減ったろうから、臭いセンサーではかったら数値は下がったかもしれないけど。
心持ち、足裏の疲れは早かった気がする。
これは、足の裏の筋肉をよく使ったせいなのか、運動不足のせいなのか、
扁平足のせいなのかは不明である。

そう、ちょっと扁平足気味なんである。
でも、末續慎吾はすごい扁平足である。スプリンターは扁平足なのだ?
彼の場合は、筋肉が盛り上がっているのだが、
私も高校時代とかはカーフレイズはよくやってたし、
子供のころを思い出し、巨人の星のマネをして通学したりしていた。
だから、筋肉もそれなりにはあるということにしておく。

話がそれた。
といってもソックスの話はそんなもんか。
買うにあたっては、ちょっと派手目なものを選んだ。
私は、ふだんはいたって地味なおっさんであるが、グラウンドなどでは結構派手なものも着る。
まだ、陸上競技も手動計時の頃、僅差のときは目立つユニフォームの方が有利だ!
というような、そんなことはないであろう都市伝説のような話が頭をよぎっていたのかもしれない。
高校のときは上下紺だったのだが、大学は水色と紺だった。
強豪校にはほど遠かったので、規則がある訳でもなく、
水色のランシャツは着るとして、紺のランパンはいろいろ換えていた。
あるとき原宿のNISHI(昔は店舗が原宿にあったのだ)にランパンを買いにいったとき、
迷っていると店のおばちゃんに
「これなんかいいんじゃない?」とオレンジのパンツを勧められたのだが、
「うーん」と迷った挙げ句、選んだのはピンクだったりした。
全国青年大会に茨城代表で出場したときは、最年長だったので、キャプテンをやらされた。
なぜかキャプテンだといろいろと雑用があったりする。だから居所は明らかにしておかねばいけない。
私がアップしているときなど
(どんな格好だった書くのは差し控えさせていただく。どうも目にしみたようではある)、
競技場のどこにいるかすぐわかるからいい、と好評だったものである。

さすがに年食ってくると、競技場では見る側に回ることが多くなり、
フットサルやスカッシュの練習でも、まあふつう(のつもり)である。
黄緑のシャツは湘南のユニフォームだから着ているのであって、
派手だからきているのではない(笑)
ソックスもこのくらいなら苦情も出まい。


五本指_convert_20120204204824

バックは都市伝説の名板。
そういえば、浦和も駒場の名板を売りに出すらしい。平塚の半分以下の値段!
争奪戦だね。
私は4枚程希望を出したら、2枚当たってしまったけど。
松尾選手は、J1の札幌に移籍が決まったのだが、
(緑と青を出たのは、給料が高いからのようである。ケガは多かったけど)
1ヶ月も立たないうちに退団してしまった。
まだプレイできるのであれば、ピッチで元気な姿を見せていただきたいものである。



さぶっ

今朝は全国的に冷え込んだ。
何と47県庁所在地のうち、最低気温が氷点下にならなかったのは那覇だけ。
東京も-1.0℃。これは那覇を除くと和歌山市の-0.6℃に次ぐ気温だった。
一番寒かったのは、意外? にも長野市で、-10.4℃。


海_convert_20120203220707

さぶいぼ

さぶい。
スカッシュの練習を終えて帰ってくると10時前くらいになる。
バスを降りて歩いていると、耳が凍えてくる。今年の冬は寒い。
といいつつ、着るものがあったかくなったせいなのか、あまりさぶいぼが出ない。
年のせいなのか?
スカッシュのラケットのグリップを張り替えた。
しっとりタイプのはずなのにつるつるである。
使っているうちにしっとりしてくるのかと思うようにしていたが、
ちょろっと一度剥がしてよーく見ると、カバーのフィルムが貼ってあることが判明。
フィルムを剥がし巻き直した。次はひょっとしてもうちょっとうまく打てるか!?


豚部016

豚部016
陶製、体長約16cm。出身は中国? 
多分もらいものなのに、いただいた方、すみません。
続いて017


豚部017

陶製、体長約10cm、出身不明。
これは何となくアフリカの民芸品を売る店(もちろん日本)で買ったような、
かすかな記憶があるようなないような。いけませんな。

日程発表

1月中に緑と青鉄道も試運転をしたいと思っていたのに、
あっという間に過ぎてしまった。
線路にかぶっているほこりを払えば、試運転できる状況ではあるのだけれど。
今月は何とか。

Jリーグの今季の日程が発表された。
それが、今イチなんである。私の思惑に対してはであるけれど。
日程くん、去年も厳しかったよね。私には(泣)
というのは、狙っていたアウェイの日程。
福岡と松本に行きたいと思っていたのだけれど、
福岡は8月12日。お盆ではないか。チケット高そうだし取りにくい。
松本は5月6日。GWの最終日ではないか。帰りが混みそう。
これで今年の福岡は回避になりそうだけれど、松本には何とか行きたいものである。


サーファー

日程も発表され、キャンプも終え、開幕まで1ヶ月あまり。
一歩ずつで構わないので、確実に階段を上っていただきたい。
あわよくば、うまく波に乗ってもらいたい。

時間
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
日誌 (662)
鉄道局 (146)
鉄道部 (48)
建設部 (6)
車両部 (17)
豚部 (54)
市民部 (18)
運動局 (240)
陸上競技部 (31)
蹴球部 (178)
自転車部 (9)
運動部 (21)
文化局 (84)
緑と青部 (12)
文学部 (12)
写真部 (6)
生物部 (54)
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR