FC2ブログ

黄緑の季節は・・・

黄緑から緑へ?_convert_20120430210949

ちょっと更新しなかった間に連敗。
かろうじて首位にはとどまっているものの、勢いはそがれた感じ。
苦手な四国九州遠征は今年も鬼門か?
緑と青チームの選手たち、気持ちよく走っているか!
気持ちよく蹴っているか! 気持ちよくサッカーしているか!
おじさんはどうもそういう姿が見ていたいようである。

黄緑だった葉がだんだん緑になってきた。
そのせいなのか、山雅は今日も強敵京都と0-0。勝ち点1をもぎとった。
6日にはアルウィンで山雅との対戦を控えている緑と青としては、
なかなか厳しくなってきたと思わざるを得ない。
去年の4連敗が頭をよぎるが、「湘南は楽しい」で乗り切って欲しい。

先日ハナミズキの若芽を載せたので、今度は花。
といっても裏からで、しかもこの白い部分は花ではないのだけど。
総苞でよいのか?

ハナミズキ2_convert_20120430210902

昨日まで織田記念。
100mと槍投げで好記録が出た。
山縣が10"08! このレベルを出したいときに出せるようになれば本物。
ベテランたちが調子を上げられると、リレーは楽しみである。
そんな中、末續がアメリカで10”92(+2.8)。
日本選手権の参加標準記録は10”45である。
東日本実業団にもエントリーしているとのこと。

プロ野球でも山本昌が212勝目。7回2安打無失点である。
防御率は驚異の0.55。12球団トップという信じ難い46歳。



スポンサーサイト



ハナミズキ

先月でっかい魚を逃がしてしまったことを書いた。
その魚が現れるまでは、ベル3号候補は決まっていた。
在庫がある店も確認していたが、家からちょっと離れていて(10kmくらい?)、
仕事が忙しく休みがなかなかとれなかったので、買いに行けなかった。
ようやく、行けそうになってきたので店に電話してみると、
在庫がなくなっていた。しかもメーカも生産終了。
もう1匹逃がしてしまった。
こうなったら、第3の候補を探すのは止めて、来年まで待つかと思い始めたところである。
ベル1号を改造するかなどと思案中。
ちなみに同じ事情でようやく買い替えようとしていた通勤鞄。これもメーカー在庫なし。
チャンスを逸してしまうとこうなるのか。


ハナミズキ_convert_20120425222538

ハナミズキの花が咲き出した。
まだまだ葉が出てきたところの木もあるのだが、
この時期の葉はみんな上を向いている。
いいなあ、上向きの黄緑の季節。

名探偵

古今東西名探偵はたくさんいるのだが、気になる探偵も何人かいた。
名前が覚えにくいというだけであまり洋モノは読まないので、日本人が多いのだが。
外国人では、探偵ではないけれど、フロスト警部か。
日本人でまず浮かんでくるのは円紫師匠。もう書いてくれないのだろうか、北村薫。
東野圭吾もデビュー時から読んでいるけれど、ガリレオよりは加賀刑事が好きだ。
しのぶセンセもいいか。
法月倫太郎もまあ、読んだ。沢崎も好きだ。匠千暁も。重いけど。
波川まつ尾さんもいたなあ。
しかし、何で名探偵なのかというと、
ちょっと前に柚木草平モノを読んだからで、
そういえば、柚木草平が遭遇する女性って、
何だかいいよなあなんて思っていたからであった。
小高直美とか。
まあ、ネタがないのである。


イチョウ若葉_convert_20120424222419

イチョウも若葉が出てきた。
黄緑の季節。

奈良クラブ

今年のユニフォームが話題(地域限定?)の奈良クラブ。
スタートダッシュには失敗した。
有力チームが2勝しているところ、2分け。選手も監督も変わった。
チームのスタイルが固まるにはまだ時間が必要か。

今年のソシオのおまけは、吉野杉の間伐材で作ったお箸である。
使ったらエンブレムがすぐ取れそうなので、これは使いたくないなあ。
もったいない。
今度吉野方面に行ったら、間伐材の箸を買うということでとっておくことにしよう。


奈良クラブソシオ箸_convert_20120422170015

緑と青チームの首位快走は春の珍事と言われているが、
上の方でも鳥栖が大健闘。
ベアスタの湘南戦は何かが起こる。
雷が落ちたり、ペットボトルが降ってきたり(苦笑)。
それでも、ベアスタはいいスタジアムらしい。
駅から近いし、ピッチも近い。
今年行こうと思っていたら、上の世界に行ってしまった。
来年行こうと思ったら、上がらなくてはいけなさそうである。

4連勝

昨日はBSでJ1の2試合を観戦。
仙台は去年の4位は本物だったのか。強い。
で、夜というか、明け方にクラシコ。
昔はテレビを観るために27時まで待つというのは、なかなかしんどかったのだけど、
年のせいか、起きていようと思っていたら、何もしなくても起きていられるようになってきた。
さすがにそのあとはきついけど。
というわけで、5時までWOWOW。
誰が出場停止なのかも知らないけれど、ひょっとしてバルセロナはCL狙い?
セスク、アレクシス・サンチェス、ピケがベンチスタートである。
しかし、C.ロナウドってCR7だったのか。

さて、今日はヴェルディ戦。
駒沢ということもあって、是非行きたかったのだけれど天気予報が午後から雨。
駒沢は屋根がほとんどないし、駅から結構遠いので、断念。
(クラシコのせいで眠いのがいちばん?)
ネットの速報で追うことにした。

先発メンバを見てびっくり。
高山、古林の両輪がベンチ入りすらしていない。
ハン・グギョンもベンチ。よいのか、これで。
ケガでなければよいのだが、GWの過密スケジュールを考慮して、
運動量の多い彼らを休ませたのだとしたら、これはまた凄い采配。
それができるだけの見通しがあるということなら、
ますます期待が高まるってもんである。
しかし相手がヴェルディということを考えると、
猪狩がどれくらいいけるか見られるのはよいけれど、
勝負的にはかなり厳しい。と思っていたら、勝ってしまった。
2-1。
また終盤失点したけれど、複数ゴールは続いている。
金曜からの連戦に向け、いい形で臨めそうである。


KC3Z00500001.jpg

初の投稿写真は山雅のグリーンビール。
今日の山雅は千葉に1-0で勝利した。
連勝で、どうも調子が上がってきているようである。
GW連戦の締めが山雅なので、そこそこにしていただければ助かります(笑)




アジリティ競技

今年の初モノ競技の観戦は、アジリティ競技だった。
聞き慣れない競技名だが、それもそのはず、イヌの競技会なのである。
アジリティという名の通り、ポールの間をすり抜けたり、
ジャンプしたり、トンネルをくぐったり、障害物競走である。
競技はタイムレースで、指定された順番通りクリアしていかなければいけない。
ハードルのようなものを落とすと減点されるのだろうし、
順番を間違えると即失格のようだった。
飼い主も大変である。
いっしょに走って、指示を出さねばいけない。
飼い主の競技でもあるようだった。

イヌは、飼い主の希望で出さされている感じはなく、
むしろ走りたくてたまらない感がいっぱいだった。
だから、順番が違うけどつい目の前の障害物を飛んでしまって失格、
という場面が多かった。
やっぱり、イヌは走りたいんである。
家の中で寝ているだけでは物足りないに違いない。


アジリティ5_convert_20120421184059

バーを飛び越える。

アジリティ1_convert_20120421183901

ポールの間をすり抜ける。

アジリティ6_convert_20120421184123

トンネルを走り抜ける。
中にはなかなか出てこないイヌもいたけれど(笑)

出場していたのは、シェパードみたいな、見るからに体育会系のイヌたちばかりではない。
プードルも飛ぶ!


アジリティ4_convert_20120421184032

小型犬だって飛ぶ!

アジリティ3_convert_20120421184007

アジリティ2_convert_20120421183934

楽しそうではないの!
これがあるべき姿のような気がする。
もっとも、元から愛玩犬という犬種もいるけれど、
プードルだって元は鳥猟犬。走りたいに違いない。
人間だって(笑)
1億3000万総アスリート化計画も進行しているのである。


ジャンプスタート_convert_20120421184155

競技は、飼い主の Go! で始まるのだが、
それまではじっと座ってなければならない。
これがイヌにはなかなかきついらしい。
目の前にコースがあると、走り出したくてたまらないらしく、
つい腰が浮き気味になるイヌも多かった(笑)。

さて、この競技会も初モノにカウントしてもよいものかは微妙な気もしたが、
イヌたちの姿を見ると、OK!











熱気球

熱気球_convert_20120420223049

熱気球は言うまでもなく、気球の中の空気を熱して浮き上がる。
パイロットができるのは、バーナーを焚くことと、
気球の最上部のリッピパネルを開閉すること。
つまり上下に動くことしかできない。
どっちに進むかは風まかせ。
だから行きたい方向に進むには、そっちに向かう風に乗らねばいけない。
風向きは高度によって結構違うらしいけど、大変である。
まあ、私は高いところに進んでいきたいとは思わないので、縁のない話ではある。

今月は本を読むペースが遅い。
昨日、池井戸潤「ルーズヴェルト・ゲーム」読了。
1Q84もそうだけど、これも今ひとつ。
読み進むにつれ、盛り上がることは盛り上がるのだけれど、設定が甘すぎ。
まあ、「下町ロケット」と似たような展開なのだけど。

黄緑の季節

032

数年前の春。明日香村の石舞台古墳である。

021

確かその前日くらいの東大寺法華堂。

黄緑の季節である。
今週末は古い方の濃い緑のチームとの対戦。
好調なチームなので、この勢いがホンモノなのか試される一戦かもしれない。
この、ちょっとずるい緑のチームは人気はないのに金はある。
開幕戦は1万以上入ったのだが、半分以上は山チームのサポーターだった。
まあ、ひがみにしか聞こえないので止めておこう(笑)


菜の花の季節

菜の花_convert_20120418230734

菜の花の季節でもある今日この頃。
緑と青チームが朝日新聞に2回程取り上げられた。
朝刊と夕刊に1回ずつ。
それによると、湘南ベルマーレは、若くて将来性があり、
とても楽しいチームだと。
その通りなんである。
第一三共さんをはじめとする湘南地域の企業の皆様、
スポンサーになっていただけませんか?
注目されてます、湘南。


養老鉄道

近江鉄道を乗り潰した日は実家に泊まり、翌日名古屋での打ち合わせに向かった。
打ち合わせは夕方だったので、ただ名古屋へ向かうのも芸がない。
ということで、ミッション2として養老鉄道を乗り潰すことにした。
養老鉄道は、桑名ー大垣ー揖斐を結ぶ鉄道で、元は近鉄養老線だった。
慢性的赤字路線であったので、近鉄が切り捨て、養老鉄道の誕生となったのである。
もっとも現在も筆頭株主(?)で、補助額は最も大きい。
実は、桑名ー大垣間は、近鉄時代に乗車済みである。
大垣から東京行きの夜行に乗ったのだが、時間がなくて揖斐までは行けなかった。
だから今回は大垣ー揖斐間に乗ればよいのだが、
折角だから桑名からまとめて全部乗ることにした。
これなら養老鉄道走破でもある。

桑名を出てしばらくすると左側の車窓には、山並みが近づいてくる。
多分鈴鹿山脈の東端くらいなんだろうなあ、
家に帰って確認するか、と思っても家に地図帳がない。
さらに大垣に近づくと、山の合間から雪をかぶった頂が見えてきた。
伊吹山かなあ、家に帰って確認するかと思っても、家に地図帳がない。
地図帳を買おう。
大垣で乗り換え。養老鉄道、直通電車は1本もない。


揖斐駅_convert_20120417222001

揖斐駅2_convert_20120417222041

かつて近鉄は大垣から岐阜方面への進出をもくろんでいたらしいが、
ここからの延伸はなかったようである。
左の奥に見える雪を冠した山は伊吹山だと思うが・・・止めとこう。
揖斐からはすぐ大垣へ引き返す。


大垣駅_convert_20120417221823

大垣駅は線路が多い。
名古屋で打ち合わせを終え、新幹線のホームに上がると、
なかなかのお月さんが迎えてくれた。


名古屋駅_convert_20120417221913







黄緑の季節

黄緑の季節1_convert_20120416215451

桜(ソメイヨシノ)の季節は終わったけれど、
今は黄緑の季節のまっただ中。若葉が美しい季節である。
これはプラタナスの仲間か?
今年は秋まで黄緑の季節が続くか!

クマ村から緑と青鉄道に新しい仲間がやってきた。
黄緑の服が映えてるクマさんである。


緑と青くま_convert_20120416215545

3連勝&ルフィ&チョッパー

今日は早朝に仕事を一つ終え、フットサルの試合に直行した。
2勝1分1敗の3位で終え、15時からお疲れさん会。
気になるのは、BMWスタジアムである。
実は試合の後、平塚に直行しようかとも思ったのだが、
埼玉→東京→神奈川の移動があまりにしんどいと思え、
東海道線に乗ると熱海辺りまで連れて行かれそうで、断念した。
ということで、携帯の速報で経過をチェック。
すると山チームは、緑と青チームが唯一引き分けた熊本に3-0で勝利していた。
これは幸先がいい。相手は確か昨シーズンの初黒星を喫した横浜FC。
何度かチェックを入れ、3-2での勝利を確認。ほっとした。
ところで、先日緑と青鉄道に新住民が加わった。
ルフィ&チョッパー。
実は私、1冊も読んでおらず、1話も観ていない希有な日本人なのだが、
黄緑のシャツを着てくれている以上、迎えないわけにはいかない。


ルフィー_convert_20120415195125

チョッパー_convert_20120415195045

チョッパー&ルフィー_convert_20120415200719

ボブルヘッドで、浦和やガンバ、札幌バージョンなどが既に発売されている。
次は何ですかね。






今日は朝から冷たい雨。
残っていた桜もおしまいだろうなあ。
結局今年もちゃんと桜を撮りには行けなかった。
通勤途中とか、ついでとかばかりである。

2012年の桜。


2012桜3_convert_20120414173759

2012桜4_convert_20120414173828

2012桜6_convert_20120414173928

目黒川桜2_convert_20120414174049

2012桜1_convert_20120414173633

2012桜2_convert_20120414173705

2012桜5_convert_20120414173857

目黒川桜1_convert_20120414174012





近江鉄道

五箇荘駅_convert_20120413221730

五個荘駅。さすがにつくしも終わりである。

さて、今回課せられたミッションのひとつが、近江鉄道走破である。
すでに本線の米原ー八日市間、八日市線(近江八幡ー八日市)、
多賀線(高宮ー多賀大社前)は乗車済みなので、残すは本線の八日市ー貴生川間を残すのみである。
(今日は鉄っぽいぞ)

五個荘で、近江牛味噌焼き定食(うどん)を賞味し、
小幡人形を購入してすでにミッション達成感いっぱいではあったが、八日市に向かうことにした。
そのまま近江鉄道に乗れば、貴生川まで直通で連れて行ってくれる。
しかし、ここは既に乗車済み。そこで、バスで八日市に向かうことにした。
そうすれば、必然的に八日市の駅は見られる。
1時間に2本のバスをつかまえ、しばし揺られると八日市に到着。
近代的な建物で、ちゃんときっぷの自販機も設置されていた。残念。
しかも次の電車まで40分近くある。
コーヒーでも飲むかと駅前で喫茶店を探すが見つからず、シィッピングセンターに入ってみた。
と、たこ焼き屋を発見。
これがまた、6個150円。大阪価格である。
まあ、メリケン粉と小粒のタコくらいしか入ってないのだけど、
揚げ物のような表面かりかりのたこ焼きよりずっといい。
私が豊中市民だった頃、そこら中にあったたこ焼き屋(屋台含む)も、こんなもんであった。
まさに粉モンである。
ただし、8〜10個で100円だった。
ふらふらと引きつけられるように150円をだし、ほふほふしながらあつあつのたこ焼きをほおばった。

駅にもどると、かわったラッピングをした車両が止まっていた。
実際に乗った車両もラッピング車で、コカ・コーラのもの。


近江鉄道コカコーラ_convert_20120413221646

一つ向こうの線路に止まっていたのは、パトカーのラッピング車両だった。
滋賀県警が春の交通安全運動の一環として近江鉄道に依頼したものらしい。


近江鉄道警察ラッピング1_convert_20120413221822

旭日章がまぶしい。
横から見ると、本当にパトカー。


近江鉄道警察ラッピング2_convert_20120413221847

側面の婦警さんは、滋賀県出身のAKBのメンバーとのこと。

コカ・コーラに乗って、貴生川へ。ここからJR草津線に乗り換え、柘植に向かう。
やってきたのは縁起のいい(?)黄緑の111系だった。
草津線は遥か昔に乗車済み。まだ非電化の頃だった。
柘植からは関西本線。本線と名はついているものの、
亀山ー加茂間は完全に取り残されたローカル線。当然のように非電化。
やってきたのはキハ120。
こんなピンぼけの写真を撮っていてはいけないのだが、
気動車好きの私ではあるが、こいつには萌えない。
というか、すでに鉄の道から半分リタイアしたためか、
自然とカメラを向けたくなる車両はあまりないのだけれど。


関西線キハ110_convert_20120413222005

終点の亀山で、紀勢本線に乗り換え。こちらもローカル本線である。
車両はキハ48。キハ120よりはマシというくらいのもんである。
夕刻、一身田着。
近江牛味噌焼き定食(うどん)を食らい、小幡人形を購入、近江鉄道を走破した。
小さなしあわせの1日だった。


紀勢線キハ48_convert_20120413222047
















小幡人形

東近江の五個荘に行ったのは、商人屋敷を見てみようの他に、
小幡人形を買いたいっていう理由もあった。
小幡人形は、300年程前から作られている土人形で、
中山道の街道土産として親しまれていたもの。
この小幡人形を知ったのは、BRUTUS「旅に出たくなる。」だった。
最後のページの「みやげもん」に載っていたのだった。
そこに載っていたのは「お城」というやつで、
これがまた、なかなかいかすデザインなのだった。
作っているのが五個荘ということで、これは行かねばなるまい。
商人屋敷をめぐっているとき、1件の屋敷に小幡人形がたくさん飾ってあった。
これがまたよいのである。
その屋敷の方に聞いてみると、今は一人の方だけが作っていて、店などはないという。
だから留守だったら買えないとのこと。
電話してみた。幸いおられたので行ってみると、本当にふつうの家なのである。
九代目当主の細居源悟さんが、ご自宅の一室で作られていて、その部屋に通された。
お一人で作られているので、とても商業ベースでは作れない。
それでどこにも卸していないのだとか。
どれにしようか本当に迷ったのだけれど、この2体に決めた。
すでに緑と青鉄道の住民である。


小幡人形うさぎ_convert_20120412222407

小幡人形虎姫_convert_20120412222443

これは、先代以前の当主の方が型を作られてものとのことだが、実に新鮮。
再訪してみたい。




近江商人屋敷

彦根で仕事を終えた翌日、五個荘に立ち寄った。
近江商人の屋敷を見学するためである。
折角だから、ちょっとぶらぶらと思っていたのだが、
彦根城も近江八幡も長浜もぶらぶらしたことがあるので、
五個荘に行くことにした。
ここには公開されている近江商人の屋敷が4軒ある。
みんなまわってみた。みんな豪邸である。
他にも周囲は豪邸がいっぱいであった。

近江商人の番頭さん?

近江商人_convert_20120411223056

蔵は必須。中にも入れる。
近江商人屋敷2_convert_20120411223158

庭もすごい。
近江商人屋敷1_convert_20120411223126

洋風の部屋も。
近江商人屋敷3_convert_20120411223243

昼は、この街並の中にある「めんめん田中」で頂いた。
めんめん田中1_convert_20120411222952

このブログでは、どこの店で食べた何が美味しかったというような記事は書かない。
下の写真は、定食に添えられたタンポポの写真である。
決して、近江牛味噌焼き丼定食(うどん)1500円おいしかったの写真ではないんである。

めんめん田中2_convert_20120411223022



完封! 連勝!

+かむろ坂桜_convert_20120409215350

緑と青チームは今季初の完封勝ち。
マセナも出てきた。祐也はまだか。
と、楽しみな要素はまだまだある。秋に熟成してくれれば面白いチームになりそうである。
昨日は行くつもりもあったのだけど、しんどくて中止。
ちょっと肌寒かったけど、気持ちよかったろうなあ。

というわけで、写真はちょっとおめでたい感じの桜にしてみた。
まあ、関東地方はどこでもだいたい桜が盛りではあるんだけれど。
平塚総合公園も満開だったんだろうなあ。

この写真は今朝の近所の桜。
先週仕事で行った彦根はまだほとんど咲いていなかった。
凄く寒かった。



トリミングされる犬。
気持ちよいからなのか、しつけが行き届いているせいなのか、
じっとしていて動かない。えらいもんである。


トリミング競技_convert_20120403215930

北海道犬。

北海道犬_convert_20120403220151

あのカイ君も北海道犬とのことだけれど、
本来の北海道犬は熊と相対していた。
この子は女の子だけれど、それでも知らない人間には吠える吠える。
男の子はもっと凄い。なでなでなんてとてもできない。
散歩に連れて行くのも大変だそうである。
他の犬ともあまり会わない時間帯に行っているらしい。
そのかわり飼い主さんのいうことは素直に聞く。
テレビで観るカイ君とはまあ、同じ北海道とはとても思えなかった。
(カイ君に会ったことはないから、わからないけどね)

明日から関西方面に出張。
そろそろ携帯から更新できるようにしないとなあ。



奈良クラブ その2

今日は凄い風と雨だったらしい。
らしい? というのも、今日は窓のない部屋でほぼ缶詰状態だったからである。
例によって神保町。
出勤時に傘は持って出たけれど、朝は晴れていた。
昼食は外に出た。不吉な感じの空の色だったが、雨は降っておらず、
風はちょっと出てきたかなという感じ。
仕事を終えたのは午後8時(早い!)。既に雨は止んでいた。
つまり、傘は1回も開かずじまい。雨を見ることもなかったのだった。

プロ野球も開幕していた。
日曜日、結果をネットでチェックしていたら、
名古屋のチームが凄いことになっていた。
先発メンバを見たら、山本昌、山崎、谷繁、和田。
ピッチャー、キャッチャーと4番、5番。
要のポジションがオーバー40。
脇を固めるアライバと森野。30代半ば。
いったい平均年齢はいくつなんだと気になって、計算してみた。
何とほぼ37歳である。
監督とHCはオーバー70。
凄すぎる。
これではドアラ君、バック転成功させないと。若いんだから(多分)

さて、奈良クラブ。
gonbeさんのリクエストが通じたか、HPにこんな写真が。
(それだけかよ)


奈良クラブユニ2

奈良クラブ

今年も奈良クラブのソシオは継続。
二マタ?
いえいえ、そんな。奈良クラブさんとはお会いしたこともないし。
地域リーグの奈良クラブとは、カテゴリが2つも違う。
社会人と高校生? という感じか。
援助交際? 滅相もない。
足長募金というのがぴったりくるかも。

その奈良クラブの今年のユニフォームがまたちょっと、
どう言ったらいいのか、水玉なんである。
今年は買ってもいいかなと思っていたのだけれど、個人的に水玉はあまり好きではない。
ツールのグランプール(山岳賞)ジャージも水玉だけれど、これもね。

サッカーでは私は見たことのないデザイン。
今年もお会いする予定は今のところないので、
緑と青チームのアウェイ用が販売されるのを待つとするか。


奈良クラブユニ

コロヨシ2 決起!

湘南2-1鳥取。5勝目。
2-0からロスタイムに1点返され、その後もクロスを叩いたシュートを浴びたとか。
それで追いつかれないというのが今年の勢いなのか、空気なのか。
なくさないようにしてね。
とはいうものの、今日で6戦目。順位表を見てみると
勝たせていただいたチームには、調子の悪いチームが多い。
つまり、今年のチームが強いんだかどうかはまだ何ともいえないということ。
ゲーム終盤での失点が多いということは、
チームのサッカーはまだ完成していないに他ならない。
これは楽しみでもある。もっとはまってきたらどんなサッカーを見せてくれるんだろう。
中盤から終盤にかけても楽しみなチームでいて欲しい。

3月の結果。
走行時間0分。
読了した本8冊。

走行時間は今月から、来週から(笑)本格的に反撃が始まるはず。
その前に意を決して体重計に乗るか。
本は☆☆☆☆が5冊。
そのなかで僅差の1番を選ぶとしたら、三崎亜記「コロヨシ! 決起」か。
どうしても、主人公が成長し、レベルが上がっていく。
世界も深く深くしていかねばいけない。
もともと別世界の話、ちょっと最初に風呂敷を広げすぎたか。
細部にこだわるとだんだんついていけないことになる。
まあ、そんなことは置いといて、空気を楽しめばよろしい。

その次が似鳥鶏「午後からはワニ日和」。これも主人公周りはおもしろい。
ところが、ストーリーの中心である事件周りが弱いような気がする。
事件の構造と犯人(動機)がね。
それがしっくりこなくていいのかという気がしないでもないが、
まあ、そんなことは置いといて、空気を楽しめばよろしい。

2冊とも、楽しめます。


コロヨシ2_convert_20120401212917
時間
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR