FC2ブログ

台風接近

台風17号が接近している模様。
そのため、今日の熊本戦は明日に延期。
せっかくくまもんが来てくれるというのに、残念である。
といって、見に行こうとしていたわけではない。無理。
明日も無理だけど。


ぐりーーーん1_convert_20120930104031

ぐりーーーん_convert_20120930104008
スポンサーサイト



日本端子様

日本端子様、ありがとうございます。
ご好意に背かぬよう昇格いたします。
来季もよろしくお願いいたします。

増資のお知らせも。
クラブライセンスは頂いたものの、だいぶ注意があったのだろう。
株主になりますか。
とりあえず、明日はゲームができるのなら、Get 3!
正念場である。

仕事もかなり混戦状態。
ということで。もうしばらく更新が滞る予定でございます。


0929_convert_20120929230154.jpg

ちなみにこの写真、
雲を撮ったのではなく、アンテナを撮った。
ほら、左下の方に・・・

なぜロスタイム?

今日はNHK-BSでJの中継を2試合とも観ていたら、
両方とも劇的な終了間際のゴールで決着がついた。
広島はアディショナルタイムもラスト1プレイかというところで
石原からのパスを森脇がゴール。
ちなみに石原、湘南の元エース。立派になったもんである。
ところで、去年からロスタイムという表現はアディショナルタイムに変更された。
日本サッカー協会が正式に発表している。
ロスタイムは和製英語で、国際大会ではアディショナルタイムとされているので、
それに準じたわけである。

民放は、アディショナルタイムと言ってた気がするのだが(ちょっと記憶が定かではない)、
NHKは今だにロスタイム。なぜ?


紅い葉_convert_20120922215618

車掌さん

車掌さん

山手線でも最近増えてきました。

豚部041

豚部041
木製。体長約7cm。出自不明。ごめんなさい。


豚部041前_convert_20120920215827

素朴なぶた。っていうか、大雑把。それとも手抜き?
なんかいい味出してるけど(笑)。
例によって後ろ姿も。


豚部041後_convert_20120920215912

しっぽはあるから、手抜きでもないか。



虹出てましたね

夕方、虹出てましたね。
明日は晴れ?


虹0919_convert_20120919205731

夕方0919_convert_20120919205645




夏から秋へ

まだまだ暑いのだけれど、日は短くなった。
まだまだ蚊もいるし、セミも鳴いているが、
低いところでなく虫の声の勢いがいい。
まだまだアサガオも咲いているけれど、
コスモスも目立つようになってきた。


夏から秋へ1_convert_20120918232608

夏から秋へ2_convert_20120918232634

昨日は負けたけれど、まだまだ1位と3位との勝ち点差は5だ。

敗戦

ベルカップ_convert_20120917182455

まさかの 1-3。
まさかと書いてる時点で奢りか?
残り8試合となってまだ5敗目だからね。
だんだん欲が出てくるものなのであるなあ。


グリーーーン_convert_20120917220040

亀山湖

上総亀山駅でキハ30を撮っていたら、ちょっと時間を食ってしまった。
適当に歩いていたら亀山湖に着いたのだが、ひとっ風呂浴びるのは断念した。
亀山湖岸には亀山温泉があるのだが、まったりする余裕はなさそうだ。
ホテルの風呂に立ち寄ろうと思っていたのだが、次の列車を逃すと4時間後。
それはちょっときつい。
既に残り時間が1時間あまりということで、足湯の看板に向かった。
こちらは無料とあったのだが、平日の昼、湯(加温せず)は入っていなかった。
まあ、他にぶらついている人はいなかったもんなあ。
ということであきらめた。


亀山湖1_convert_20120916103906

亀山湖2jpg_convert_20120916103929

亀山湖は亀山ダムでせき止められた湖である。
写真は亀山ダムをダム湖側からみたところ。
9月10日現在の貯水率は56%。利根川水系よりはあるものの、やはりちょっと少ないようである。
ふだんはおそらく見えないであろう木もこんな感じ。


亀山湖3_convert_20120916104004

14日は草津に2-0。
キリノがダヴィ化してくれると、上にかなり近づきそう!!





久留里城

久留里で下車して久留里城に向かった。
房総半島は比較的平らではあるが、このあたりはそこそこの丘陵である。

久留里城4_convert_20120915173254

ちなみに千葉県の最高峰は愛宕山で408m。東京スカイツリーよりも低い。
とはいうものの久留里城に近づくにつれて上り坂。
夏(まだ夏である!)の日差しに、緩みきった体にはなかなかつらい。


久留里城2_convert_20120915173158

トンネルもある。

久留里城3_convert_20120915173228

小さな天守閣である。
久留里城は別名雨城。築城すると3日に1度雨が降ったかららしい。


久留里城1_convert_20120915173130

久留里商店街_convert_20120915173059

久留里の街は、水でも有名らしい。
造り酒屋もあったのはそのせいか。
城の本丸の下にも井戸があった。
街中には数カ所に井戸があり、水が汲めるようになっている。
駅のそばの井戸では入れ替わり立ち代わり、大きなポリタンクで水を汲みにくる人たちがいた。
私もペットボトルに汲んでかえって、その水でコーヒーを淹れてみた。
何となくいつもと違う気がした。







キハ30

先日1日休んで久留里線に乗ってきた。
久留里線は昔昔昔に乗っているが、よくチェックするblogで、
キハ30の引退が近いことを知ってしまった。
なくなると知れば惜しくなる。人の性である。

キハ30は、近郊形のディーゼルカーで、車内はほぼロングシート。
そのせいで、子どものころは好きではなかった。
かつての天王寺鉄道管理局奈良運転所には、たくさんのキハ30系がいた。
だから馴染みのディーゼルカーだったのだが、
やはり、クロスシートに座りたかったんである。

と、昔は好きではなかったのだが、嗜好はだんだん変わるもの。
というか、どんどんディーゼルカーが減ってきて、昔昔昔から変わらず活躍しているものは
ほとんどいない状況だからか。
八高線とかのキハ30系はステンレスカーだったが、やはり旧国鉄色がいい。
で、それに乗りにいったのである。
バンダイさん、キハ30もBトレ化してくれないですかね。

朝4時台の山手線に乗り、木更津に着いたのは7時前。
車庫にもキハ30がいた。ということは、あれではないのか?
そんなに運用されていないのではと不安になったが、
1番線に入ってきた折り返しの列車の先頭はキハ30だった。
残りの2両はキハ37で、こちらが主力である。


キハ30木更津_convert_20120914224839

乗っていると、沿線で撮影している、おそらく鉄の方々も結構いた。
引退間際だともっと人も増えるんだろう。
私はそれほど鉄分が高くなくなったせいか、
沿線でいいところを探して写真を撮ろうという気にはならない。駅で十分である。
今回も、ただ乗るだけでは何なので、久留里城と亀山湖には足をのばそうと思っていた。
ということで、大勢の高校生とともに久留里で下車。
岸田氏がテツだからというわけではないが、くるりはまあ聴く。


くるり_convert_20120914225752

くるりは久留里ではないらしいけど(笑)

+キハ30久留里_convert_20120914224726

久留里から終点の上総亀山に向かう。
嬉しいことにキハ30が連結されていた。
迷うことなくこちらに乗車する。


手を出さぬよう_convert_20120914225045

窓はもちろん開けられる。

上総亀山で懲りずにキハ30を撮っていると、
昔昔昔来たときに、同じところから写真を撮ったのを思い出した。
成長がないということか。

キハ30亀山_convert_20120914224800

亀山湖をぶらぶらして駅に戻ると、やってきたのはキハ37も2連だった。
残念な列車を小櫃で降りる。
小さな無人駅である。


キハ37小櫃_convert_20120914224920

これは小櫃駅の近く。
ここから高速バスで東京まで帰ることにした。
眠かったもので。

黄緑の生き物

やはりまだ暑い。

J2は連休モードで明日ゲームがある。
平日ナイターということで、緑と青チームは、エキシビションマッチを行う。
ベルマーレレジェンド vs SWERVES。
元旅人は来ないらしいけど、行きたい。けど、行けない。
ということで、黄緑の生き物。


アマガエル

葉の陰で涼をとるアマガエル。

オニヤンマ_convert_20120913211624

オニヤンマは目が黄緑。
網戸に留まってた。



豚部040

豚部040
木製。体長約15cm。出自不明、ごめんなさい。

豚部もいつのまにか会員No.40となった。
気がつくと、未登録部員もそんなにいなくなっている。
50ちょっとというところか。


豚部040前_convert_20120912214956

豚部員を眺めてみると、どうも製作者はしっぽをチャームポイントと
思っているようである。
実際、豚のしっぽはくるっと巻いていて、なかなか愛らしいのであるが、
手持ちの写真はない。
ということで、後ろ姿を。


豚部040後_convert_20120912214823

目黒川を遡る(最終回)

目黒通りの両側あたりは桜の季節に賑わうところである。
しかし、ちょうちんをぶら下げるのは止めてもらえないだろうかと思うのである。
かなり興醒めな感じがするのは私だけなのか。

だんだん清掃工場の煙突が近づいてくる。
ちょっとしたランドマークになっている煙突である。


焼却場1_convert_20120910231319

焼却場2_convert_20120910231350

清掃工場のすぐ上流には船入場の跡がある。
目黒川も水路として整備された経緯があり、
ここから下流は川幅も広くなっているので、
ここまでは船が来ていたらしい。
くわしくはこの近くにある川の資料館にどうそ。
(私はまだ行ってないのですけど)

この先すぐ、駒沢通りをくぐる。
私は、3号をかついで歩道橋でまたいでみた。
昔昔昔は自転車担いで山に登ったこともあったことだなあ。
(遠い目をしてみる)


駒沢通り_convert_20120910231250

するともう中目黒。両岸におしゃれそうな店も増えてくる。すべてパス(笑)。
ここで東横線をくぐる。
桜の葉の間からちらちら見える赤いものが、東横線の電車である。


東横線_convert_20120910231538

船入場を過ぎると、川幅は狭くなり、浅くなる。
流れはこんな感じ。


中目黒付近_convert_20120910231500

目黒川の源流は新宿の水再生センターらしいから、
沼色の水ではないはずである。
このあたりも清流とは形容し難い感じだが、まあ、さらさらと流れている。
それがどこから五反田辺りの沼色の淀んだ流れになるんだろう。
視界の課題ということにしておこう。

ゆるゆると進んでいくと、ラブリィな橋が現れた。
中の橋とあった。


中の橋_convert_20120910231429

やがて山手通りをくぐる。大崎の手前から近くを並走してきたが、
環状線はまた山手線側に曲がっていった。


山手通り_convert_20120911231726

結構高いところを走っている首都高速が見えてくると、もう246である。

246_convert_20120911231804.jpg

右手に工事中の大橋ジャンクションが現れた。
なかなか巨大な建造物である。
この中は地下に潜るらせん状の道路が入っているはず。


大橋ジャンクション1_convert_20120911231902

246の上空は道路が入り組んでいる。

大橋ジャンクション2_convert_20120911231947

目黒川はここから暗渠となる。
暗渠からの出口。
下落合からここまで、ずっと暗渠だったのだろうか。


暗渠出口_convert_20120911233408

暗渠の上は目黒川緑道となっていて、ビオトーブのような流れもつくられている。

目黒川緑道1_convert_20120911232129

目黒緑道2_convert_20120911232231

数百メートルで、北沢川と烏山川に分岐する。両方とも暗渠化されているが。
つまり、ここが目黒川の起点なのだった。


目黒川起点_convert_20120911232039

今日のお供の3号は、MASIのカフェレーサーソロ(ハンドルを少々カットしてある)。
ちっこくてわかりにくいが、道標(?)の横に停めてあるやつである。
さて、次はどの辺をゆるゆるするかなあ。

目黒川を遡る(2)

走っているのは目黒川の左岸である。
左岸、右岸というのは、下流を見て左が左岸ということらしい。
品川宿を過ぎるとすぐ荏原神社の脇を通る。


荏原神社_convert_20120910223429

由緒ある荏原神社を過ぎると、京浜急行の新馬場駅。

新馬場駅_convert_20120910223652

高架駅の下をくぐって、第一京浜を横断する。
ほどなく子供の森公園。ここには遊具のある公園と野球場がある。
野球場は少年野球専用なのか、いつも子供たちが試合をしている。
ということで、ネット裏でちょっと観戦。
こんなことをしているから時間がかかるのだが、ポタリングはまあそんなものということで。


少年野球_convert_20120910223528

彼の打球は外野手の間を抜けていった。

遊具のある広場には恐竜もいる。


恐竜のいる公園_convert_20120910223501

さらに進むと東海道線をくぐり、続いて新幹線と山手線をくぐる。

新幹線くぐる_convert_20120910223609

山手通りの内側に入ると大崎である。
このあたりの水の色は、なかなか凄い。流れが緩いせい?


大崎駅付近_convert_20120910223745

やがて山手線が近づいてきて、再びくぐると五反田である。

山手線再び_convert_20120910225458

すぐに東急池上線もくぐる。

池上線くぐる_convert_20120910225601

国道1号線を渡り、しばらく走ると今度は東急目黒線。
不動前駅の近くである。


目黒線くぐる_convert_20120910225806

右手には雅叙園が見えてきた。

雅叙園_convert_20120910225413

もう目黒である。
目黒通りにかかるのは目黒新橋。


目黒新橋権の助坂_convert_20120910225725

写真は目黒駅方面で、この先二股に分かれ、右側が権之助坂である。
この橋、コンクリート製でなかなかいい感じの橋である。


目黒新橋_convert_20120910225645

(つづく)


目黒川を遡る(1)

今年の目標の一つであった自転車生活の充実を促進するため、
慣らし走行を始めた。
ゆるゆると、とりあえずケツの慣らしということで、目黒川を遡ってみることに。
といっても、最初から決めていたわけではなく、
ゆるポタのつもりで家を出て、目黒川に出たところで、
河口まで行って源流まで行ってみようかと思った次第。
とりあえずこの時点でどこが源流で、どこが河口なのかは知らなかった。
河口の方が近いのは間違いなかろうということで、
とりあえず河口に向かった次第である。
まあ品川図書館にはよく行っているので、だいたいわかる。
ということで、主に山手通りを使い、天王洲に到着。
どこが終点なのかは、運河もあるのでよくわからないが、まあこのあたり。


目黒川河口?_convert_20120909224326

モノレールのちょっと近くである。
天王洲アイルの駅がこんなところにあったとは知らなかった。


天王洲_convert_20120909224118

それとも運河と合流するここが終点?。

目黒川ほぼ河口_convert_20120909224244

運河と合流直後のアイル橋。

アイル橋_convert_20120909223931

しばらく進むと品川橋という橋に着いた。

品川橋_convert_20120909224211

+品川宿_convert_20120909223847

このあたりが旧東海道の品川宿あたりらしい。

まあ、写真を撮ったり、寄り道したりゆるゆるのポタである。
(つづく)








天皇杯

朝の月_convert_20120908210516

昨日訳あって、近所の公園に行くと、
朝の公園がとてもさわやかなことを発見した。
できることなら毎日散歩したいところだが、今のところ1日も無理だろうなあ。

天皇杯は今日からJのチームが登場。
緑と青チームも平塚で同じJ2の愛媛を迎えた。
実は愛媛には今季リーグ戦では負けている。
メンバもシステムも変えて臨んだゲームは2-1。
この試合、先発メンバの背番号でいちばん若いのが下村の14。
1〜11が先発というわけではないが、ちょっと珍しいかも。

次は柏。楽しみではあるのだが、甲府戦の4日前という、微妙な日程なのだった


ケバ立つ湘南帽生頭付き_convert_20120908204118

すでにケバ立ちが目立ち醜いので、今日の緑と青。

黄緑0908_convert_20120908210552

今年もジャイアントキリングがいくつか。
広島、神戸、札幌が負け、J2首位の甲府も。
相手は緑と青OBの時崎監督率いる福島FCだったので、喜ばしいのだが、
気になるのは10月14日の甲府戦。甲府は中7日、緑と青は中3日。
J1との対戦を是非プラスにつなげていただきたい。

TVでは松本-京都戦の後半を観戦。
松本は審判に負けたか。どうにも松本に厳しい笛だった気がする。
あれだけユニフォームがびよーんと伸びているのに、笛なしだったしなあ。
山チームはリーグ戦でがんばっていただきましょう。


カエル

先日、人魚姫の像のことを書いたが、そのときのこと。
コペンハーゲンに来たのだからと、ロイヤルコペンハーゲンの店にも行ってみた。
いかすカップなど買えるわけもなく、まさに行ってみたという感じである。
コペンハーゲンの市内をぶらぶらと散歩してみたところ、
あまり日本人は多くないなという印象だった。
ところが、場違い感を意識しつつ、少々緊張しながらロイヤルコペンハーゲンの店内に入ると、
どこから湧いてきたんだというくらい、そこは日本人だらけだった。

折角店にまで来たのだから何か一つくらいと思い、買ったのがこれ。


RCカエル_convert_20120907222307

なぜカエルだったのか、
そのときの衝動は、よく覚えていない。
とにかく、こいつがうちのロイヤルコペンハーゲンなのである。

カエルといえば、緑と青鉄道にはこんなカエルもいる。


南米カエル_convert_20120907222332

名前はとうに忘れてしまったけど、確か南米あたりにいるカエルの剥製。
昔、国立科学博物館に行ったとき(南極展だったような気がする)、
ミュージアムショップで買った。
なぜカエルの剥製だったのか。
そのときの衝動は、全く思い出せない。

豚部039

豚部039
働けそうな豚。
陶製。体長約3cm、出自不明。すみません。
蚊遣り器型だけど、3cmでは線香も焚けない。


豚部039-1_convert_20120904215506

豚部039-2_convert_20120904215540

朝晩は少し過ごしやすくなってきた。
このまま秋になるってことはないんだろうな。


駅間距離&松本山雅劇場

JRの最短の駅間距離は、日暮里-西日暮里間などの0.5kmである。
しかし、代々木のホームの新宿側の端から見ると、
新宿駅の特急発着ホームはまでは、せいぜい200mくらいの距離に見える。


新宿代々木_convert_20120902201225

支柱の間に見えるのが、新宿駅の特急発着ホーム

駅間距離というのは、ホームの端と端の距離ではないから、
何も間違ってはいないのだけれど。
駅には基準点があり、ふつう駅長室が基準になっているらしい。
だから多くの場合、駅長室と駅長室の距離が駅間距離なんである。
というわけで、ホームが多数ある場合、どれが1番線なのかというと、
駅長室に近いホームということになっている(はず)。
だから、駅長室と反対側にホームが増設されたりすると、
0番線ができたりする。
というのは、大昔の鉄道ファン初級講座。

駅間距離だが、路面電車以外では、九州の松浦鉄道の佐世保中央-中佐世保間が
0.2kmとのこと。
そのうち歩きに行ってみますかね。


8月の記録
走行時間 0分。読破冊数7冊。
今月は数独率高し。
今月の1冊は、
宇都宮徹壱「松本山雅劇場」。
クラシコも観ているせいか、かんたんに感情移入してしまった。


+松本山雅劇場_convert_20120903223214



京都撃破

京都 1-2 湘南
久しぶりに12アウェイユニを着て東京から念を送ったら、キリノが先制。
後半早々に追いつかれたものの、大槻の勝ち越し弾が炸裂って、
何も映像見てないので、どんなゲームだったのかは全く不明。
しかし、アウェイで京都に勝利は大きい。
甲府もスイッチが入ったようで、負けない。
三平ありがとーと思ったら、ロスタイムも残りわずかでダヴィが押し込んだ模様。
甲府は総得点46のうち、ダヴィが24。
ダヴィさえ抑えればと誰もが思うのだろうが、止められない。
ダヴィ頼みな感じのチームなのだが、応えているのが凄い。
一方、湘南は馬場が11、遠藤が9ゴール。総ゴール数も甲府を上回る。
そこからでも点が取れるといえば聞こえはいいが、
終盤戦、こいつに渡せば的なストライカーがいれば心強い。
キリノか!?


ベル腕時計_convert_20120902201153

ゲリラ豪雨?

午前中から用件があり、自転車で出かけた。
ベル3号となる予定だったが、予算がないのでただの3号である。
ベル3号となるには、黄緑か青のアイテムがついていないと行けないという、
厳しい決まりがあるのだ。
ベル1号は、フレームが青、
ベル2号は、フレームが黄緑。
何もしなくてもベルとなり得たわけだが、3号は白のフレームである。
当初は完璧なベル3号に仕立てるべく、
ハンドル(ブルホーンに改):黄緑
バーテープ:青
サドル:青
アウターケーブル:黄緑
ストラップ:青
にするつもりだったが、この夏はとにかく時間がない。
予算がかかることもあり、中止ということにしてしまった。
といいつつも、1号、2号は、空気が抜けた状態で出番なし。
普段乗り用の3号しか動いていない状態なので、落ち着いたら再生を始めようっと。

そうそう、その3号で出かけたら、
途中で、一天俄にかき曇り、大粒の雨が降り出した。
天気予報から通り雨とはわかっていたが、結構な雨なので、
近くのマンションの自転車置き場に避難させてもらった。
屋根だけがあるやつで、偶然? ほとんど出払っていたようなのだった。
すると、それまでも大雨って感じだったのが、
風も出てきて横殴りになり、屋根はもう役立たず、豪雨になってしまった。
こりゃすげーなあと言う雨は、建物の中でも経験はあるものの、直接は初めて。
これがゲリラ豪雨って奴? と思っていたら10分程で収まっていったので、
ゲリラまではいかなかったけど、これが1時間も続いたらえらいことと実感した次第であった。


クレーン_convert_20120901215709

ビルの奥のクレーン。
関連? 残念ながらありません




時間
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR