FC2ブログ

10秒01

織田記念は好記録が出た模様。
100mは高校3年生の桐生選手が10秒01。
山縣選手も好調のようで、シーズンが楽しみである。
いよいよ日本人も9秒台突入か!?
あまり大きく報じられてはいないが、村上選手のやり投げも好記録。
自己記録を大きく更新した。
おそらくこの日の記録では、村上選手のものがいちばん世界に近い。

今日は、Tyrell FX 納車。横浜まで取りに行ってきた。
乗って帰ってきたので、やはりケツが痛い。パット付きインナーを履いていたんだけど。
インナーといえば、ベルマーレインナーを買い逃してしまった。
昨日思い出してオンラインショップを覗いてみたら、完売。
再販してくれないかな。
そうそう、このFX、
4、5年前からどうしようか悩み続けた上でついに決断した自転車なのだった。


index_main_convert_20130429221030.jpg
                  有限会社 アイヴ エモーションHPより

折りたたみなのだがよく走る自転車である。
買ったのはこの色ではないのだが、ベル3号なので、じわじわと緑と青化を進めていく予定。
ということで、写真は後日。
(帰って来たのが夕方だったので、撮ってないだけである)


yokohamaベイブリッジ_convert_20130429215116





スポンサーサイト



清洲

昨日、今日と実家に顔を出してきた。
名古屋で乗り換えなのだが、日曜の天皇賞でも買っとくかと金山へ。
金山駅を降りてあたりを見回すと、ちらほら新聞を持ったおじさん方が目についた。
後をついていく。これでほぼ初めてのWINSにもたどり着ける。
名古屋の競馬おじさん達は、渋谷のおじさん達より歩くのが速い気がする。
新聞を手にしていない方も多い気がする。
ということで、天皇賞。
5000円程投資して、6000円程返ってきた。
大本命が負けた割にうーんな結果である。

さて、金山駅に帰ってきて名鉄の運賃表を見ていると、新清洲の文字が目についた。
1本で行けるのか。
清洲城を見に行くことにした。


新清洲_convert_20130428222304

清洲城は、信長がのし上がっていく上でなかなか重要な城だったようだが、
現在の天守は、建っている場所も違う観光用の建造物である。
とはいえ、中は文化財的なものはない(?)ものの、凝ったつくりでなかなか楽しい。


清洲城_convert_20130428222327

磐田4-0湘南

なんだか。


湘南0-1横浜FM

昨日はナ杯。
雨続きのホームで、マリノスに今季早くも2敗目。
光も見えたらしいので、週末の磐田戦につなげていただきたい。
柏からお借りしているちびっ子選手がここ2試合ほどベンチ入りしている。
次、出てくれないかな。

ユニフォームが届いた。
今年は長袖。黒のスポンサーロゴで、締まって見える。
ちょっと不安なのは3年前の・・・止めとこう。


2013ユニ_convert_20130425223203

白の番号には、「Bellmare」の文字が!

2013ユニ2_convert_20130425223226

東京も昨日から雨で、肌寒いというか、かなり寒い週末だった。
それどころか、山沿いから北日本は雪まで降ったとか。
川内君が日本人初優勝した長野マラソンでも雪が降っていたし、
松本山雅のゲームは中止になった。
今年は風の強い日が多かったり、天候はなかなか厳しい。

それでも4月。暖かい日も多くなってきた。
いろいろと動きやすい季節なのに、そういうときに忙しくなるのが世間の常。
原鉄道模型博物館のフォトウィークに行って、
写真撮って来ようと思っていたのだが、最早無理そう。
ロケハンは行ったんだけど。
次回は行きたいものである。


横浜大埠頭_convert_20130421210146

GET 3!

またもや仕事が混んで来て、平塚には行けず。
J's GOAL でチェックしていたのだけれど、ようやくGET 3!
後半2-1でリードしている場面でいつもの珈琲豆屋さんへ。
いつもロースとした後挽いてもらってるのだけれど、
待っている間にコーヒーを1杯サービスしてくれる。
初勝利を願って、いつもよりちょっとだけ高いガテマラ・サンドライを選んだ。
携帯の画面で1分ごとに追いつかれていないことに安堵し、
ロスタイムの島村の黄札には、まさかPKじゃないよなと心配したが、何とか逃げ切った。
帰りには、初勝利のお祝いに焼き菓子を購入。
焼き菓子の評判もよろしい店なんである。
(さっき、Jリーグタイムを見て、コーヒー淹れて、焼き菓子をいただいた。
 勝利の味がプラスされて、ああ美味)

次節は未勝利のジュビロが相手。
ナビスコではちんちんにやられた。前田にスライドデスゴールも決められた。
実はジュビロはJリーグの同級生なんである。
JFLからいっしょに昇格した仲なのだけれど、
どうしてこんなに差がついてしまったのか(苦笑)。
ホームタウンも磐田市と平塚市。似たようなというか、人口は平塚の方が多いのだけど。
ということで、見習っていただきたいものである。


+焼き菓子_convert_20130420222254

中学のころは緑が好きだった気がする。
グリーン車に憧れていたから。
その後、陸上競技を始めると、学校のユニフォーム以外のものを着ることも増えていった。
すると、ランシャツ&ランパンは好きな色を組み合わせるようになる。
大学のころは、水色のランシャツにピンクのランパンが多かったかも。
社会人になると、薄紫が増えていった。
ランシャツが薄紫。
ランパンは白、紺、チャコールグレーなどを組み合わせていた。
だいぶ落ち着いてきた感じなのだが、全国青年大会では薄い黄色のランパンだった。
とまあ、いろんな色のシャツとパンツを試したわけなのだが、
黄緑は、というか緑系は多分着たことがない。
黄緑はすでに自分には派手すぎる色だったのだろう。
Jリーグ2年目にベルマーレは昇格し、そのころから応援していたわけだけれど、
どうにもユニフォームを買う気にはなれなかった。
黄緑を切る姿というのが想像できなかったんである。
ところが、1回買ってしまったら(何を最初に買ったんだかは憶えていない)、
もう黄緑の洪水である。
今や、ペンケース、マウス、マウスパッド、USBハブ・・・
机の周りも黄緑があふれている。
もはや抵抗もなく、まだまだ増えていくんだろうなあ。
といいつつ、フレームが黄緑の自転車は躊躇してしまうところがまことに残念。


ピンク_convert_20130415232017

やっぱり

単勝の人気の順に入線した皐月賞を、
ちぇっ、これじゃあしょうがないよなと、チャンネルをテレビ埼玉に。
桜花賞で小当たりしたものだからつい、入れちまったぜ。
少ない予算で人気の順になど買うわけもなく、
あやうくスキャナ代もすってしまうところだった。
それは置いといて、テレ玉さんでは浦和アントレッズだかサンフレッズのゲームをやっている。
しかし、3年前よりはマシかもしれないが、まだ、だめだめだった。
カウンターが遅い。マークが外れる。パスがとどかない。
なかなかしんどい。

奈良クラブからソシオの会員証が届いた。
今年は、タオルとホームゲーム招待券が5枚もついてきた。
さすがに奈良まではなかなか行けない。
その奈良クラブも、今日関西リーグが開幕し、いきなりの敗戦。
J3を目指すには結構痛い。
試合数が少ないので、昨年のようになかなか挽回が難しい状況もあり得る。
ドラゴン久保のチームもJ3に名乗りを上げたように、
難しい選考が待っているので、とにかく勝って欲しいものである。

今日は山雅も岐阜に初勝利を献上。
私にはサッカー受難の日であった。


奈良クラブ2013_convert_20130414204449

ごろごろ〜

ごろごろ〜ごろごろ〜な1日。
フットサルの練習日だったのだけれど、新爪の準備がまだ整わないので欠席。
爪の面積の50%は超えているものの、剥がれるとまだかなり痛そう。
それに今剥がれると仕事が痛い。

ACLの日程上、浦和に出向く緑と青は明日が出番。
今日の未勝利仲間は2チームとも敗れ、明日の最下位転落はなくなった。
な〜んて後ろ向き発言ばかりしていてはいけないのだが、
浦和サンフレッズ様が相手だからなあ。
3年前はこれまたいいようにやられた記憶がある。
1点取ったんだけど、こぼれ球が入っちゃった感じのゴールで、
その年は特に強くなかった浦和に何もさせてもらってはいないはず。
少しは成長したぜ、というところを見せていただきたいものである。


みなとみらい駅_convert_20130413220946




船に強くはない。
なぜ弱いと書かないのかというと、まだ然程酷い目には遭っていないからである。
強くはないと思っているからあまり乗らない。
乗ったときは天気がよいことが多い。
焼尻に渡るフェリーがきつかったことは書いた気がするが、
ぎりぎりビニル袋の世話にはならずにすんだ。
それなりの人が世話になっていたから、すごく弱いわけではないのかもしれないが、
気分が良くなかったのは確かだから強いわけでもない。
ってな事情である。

今まで数時間乗った船というのも数える程である。
三宅島→竹芝
 飛行機が欠航だったので覚悟していたが、海は凪いでいた。ラッキー。
大阪南港→今治
 瀬戸内海だ
博多→小値賀島
 ベタ凪。ラッキー。
中通島(奈良尾)→長崎
 時化気味も揺れない新造船。ラッキー。

ラッキーである。


飛鳥Ⅱ_convert_20130412053717

だから、飛鳥Ⅱにも乗船希望はない。
まあ予算的に無理なんだけど



 

完敗

磐田 1-0 湘南
完敗だそうである。
ジュビロは、リーグ戦では未勝利なものの、
現日本代表も前田、駒野、伊野波の3人を擁し、代表候補の山田や金園もいる。
まあ、格が違うのはいうまでもない。
そんなチーム相手にどこまでできるのか、
そんなチームと対戦するときはどうするのか、
などということを想定してゲームに臨んだと思うのだけれど、
どうもほとんど何もできなかったらしい。
ゴールのバーを味方に付けたので0-1という数字になったらしいけれど、
悲惨な数字になっていた可能性もあったと。

このチームは多分夏には違うチームになっていると期待している(成長してね)。
とはいえ、週末の浦和戦はどうなることやら。

ところで、磐田の1点は前田のゴール。
世間の一部ではスライド・デス・ゴールという言葉が生まれたようなんである。
昨日はリーグ戦ではなくて、ナビスコカップだい!


観覧車緑と青_convert_20130411223403

緑と青には敏感なんである。

横浜臨港線→汽車道

横浜には馬車道だけではなく、汽車道もある。
遊歩道みたいなものだが、ちゃんと線路も一部残っている。
その線路というのが、横浜臨港線。
横浜臨港線は、高島と横浜港を結ぶ貨物線で、
東横浜-横浜港は1920年に開業、1987年に廃止になったとのこと。


汽車道1_convert_20130410075611

この汽車道もいちおう廃線跡ということか。
ずいぶん華やかな廃線跡なので、現役時代のイメージがなかなか浮かばない(笑)


汽車道2_convert_20130410075643



日曜夜の

やべっちFCに中山隊長が加わった。
中山雅史といえば、日本のサッカー界ではキングと双璧の功労者といえるだろう。
数々の名場面は説明の必要がないほどである。
練習場でちょっと言葉を交わしたことがあるのだが、人柄も素晴らしい。

J1にいると、週末のJリーグタイムとやべっちFCでは、
必ず少しは見ることができるのが新鮮。
J2に落ちたことのない、水色や深い赤のチームの方々にはわからないだろうけど。
新鮮と言わなくてもすむよう、2、3年おきくらいには上がっていただきたいものである。


ナンバー中山_convert_20130409081952

親指その後のその後のかなり後

右手の親指は、爪がやはりダメになった。
現在下から爪が成長中。まだ半分まできていないくらいで、
先半分は古爪が現役でがんばっている。
古爪の根元はもう浮いていて、一部はない状態なので、
強い衝撃でも受けたらぺろっといくかもしれない。
ということで、ラケットやらボールやらは触らないようにしてきた。
でも、まだそれなりに時間はかかりそうなので、
そろそろラケットは解禁にしようかと思う今日この頃である。

そんな日曜日、東京付近は晴れたもののかなりの強風。
所用で横浜に出てみると、風にもめげずかなりの観光客が集まっていた。
そんなものである。
風の中J2も全試合が行われ、山雅は2-1で水戸に勝利。
J2のグリーン系ではトップの7位に上がってきた。楽しみである。

東京六大学陸上も開催。
100mでは、向かい風4mの中10秒47で優勝したのは慶応大の山県選手。
風を考えるとなかなかの記録である。
向かい風4mというと、私のような素人ではもがきまくる感じだった。
今年も楽しみである。


朝桜_convert_20130407201456


お預け

湘南1-1川崎
嵐の予報だったので、自宅待機。
そして、またしても勝ちきれず。
ふつうの川崎なら勝ち目はなさそうだけど、今の川崎ならと期待はしていたのだが残念。

今朝からトライテラス様入りのユニフォームが発売になった。
長袖も出るということで、オープン直後にアクセス。無事購入。
長袖は数が出ないのですぐ売り切れてしまう。
案の定20分もしたら売り切れていた。
今回長袖のデザインが特に良かったというわけではないのだけれど、
まだ持っていないので買ってみた。
アウェイの白も人気ですぐ売り切れていたが、私は襟付きがあまり好きではないので、パス。
デザインはこっちの方が好きだったんだけど。

ついに前田のゴールが出た。
浦和にとっては前田のゴールは逆に縁起物らしく、
それに今年の浦和が降格するというのは、不祥事でも起こさない限り無いだろう。
今日は甲府も新潟も清水も未勝利沼から抜けていった。
昇格チームは5試合で勝ち点5以上でないと降格だそうで。
ジンクスは壊しにいこうではないの。
只今緑と青チームはJ1スタイルに適応中なのだから。


旗_convert_20130406210408

大宮戦のゴール裏。

来春の課題

桜もついに終わり。
早くに咲き始めた桜はかなり根性があった。
散りそうで持ちこたえ、結構長いこと楽しませていただいた。
それならば散るところもCMOSに受光してもらおうではないのと思っていたのだが、
根性があり過ぎてなかなかはらはらとはいってくれなかった。
というわけで、古い写真でお茶を濁すことにする。


042_convert_20130404221416

東京Vの胸スポンサーが決まったとのニュースがあった。
J1、J2を通して最後だそうで、決定はおめでたいことなのだが、
気になったのはその額。
推定1億2千万だとか。
・・・
先日決めていただいた緑と青チームは推定1億だったような。
これが広告媒体としての価値なのか!?
東京VはJ2で、緑と青はJ1。
昨季の観客動員数も緑と青が多かった。
ちょっと残念。

1勝

昼過ぎには風雨は弱くなり、3時ころには雨も上がった。
雨と風のせいで花粉もその他の細かい諸々も流れ落ちたか、
夕方はなかなかすっきりしてきた。
そんな夜、ナビスコ杯第3節がキックオフ。
甲府0-1湘南
内容はまったくわからないけれど(シュート数が4-5って!)、
とりあえず公式戦初勝利!
甲府の攻撃がどうだったかもわからないけれど、
鎌田、宇佐美、島村の3バックで無失点に抑えたのは収穫か。
武富様はこれからも頼りにしてます!


すっきり?_convert_20130403230657


スポーツ小説

3月の読書 7冊 今年の累計23冊
3月のイチバン 朝井リョウ「チア男子!!」

スポーツ小説は好きなのでよく読むのだけれど、
結局ほとんどの主人公がかなりの成功を収める。
スポーツ小説はまあ成長小説なので、成功しないと成立しにくいのかもしれないが、
実際には、スポーツ選手の大多数は負け組である。
全国大会でそこそこまでいける選手というのは、ほんと一握りだ。
私など4流選手だったので、インターハイなど全く無縁(都大会で落ちた)、
最高成績(と言ってよいのか、大会のレベルが今二つくらいなのでわからないが)は、
全国青年大会の隙間種目三段跳びで3位というものである。
それですら、茨城県大会の参加者十数人で勝ち上がり、
全国大会の参加者は隙間でも三十人くらいはいた。
つまり、ほとんどの選手が勝ち組にはなれないのである。
だけど、小説では勝ってしまうのである。
勝てないから勝つ小説を読みたい、ということもあるような気もするが、
あまりに勝ち過ぎではないだろうか。
ふつうの選手がふつうに負けるスポーツ小説も読んでみたいものである。


スイセン0317_convert_20130402225616

例によってまったく関連はない。念のため(笑)


グリーン系

グリーン系のチームの調子が上がらない。
グリーン系というのは、ユニフォームがグリーン系基調のJのチームである。
もっとも、グリーン系のチームは数が少なく、
しかも強豪チームはまあないときているのだから、
今の状態が調子が上がらないのか、実力通りなのかは議論の余地があるかもしれない。
現状を確認してみると、今年のグリーン系のボスはなんと湘南ベルマーレ。
J1で唯一なのだが、現在16位。
J2では鳥取が8位、松本12位、東京V14位、岐阜22位と続く。
いいところにいるとは言えない。
湘南も土曜は名古屋にあしらわれ、今季はまだ勝ちがない。
このままでは、来年は適地で(豊田でやってよ)名古屋にリベンジすることができない。
そこで、トライテラス様を釣り上げた真壁社長は、某OBに目を付けた。
20周年のエキシビジョンマッチを見る限り、まだまだ体はいけそうである。
選手たちからの熱烈な要望も後押し、ついに社長の熱意が彼を動かした。中田英寿電撃復帰!
・・・
ってなわけはない。
どうせなら、このくらいの話にしないといけませんなあ。

http://dbs.kodansha.co.jp/april2013/

なぜグリーン系などという話になったのかというと、
先日こんな写真を撮ったから。


若葉130224_convert_20130401204253




時間
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR