FC2ブログ

続・体育会系宣言

体育会系宣言をして早2ヶ月。
その間のジョギング1回(号泣)。
デジタル化強化月間で進展なし。
情けない(号泣)。
特に、腹回りは見苦しくなってきた。
これは、スカッシュの上達も妨げているはず。
つまり、
続・体育会系宣言。
おっさんに2言はある。


若い葉_convert_20130730222939

さわやかな黄緑だこと。
スポンサーサイト



ミシシッピアカミミガメ

先日、目黒川の橋を渡っていたら、
哀しい色をした川面をもがいているものがいた。
カメである。
そのカメは、どんよりとした(ゆったりとは書きづらい色なんである)流れに逆らい、
何が待っているのか、上流の方に向かって足を必至に動かしているように見えた。
あんまりよい未来はない気がするのだけど。
良く見てみると、頭の両側があかい。
どうもミシシッピアカミミガメのようだった。


アカミミガメ?_convert_20130729214113

ミシシッピアカミミガメというのは、昔、子どもがミドリガメとして売られていたカメである。
何をかくそう、私も買ったことがある(ように思う)。
ミシシッピアカミミガメは、元々日本にはいないカメなので、
このカメもペットとして飼われていたものが逃げ出したか、
飼いきれなくなって捨てられたものである。
子どものころはは当然小ちゃいのだけれど、
大人になると甲長も20cmを超える立派なカメなので、飼い続けるのは大変といえば大変。
さらにこのカメ、適応力が強く、日本の各地に広がって、
日本固有の生態系を脅かすに至ったのである。
ということで、外来生物法の特定外来生物への指定も検討されている。
日本の侵略的外来種ワースト100にも数えられる哀しいカメなのだった。

サルスベリ

先日の空。
夏っぽくない雲とサルスベリの花である。
サルスベリは夏の花。今が盛りのころといえる。


百日紅1307_convert_20130728161736

サルスベルは百日紅。
花が長持ちするからこの名がついたとか。

昨日はダイオウイカに気を取られ、山シャツを着忘れていたが、
北九州1-2松本
気がついたら後半残りわずかで、シャツ着たら試合終了だった。
まあ、勝ったからよし。



蝉時雨

いよいよ蝉時雨の季節である。
ということで、セミの写真でも撮ろうかといつもの公園に散歩に出かけた。
ところがなかなか見つからない。
本気で探していたわけでもないのだけれど、写真が撮れるようなところでは見かけない。


何アゲハ?_convert_20130727181056

クロアゲハはいた。
しかし、海野さんのブログなどを見ていると、チョウが飛んでいる写真などゴマンとあるので、
見慣れていたのだけれど、実際には無理。
あんな速くてどこに行くかわからないもの、どこかに留まっていなければ無理である。

その後もセミは見つからない。
公園の中には、大勢の子ども連れセミ捜索隊が捕虫網を持ってウロウロしていたので、
セミたちも網がとどくところには降りて来ないのかもしれない。
セミを取るには、白い捕虫網はあまり向かない。
小ちゃい網の方が多い気がする。セミがいるのは太い木だけではないからね。
私は伸縮式の釣り竿の先に、カニ取り用の網をつけられるようにしていた。
例によってどこかにある気もするが、どこにあるかは不明である。

さて、セミが見つからないので抜け殻の写真でも。

ニイニイゼミの抜け殻_convert_20130727181031

ニイニイゼミの抜け殻はには泥がついていることが多いのだが、なぜなんだろう。
泥がつきやすくなっているとか、乾燥を防ぐために自分でつけるとか、
いろんな説があるそうである。


葉の裏のNKG_convert_20130727181118

木の葉ではなく、草の葉の裏にいた。
状況がわかる写真を撮らないといけませんな。


初ボート

ボートといっても競艇。
先日はじめて競艇場に行き、3レースほど見てきた。
見てきたといっても、競艇場にまで行って、艇が走るのをただ眺めていたわけではない。

行ったのは多摩川競艇。
京王線の多摩霊園駅と府中本町駅からは送迎バスが出ているのだが、
ここは久しぶりに西武多摩川線に乗ってみることにした。
この前に乗ったのは、確か昔昔昔のことである。
是政のプールも行ったよなあ。

降りたのは、その名も競艇場前駅。
見ての通り、何もない。


競艇場前駅_convert_20130726202820

場内には屋内でレースを見られるところ(無料)があり、冷房も効いている。
案外快適なのである。
競艇はアッキーナのCMの通り、6艇で行われる。
舟券の種類も買い方も競馬と同じようなものだから抵抗はない。
やはり3連単が人気のようなのだが、
6艇だから、あまり高配当にはならないことが多い。
しかし、同じレースの連単とオッズを比較してみると、
どうも連単がいちばんお得のような気がする。
といいつつ、手元のマークシートはなぜか3連単が塗られていたりするんである(笑)


競艇1_convert_20130726202843

この3連単は、ビギナーズラックで的中。
といっても1800円程しかつかないのだった。








スペーシア

先日、新宿駅で東武の100系を見た。
スペーシアと呼ばれる東武の特急用車両である。
東武の特急が新宿にいたのは、2006年からJRに乗り入れを開始しているからで、
特別珍しいことではない。
(見たのははじめてだけど)
100系は2011年からリニューアルされ、外装は3種類ある。
写真の色は「粋」編成。スカイツリーのライトアップ色のひとつである。


スペーシア新宿_convert_20130724222551




延期

今日は会社の行事で、出社はせず。
それも16時過ぎには終わるので、
それならばトラックで走ろうではないの。
ということで、シューズと着替えを鞄に入れて行事に出席した。

トラックで走る話を友人にしたところ、「是非いっしょに走りたい」。
珍しい人を放っておく手はないので、いっしょにシューズを買いに行き、
その足でトラックに向かうことにした。

ところが豪雨。
行事の行われていたところは間一髪濡れるのを免れたものの、
電車の中では豪雨と雷。
待ち合わせの目黒に着くと、幸い雨はやんでいた。
そこで、シューズを買いに渋谷へ出ると再び雨が降ってきた。
用を済ますとまた雨は止んでいたものの、空は黒く、いつ降り出すのやらという感じである。
こりゃ、ストレッチする場所もないかもなあ。来週にする?
この決断を誰が責めることができるだろう!!
東急線は停電した路線もあるくらいなんである!


曇天1307_convert_20130723212333

今日の空模様ではないのだが、何となく雰囲気で。
オリンパスのマジックフィルターのドラマチックを選ぶと、
ふつうの曇天もこんな感じに写る。
こういう日こそ使えるのかも。

カボスおやじ

断捨離は無理な性格だと決めつけるのはいけないのかもしれないけど、
難しいことは間違いない。
それでもモノは減らさねばいけない。
ということで、ちまちまと整理を始めてはいる。
先日こんなものがでてきた。


カボスおやじ_convert_20130722222915

書いてあるのだから、カボスおやじなのだろう。
携帯ストラップというか、根付けの一部である(ひもは取った)。
カボスおやじというからには大分で買ったものなんだろうとは思いつつ、
はっきりとは思い出せない。
ただ、これを買ってくる友人が思い浮かばないのと、
私は見つけたら買いそうだという自覚から、
自ら買ったものであろうということは想像できる。

カボスおやじで検索してみると、どうもこういうゆるキャラはいないようだ。
(作ればいいのに)
カボスの目玉親父はいるみたいだけど。

で、結局さようならすることにした。
しかしこんな小さなもの1つくらい捨てたところで、モノ減らしの効果としては
ほとんど貢献していないのも間違いない。
ちょっと早まったかなどと思い始めている時点で、
モノが減ることはないんだろうなと確信し始めている次第である。

体育会系になれるのか?

昨日はフットサルの練習。
例によってまったく走れず、何度膝に手をついたことか。
こんな調子では体育会系宣言が聞いて呆れる。
ということで、今朝、走ろうかとちらと思ったのだが、
筋肉痛はあまりないものの(走ってないからである)、ダルくて動けん(泣)
100mのスタートラインへの道は遠いのである。


spla15a_convert_20130721173703.jpg
spla15b_convert_20130721173840.jpg
spla15c_convert_20130721173901.jpg

チームの15番。

元気回復祈願の1枚。


2013ひまわり1_convert_20130721173943

ヒマワリにピンが来ていないのが素人だよなあ。



骨格模型

数日前の、タオルマフラーの写真の左の方に、
怪しい影が写り込んでしまった。
撮り直したのがこれである。


骨格模型1_convert_20130719220717

障子の向こうから出てきてもらうと、

骨格模型2_convert_20130719220748

骨格模型。
身長は約30cm。
いくつかの関節は可動なのだが、人間の体というものは大したものである。
お手頃価格の模型では思うように動かない。
背骨などピンと伸びたままである。
折角なので、ジョジョ立ちでもしてもらいたかったのだが、
まず肩が五十肩並み(泣)
肘は、シュートの投げ過ぎ(泣)
お手頃価格に似合った可動域なのだった。
しかし、関節は固いが、


骨格模型3_convert_20130719220822

闇では光る。


暑っ

2日程やや過ごしやすかったせいか、今日は朝から暑かった。
(暑く感じた?)
ということで、多少涼しげな画像。


水滴イワカガミ_convert_20130718220047

水滴の中にイワカガミを、もうちょっとちゃんと入れたかったのだが、
ピントがなかなか合わんし、ぶれる。
オリンパス様、
何とか早く参考出品していたマクロリングライトを発売してください。


何の花?_convert_20130718220029

さて、これは何の花?


17/34

湘南 0-2 新潟
新潟にお友達でいてもらうためにも勝ちたかった。
リーグ戦も半分を戦って、3勝4分10敗、勝ち点13。
まだ半分あると思える程には、3年前よりよいということか。

先日12年度の経営情報が開示されたが、何とか黒字を計上。
昨年の持株会への増資などで債務超過も解消、なんとか一息というところか。
親会社がいなくても非常にがんばっている甲府をお手本にしたいところだが、
神奈川県は来季はおそらく5つのJチーム、ほぼ神奈川の町田も入れると大変な激戦区。
苦労も多いと思うけれど、前に進んでいただきたいものである。


湘南12a_convert_20130717221520
湘南12b_convert_20130717221547
湘南12c_convert_20130717221609



ライブ

今日は朝晩まあ過ごしやすかった。
これくらいだと良いのだけれど。

先週、友人のライブに行ってきた。
いわゆるジャズなのだが、ふだんあまり聴かないものの、嫌いではない。
わかりはしない。まあ、心地よければ良いのである。
ライブハウスというか、ジャズバー?
チャージ代+飲食代で結構かかる。
あまり出向かないのでよくわからないが、こんなものなのだろうか?

今回のカメラはEOS7D。明るくはなさそうなのでレンズは単焦点にすることにした。
85mm f1.8 と135mm f2 のどちらかにしようと思っていたのだが、
100mm f2.8 macro もありかと思いつき、これでいってみた。
正解だったかどうかはよくわかりません。

はっきりとは判別しにくいようにちょっと暗めにしたけれど、
今回はだいたいこんな感じで狙ってみた。
もうちょっと照明がスポットぽかったら面白かったかな。


s_convert_20130715184844.jpg

g_convert_20130715184824.jpg

ba_convert_20130715184803.jpg







セミも鳴く

暑いには暑いのだが、今日は風があるのでまだマシである。
ということで、昼前に近所の公園に散歩に出かけた。


アジサイもしおれる_convert_20130715141138

アジサイもしんどそうである。

ぶらぶらしていると、ニイニイゼミの声が聞こえてきた。
写真が撮れそうなところにいないかと聞き耳を立ててみたが、
結構高いところに多いようである。
セミもまあ、狙われるのだから仕方がないか。


セミ発見_convert_20130715141221

この子たちが見つけたセミも網は届かない模様。

夏だから虫はいる。でも暑い。
そのせいか、キイロホソガガンボ? も葉の陰で休憩中?


キイロホソガガンボ?_convert_20130715141157

マメコガネを見つけた。Japanese Beeleである。
このコガネムシ、よく後ろ脚を上げているところを見るのだけれど、威嚇のため?
交尾中のようだったけれど、ちょっと葉を1枚ずらしたら、脚上げ。


マメコガネ_convert_20130715141250

これはヤブキリの幼虫?

ヤブキリ?_convert_20130715141319

あまり動かないので、顔から近づいてみた。

ヤブキリ?2_convert_20130715141341

なかなかユニークな顔立ちである。

湘南3-7浦安
ホーム開幕戦であり、久光選手のこともあり、勝ちたかったゲームだったと思う。
前を向いていこう。










残念な靴その後

春に買った靴(keenのjasper)は、紐が水色で残念! という記事を書いた。
その後黄緑の紐を買ってきたものの、短くてだめ。
この靴、つま先から紐をまわすので、かなりの長さが必要なんである。


残念な靴_convert_20130510214326

元々2種類の紐が同梱されており、もう1つは黒だった。
水色はジュビロ系だから嫌ということではなく(坂本はジュビロ出身だし)、
おっさんにはちょっと派手? ということで、黒に換えてみた。


黒ひも_convert_20130714173153

まあ落ち着くんではないの? ということで定着しはじめたところ、
north faceのブーツ用の紐を見つけてしまった。
しかし、ド黄緑である。水色に負けず劣らず派手。
これはまたおっさんには不安なので、片足だけ変えてみた。


黄緑靴ひも_convert_20130714173233

どーん。

今読んでる「聖なる怠け者の冒険」に出てくる恩田先輩と桃木さんが、
どーんと言って寝転がるシーンがあるんである。
この本、なかなか面白いので、ちびちび読んでいたのだが、
昨日は怠け者生活を送り、かなり進んでしまってもったいないことである。
私は、読み終わってたいていひと月も経つと、
内容は頭から出て行ってしまって定かではないのだが、
テングブランはもしや、「有頂天家族」と関係が?
金魚と玉川さんは「宵山万華鏡」の関係者?
などと思ったりしたのだが、当然忘却の彼方である。
本もどこにあるんだかわからない。
モリミー氏の頭の中では壮大な京都物語が構築されているのだろうかなどと
気になったりするのだけれど、確かめるのまあ「そのうち」か。
「そのうち」が実現する確率は、かなり低いものではある。

聖なる怠け者の冒険_convert_20130714182236

どーんだった。
うーん、やはりちょっときついか。
まあ、このクソ暑い時期に履こうとはあまり思わないくつなので、結論は先延ばしにしよう。
果たして一歩が踏み出せるのか!?
萌黄色とかないものか。

山雅 1-1 京都
京都に追いついたのは大きい。





J1 100勝

暑い日が続くもので、完全休養。
1日中エアコン+扇風機でごろごろしながら本などを読む怠け者生活である。
そんな中、緑と青チームは甲府へ。残留争いのライバルには負けられないところだ。

開始前に湘南之風のSHOW TIMEを流し、昨年のアウェイ白ユニ15番を着込んで、
万全の態勢で臨む(J’s GOALの速報ページを開くだけだが)。

甲府 0-1 湘南

公式ではシュート2本?
そのうちの1本が岩上(15番)のゴール。これで今季3勝目。
3年前は確か7月に1回勝って以降一度も勝てなかった。
しかし、今年はやてくれそうな雰囲気が出てきたように思う。
上も(14位だけど)近づいてきたし。次の新潟戦も期待してます。


緑と青ボール_convert_20130713203625




装備

先日の山の装備。
ザックはホグロフスのロックスピード、25L。
シンプルなザックで、小屋1泊ならこれで十分。
何より、


rock+speed1_convert_20130711220321.jpg
rock+speed2_convert_20130711220400.jpg

この差し色(笑)。

シューズは去年買ったモンベルのトレッキングシューズなのだが、
今年のカタログには既にない。
天気が悪かったので岩もぬれていたが、グリップ感は上々。
ただ、ひもの締め方が悪かったのか、
右足だけ上部がすねに当たって痛かった。
次も当たるようだとちょっと辛いかな。

パンツは、初日にはユニクロのレギンスジーンズをはいてみた。
トレッキングパンツとくらべるのは酷だが、
よく伸びるので結構いけた。ありかも。
今度は自転車ではいてみよう。

足回り_convert_20130711220712

小物では、タオルマフラーが良かった。
私は今治の宮崎タオルのものを使っているのだけれど、
巻いていても邪魔にならないし、汗も拭ける。
これも自転車でも良さそう。


タオルマフラー_convert_20130711220256

苔部?

北八ヶ岳は、実は苔の聖地の一つである。
北八ヶ岳苔の会というグループが積極的な活動をされている。
つまり、苔がたくさん見られるのだ。
それはもう、凄かった。
苔の美しさには目覚めているのだが、私はまだド素人なので、
これからちょっと勉強を始めようというところである。
高見石小屋の近くには、クロゴケが見られるらしいのだけれど、
どれだかわからないし。
クロゴケ? 北八ヶ岳苔の会? などと聞くと、まだ、
黒後家蜘蛛の会? と聞き返してしまうであろうレベルなんである。
とはいえ、苔の道に突入は決めた。
苔部誕生か!?
(緑と青鉄道、どこへ行く?)
今度は、苔を見に、北八ヶ岳に行こう♪


北八コケ1_convert_20130710223140
北八コケ2_convert_20130710223209
北八コケ3_convert_20130710223233
北八コケ4_convert_20130710223300
北八コケ5_convert_20130710223341
北八コケ6_convert_20130710223403
北八コケ7_convert_20130710223429






湘南1-2柏
19時平塚だったが、19時から渋谷で打ち合わせ。
断って、J’s GOAL を携帯で時折確認させてもらった。
カメックスゴールで先制したものの、いつもの後半逆転負け。
ジュビロに抜かれた。
途端にテンション急降下。すみませんでした(泣)

宮市剛くん、本当に来てくれるの?
残留が条件?









天狗岳

先週、北八ヶ岳の天狗岳に登ってきた。
友人のこども(小学3年、4年)込みなので、ゆったりと楽しんできた。
まだ梅雨明け前だったので、天気は残念だったけれど。

渋の湯から高見石までゆるゆる登った。
小屋に着いて、はじめて山ガールと呼ばれるのであろう方々を見た。
小屋泊まりの山なんて実に久しぶりなんである。
華やかなウエアとザックの山ガールは、高見石小屋の看板を見て、
「やばい、あれかわいくな~い」などと言って写真を撮っていた。
(そのかわいい看板は撮り忘れた)


高見石小屋_convert_20130709230947

お世話になったランプの小屋、高見石小屋。

小屋から5分程で高見石。天気がよければ絶景なのだろう。
下に見えるのは白駒池。


高見石から白駒池_convert_20130709230915

ということで、下りてみた。

白駒池_convert_20130709231052

白駒池。

翌日は7時前には出発し、東天狗岳へ。
頂上に着くと雲の中で、主峰も見えなかった。


天狗岳_convert_20130709231012

イワカガミが花盛りだったが、背景はやはり白。

イワカガミ_convert_20130709231117

その後雨が降り出したので、黒百合ヒュッテで昼食休憩。
高見石小屋で用意してもらった弁当をストーブの前で頂いた。


松葉水滴_convert_20130709231141

雨でぬれた岩に足をとられながらも渋の湯に下りた。
残念だったのは、時間に余裕がなかったので湯につかれなかったこと。

久々の山はよかったので、またそのうち出かけよう。

土星

昨日ようやく土星を観察。
自宅のベランダから、むしむしした日の街の空などという悪条件でも何とか確認できた。
位置は「今日のほしぞら」で確認。
土星は、多分今見える星の中ではいちばん明るいと思われるのだが、
推定矯正視力0.5ではなかなか見つけられない。
近くに煌煌とというより、太陽のように光り続ける街灯があるのも不利な条件である。
赤っぽい、0.5等級ほどの星というと、すぐに見つけられそうなものだが、なかなか大変なのだった。
ようやく見つけ出すも、かすかな光にしか見えなかった。
これでは夜空に星など見つけられないわけである。

見たと言っても、肉眼で環がわかるわけではない。
ということで、今年導入したキヤノンのSH50を持ち出した。もちろん三脚に載せて。
ここでまた面倒なのが、画面の中に土星をおさめること。
1200mm相当では全然入ってこないので、倍率を落として画面に入れてから徐々に倍率を上げていく。
しかし、私には自由雲台での微調整は難しく、すぐ外れてしまい、まあ嫌になってしまう。
小1時間格闘してようやく撮影。はやり腕の問題である。
青っぽくなるのはホワイトバランスのせいなのだろうが、
一度画面から外すと、もはや調整する気力もなく、昨日はここで終了。
何とか環っぽいからまあいいか。


土星_convert_20130708215042

本当は赤っぽいのだが、青っぽくなってしまった。
これをトリミングしてみた。


土星2_convert_20130708215112

何とか土星っぽく見えるか。
またよく見えるときに挑戦することにしよう。

七夕

130707暑い1_convert_20130707164402

本当に梅雨が明けたようである。暑い。
都心でも35.4℃、猛暑日である。
こんな日は走ったら危険だ(笑)

雷がなったら梅雨明けなんて言われていたが、
そのな間もなく梅雨明け宣言だからなあ。
ハトも暑かろう。


130707暑い2_convert_20130707164425

今日は七夕である。
7月7日というと、新暦ではたいてい梅雨の真っ最中。
東京では元々見えない天の川だが、星空も望めない日が多かった。
それでも今日はごく明るい星だけ見ることができた。目出たし。


七夕2013_convert_20130707164334

星にお願いする年ではないが、
残留に少しだけ力をお貸しください(笑)

19時前からは山雅Tシャツを着用、熊本方面に念を送る。
松本3-0熊本。連勝である。目出たし。


J再開

梅雨が明けた模様。

梅雨明け2013_convert_20130706210738

近所の公園を散歩していたら、カナブンに遭遇。
飛び上がって捕獲を試みたものの、失敗した。
落ちるかと思ったが、意外とさっと飛んでいった。


カナブン_convert_20130706210644

J1再開。

J_convert_20130706210713.jpg

今日はアウェイの仙台戦で、0-0の引き分け。
勝ち点1を持ち帰ったのはよしとするも、
Jリーグタイムを見ると、チャンスは高山の1発だけのようだった。
これが入っちゃったりするとツキも来そうなんだけど、
バーに当たるところがJ1の壁か。

今日のゲームは七夕ユニフォームだった。
6時半からスタンバイしていたのだけれど、念は届かず。

同級生

先日すごく久しぶりに高校の同級生からメールが届いた。
お食事会と称した飲み会をやるとのことである。
正真正銘同い年のおっさん6人が新宿に集まった。

私は高校卒業以降12回程引っ越しをしていて、
各同窓会方面からは行方不明扱いである。
小学校、中学校は高校以降最初の引っ越しが実家丸ごとだったのでそれで切れた。
高校、大学はしばらく通知が来たものの、
その後実家も引っ越したので、行方不明リストに載った次第。

そのなかで高校2.3年のクラス(クラス替えがなかった)の担任は、
恩師と呼ぶべき人物であったので、こまめに引っ越し先を伝えていた。
だから高校の同窓会では行方不明だが、クラス会は唯一実態があるのだった。

ところで、何のために集まったのかというと、
海外赴任している男(陸上部)が東京に出張中というのが理由らしかった。
具体的な用件としては、9月に久々にクラス会をやる。
その段取りを決める幹事会を8月にやる。
それに出ろ。

幹事頭(野球部)には、高校時代ちょっとした借りがあったので、
私(陸上部)は断れないはずだというのもあったとかないとか。
まあ、そんなことは関係なく、空いていればやるのはやぶさかではない。
その日は180分ジョギングの予定で、とか、スカッシュの特訓がなんてことは、ない。
だから空いているのだが。

もう昔昔昔のことなのに、高校時代というのは結構憶えていることも多い。
もちろん証言が食い違うことも多いのだが、それはそれで面白い。
途中からサッカー部の独壇場になっていったが、
彼の記憶があいまいなところを野球部Aと野球部Bがフォローするという
なかなかのチームプレイであった。

高校時代の話を懐かしんで酒を飲む年になったのだなあ。
これからはこういった集まりが増えるんだろうか。


夕刻_convert_20130705213344






七夕ユニフォーム

モノが多い、ユニフォームが増えるといいながら、
先日、今年の七夕ユニが届いた。

10年以上前のデザインという声もあるようだが、私は好きである。
今までの七夕ユニの中では、堂々の1位。
そういえば若いころ、こんな色遣いのTシャツなど来ていたような気がする。


2013七夕ユニ前_convert_20130704220246

2013七夕ユニ後ろ_convert_20130704220226

夏用だけあって、脇はメッシュ。
6パックの横腹ならセクスィかもしれぬが(ほとんど見えないだろうが)、
たるんだ横腹はご近所迷惑だよなあ。インナー必至?
今度スカッシュの練習でデビューしてみるか。

断捨離

モノが多い。
緑と青鉄道の市民部を見ると、まあくだらぬものの多いこと。
つまりは家の中がそうなんである。
緑と青グッズやらユニフォームの類いは増える一方だし。

やはり断捨離?

先日ちょっと整理を始めたらいきなりこんなものが出てきた。


ベーゴマ1_convert_20130702231817

ベーゴマ2_convert_20130702231839

子どものころ、ベーゴマで遊んだ記憶はないので、
その後誰かから頂いたものである。
しかも近鉄とある。もちろんこれは近鉄バファローズのことだろう。
いきなり整理終了である。
これ、捨てられないよなあ。
捨てるべき?



1

1はサッカー。
前の会社の鹿島の事業所には、つくった当初は芝だったと思われる
グラウンドがあった。
当然のようにサッカー部があったので、入ってみた。

それまでサッカーというと、大学のとき陸上部で出た某市の市民大会くらいか。
当時はチームで2番目に100mの記録は良かったのだが、GKをやった。
多分これが初GK。
サッカー界の勝手が分からず、ユニフォームもないので、
Tシャツにこれだけはストックがたくさんあるゼッケンを安全ピンでつけた。
まったく陸上競技スタイルである。
これは、大会本部に怒られた。考えてみれば、体の接触のあるサッカーに安全ピンはないよなあ。
でも相手チームが寛大だったので、試合をやらせてくれた。
このゲームはGKデビューだったので、結果はよく憶えている。
0-2だった。
1本ゴール右上のシュートをパンチングしてはじき出したのだが、
土のグラウンドに腰から落ちて痛めてしまい、しばらく陸上の試合に出られなくなったのだった。

鹿島サッカー1a_convert_20130701203332

これは、その後のチームでも使っていたので、ラグビージャージ以上によれよれである。
背番号などこんな感じ。


鹿島サッカー1b_convert_20130701203412

GKでは、PKも好きだった。
PKはGKにとって失うものは何もない。
キッカーより遥かに優位な精神状態でマウスの前に立てる。
阻止率はまあそこそこだったと思う。


鹿島サッカー15_convert_20130701203435

ちなみに同じチームのフィールドプレイヤーのユニフォーム。
10代だった仲間のチョイスである。やはり若い(笑)。
たまにFWで出たりしたのだが、ゴールはなかったと思う。








時間
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR