FC2ブログ

豚部057

残りわずかの豚部057
陶製、体長約3cm。出自不明。ごめんなさい。


豚部057前_convert_20130930213903

珍しく垂れ耳。

豚部057後_convert_20130930213841

しっぽは王道。

スポンサーサイト



昨日はロスタイムに入る寸前、
友人に何てメールしようなーんて考えたのがいけなかった(笑)
BMWは13000人オーバーで、
何と、鹿島、大宮、柏、名古屋、鳥栖の観客を上回った。
赤い悪魔様々である。
というわけで、帰途は居残って(居残ったかどうかは知らないが)
ブーイングをしない赤い方々に混じって平塚駅まで歩いた。
いい冷え具合だ。秋である。

自転車生活を充実させようと、投票券を買いに渋谷まで行ってみた。
少々坂はあるけれど、電車で行くよりは速いという距離である。大したことはない。
しかしまあ、自転車で並木橋まで行くというのも、来るところまで来たか(笑)
次は後楽園まで行ってみよう。
ちなみにスプリンターズステークス、かすりもせず。
(投票券的には面白くないレースではあった)
元スプリンター志望としては、
スプリンターのお馬さんの気持ちが多少なりともわかるような気がしていたのだが、
気のせいのようである(このレースの勝率はよくない)。

松本 2-2 栃木
終盤に追いついて引き分けに持ち込んだ。勝ちたかったゲームではあるが。
千葉が負けたので、まだまだプレーオフ圏内は狙える。
今日も岩上2アシスト。切り札を持ったゲームメーカーになって戻ってきてね。


1309きのこ_convert_20130929195910






10分間の夢

赤い悪魔を見に平塚へ。
本当に赤く埋まってた。


赤い悪魔1_convert_20130928230905

6ゲートも真っ赤っか。

赤い悪魔2_convert_20130928230932

試合の入りは何だかビッグクラブ相手に萎縮したよう。
そんな中、CKのこぼれ球を槙野に押し込まれてしまう。


130928高山_convert_20130928230840

ときおり左サイドからチャンスが生まれるも、前半は0-1。
後半は、押し込む時間が増えてきたのは成長してきた証か?


130928ウェリントン_convert_20130928230818

ウェリントンのPKで追いつくと、
古林がえぐって上げたクロスに航君がうまく合わせた美しいゴールで、何と勝ち越し。
しかし、隣のサポも残り10分長いよなあなんて言ってる。その通り(笑)。
何せ浦和みたいなチームに勝ち越している状況には慣れてないもんで。
ロスタイム、結構ありそうなんて声も聞こえ始めた頃、
大竹がもったいないファールで退場してしまった。
大竹、凄く効いているので痛い。名古屋戦も痛い。
直後、柏木に決められた。
やっぱりな、夢が覚めた、とは周りのサポたち。同感である。
サポもこういう状況も経験した。これからはますます湘南スタイルで行って欲しい。

さて、赤い悪魔はやはりサポのことか。
浦和の圧力は思った程ではなかったが(甲府と引き分けているし)、
アウェイ側から響いてくる声は凄かった。






明日は

明日は平塚で浦和戦。
フットサルの練習参加をやめ、行ってしまおうかと思案中。
何せホームゲームは10月からは月イチなんである。
ちょっと赤い悪魔も見物したい気もするし。
三菱自動車はBMWで勝っちゃあいけないでしょう(笑)


20th+T_convert_20130927213739.jpg


アヅチグモ

近所の公園の植物もだいぶ秋らしくなってきた。
ヨウシュヤマゴボウも花が咲き、早い実は紫になりつつある。


ヨウシュヤマゴボウ_convert_20130926215930

この紫の実、なかなか水分が多く、路上に紫の跡がついていたりする。
ヨウシュヤマゴボウ汁プシャーである。ちなみに有毒。
小さな白い花がついていたので、そういえば花はよく見てなかったなあと目を向けると、
アヅチグモがいた。


アヅチグモ_convert_20130926215953

カニグモ科のクモで、その名の通り前脚が発達している。
巣はつくらず、花のそばで前脚を広げ、虫がくるのを待ち伏せしている。
ヨウシュヤマゴボウの花も白いので、チョウなどにはわかりにくいのだろう。
結構大きなチョウやハチを捕まえるらしい。

チョウ

何だか夏よりもよくチョウを見る気がする。

130921アカボシキマダラ_convert_20130925202159

アカボシキマダラ。
近所の公園の樹液が出るクヌギに来ていた。外来種


130921ツマグロヒョウモン_convert_20130925202221

多分、お馴染みのツマグロヒョウモン。
しかし、だんだん生き物観察ブログになりつつあるなあ。


今はない駅

昔昔昔に行った北海道旅行は,お金がなかった。
横になって寝るのは3日に1度。その他は夜行急行の自由席である。
ワイド周遊券だと急行自由席はただで乗れたので,
宿代節約のために積極的に利用した。
当時は背の角度が90°の硬いシートだった。
さらに,上り下りの列車が行き違う駅で乗り換え,
元に戻るという荒技も多用したので,連日寝不足だった。
例えば,急行大雪。何号だか忘れたが,札幌ー網走間の夜行便があった。
札幌で網走行きの大雪に乗って,上川で降りる。
そこで網走から来た札幌行きの大雪に乗り換えるんである。
寝過ごすと面倒なことになるので,乗り換えるまでは安心して寝られない。
寒いのでなるべく行き違う駅で乗り換えると,だいたい午前2時ごろになる。
これでは寝不足になるのは当たり前だ。
よく使ったのは大雪と利尻だったなあ。

この旅行,とある事情で行き当たりばったりになったものの,
テツの名残でなるべく多くの路線に乗ろうとはしていた。
ただ乗るために行ったところもあり,
そんなところでは,終点まで行ったら着いた列車で折り返した。
だから,終着駅で降りてもいない。もったいない話だ。
列車の本数もそう多くはなかったと思うので,仕方ないところはあったのだろうけど。

写真はいずれもそんな路線で,今はもうない駅である。
雰囲気のよくわかる写真ではないが,どれも石炭絡みの路線だ。
昨年軍艦島と池島に行った身としては,いい感じだったろうと予想される。
(当時はそんな趣味はなかったけど)
しかしあれから30年あまり,今は全くちがう町になっているはずだ。


上砂川駅_convert_20130924002000

上砂川(函館本線支線)
別名悲別。私が行ったころは別名はなかったけど。

歌志内駅_convert_20130924001938

歌志内(歌志内線)
ちなみに歌志内市は人口がいちばん少ない市で約5000人とか。


万字炭山駅_convert_20130924002028

万字炭山(万字線)
ここはだいぶ山間部に入ったところらしい。
多分この3線,一気に乗ったんだろうなあ。

赤蜻蛉

秋っぽいものということで赤蜻蛉。
赤蜻蛉というと、ナツアカネかアキアカネ。
全身真っ赤になるのはナツアカネの方である。
アキアカネの胸は褐色がかっている。


13ナツアカネ1_convert_20130923171435

tg−2で撮っていると、どうしてもアップにしたくなる。

13ナツアカネ2_convert_20130923171452

この時期、痛んでいる昆虫が多い気がする。
このナツアカネも触角が片方ないように見えるし、
片方の前脚の先もない。
後翅が傷ついたチョウもよく目にする。
厳しい時期になってきたということか。

彼岸花

お彼岸なのでヒガンバナ。
目立つ赤い花だが、最近いろんなところでよく見るようになってきた。
近所のコンビニの前にも一輪咲いていたりする。
ヒガンバナは種ができない植物で、球根で増える。
きっと、誰かが植えたんだろう。

ヒガンバナには種がないが、花の時期には葉がない。
葉は花が終わった頃に出てきて、春には枯れるらしい。
その間養分を球根にため、9月になると芽が出て茎が伸びて花が咲く。
何だか突然咲いているイメージがあるのだが、
どうも芽が出てから1週間くらいで花が咲いてしまうらしい。
ユニークな植物である。


13ヒガンバナ1_convert_20130922205442

13ヒガンバナ2_convert_20130922205555

13ヒガンバナ3_convert_20130922205622

葉がないので、竹林のようでもある。

13ヒガンバナ4_convert_20130922205640

続きを読む

まだまだ

昼からそわそわ。

130921ベルクマ1_convert_20130921221030

今日はアウェイの大分戦である。
勝たねばいけない。
夕方になると更にそわそわ。


130921ベルクマ2_convert_20130921221016

このところ負けない甲府は、ロスタイムに浦和に追いついた。
負けられない試合は、武富の泥臭い先制弾で動き出し、
武富の泥臭い勝ち越し弾で決着した。
さて、次は甲府に追いつかれた浦和である。
明日の松本-G大阪戦は全席即日完売したらしいけれど、
来週の湘南-浦和戦はまだ残席あり。う〜〜ん。

金鯱

しゃちほこ1_convert_20130920210326

金の鯱である。
名古屋城天守の屋根に載っている奴である。
金鯱といえば名古屋城というくらい、
かつては名古屋には金鯱軍というプロ野球チームがあったくらい、
金鯱は名古屋で愛されているようだが、
他の城でも載っているようだ。

鯱というのは、姿は魚で頭は虎という架空の動物で,
その姿の通り凶暴で、鯨まで襲い、泳げば嵐、雨も降らせる、
という輩らしい。
火難除けや、干ばつ除けにうってつけというわけで、天守の屋根に載せられたとのこと。
最初に鯱を城の屋根に載せたのは信長(安土城)、というのも何となくうなづける。

名古屋城の鯱はおす(北側)とめす(南側)だそうなのだが、
こいつがどちらなのかは不明。

ところでこの鯱はチョロQである。
だから走るのだけれど、さらに口がぱくぱくする。
そんな小技を効かせたせいか、走行性能は今ひとつ。
走行距離も短く、まっすぐ走らん。
果たしてこれを買う人が走行性能を求めているかというとそうでも無さそうだが、
ぴゅーっと走ってくれた方が気持ちはいい。


しゃちほこ2_convert_20130920210343

北海道の昔の特急

はじめての北海道は1980年代の前半だった。
当時のワイド周遊券で3週間最大限にぶらぶらしてきた。
鉄系から体育会系に転向して5年あまり、
既に私の中は、陸上競技70%、鉄10%位の組成だったが、
それでも普通の人より鉄分は多めなので、
3週間の間にとりあえず北海道の国鉄は全部乗ってやろうと思っていた。
しかしその野望(というほどのものでもない)は3日ほどで砕け散ることとなる。
馬鹿らしいほど単純な詐欺に引っかかり、貴重な旅費の一部と気力を失った。
帰ろうかとも思ったものの折角の北海道、もう少し旅を続けてみることにした。
確か翌日、YHを予約していたからである。
そこで高知大陸上部の主務の方たちと意気投合し(私も主務だった)、
いっしょに尾岱沼あたりをまわったりしたのがいい気分転換となった。
そんなこともあり、翌日の予定はノープランという気楽な旅に変わっていった。
というわけで、北海道の国鉄全線走破はならなかったのだが、納得半分後悔半分。
とても記憶に残る旅ではあったのだが、
乗り切れなかったローカル線はどんどん廃止されてしまい、
もう乗ることもできないのも事実である。
当時からして1日2、3本しか走ってないとか、
直通列車がないとか、かなり緻密に計画しないと乗れない路線が多々あったのだった。

そのとき、一度も乗らなかった北海道の特急。
駅のホームで写真だけは撮っていた。


おおとり_convert_20130917234754

石北線のキハ80系おおとり。

北斗_convert_20130917234914

函館、室蘭線のキハ80系北斗。

おおぞら_convert_20130917234734

根室線のキハ183系おおぞら。キハ183系は多分デビュー間もないころである。
北海_convert_20130917234849

函館線のキハ183系北海。

ライラック_convert_20130917234820

室蘭線函館線の781系ライラック。
札幌ー旭川間というと、急行さちかぜが衝撃的だったなあ。




台風が過ぎると

台風が過ぎると、近所の公園には木の実がたくさん落ちていた。
ほとんどはまだ落ちるはずのなかったもののはずである。


ギンナン_convert_20130916220054

ギンナンは臭くないし、

ウラジロガシの実_convert_20130916214948

ドングリは青い。これは多分ウラジロガシ。

クヌギの実_convert_20130916215006

これはクヌギ。若々しい。

ユリノキの果実_convert_20130916215129

多分ユリノキの果実。開く前の松ぼっくりというところか。

ミズキの実_convert_20130916215111

ミズキの実は熟しつつあるようだけど、

プラタナスの実_convert_20130916215026

プラタナスの実はまだまだだ。
虫付きで落ちたのだろうか。接写してみる。


プラタナスグンバイムシ_convert_20130916215044

またもやピントが甘いのだけれど、
これはプラタナスグンバイムシか。
あまり明るくなかったので、これだけ拡大すると難しいんである、
と言い訳を書いてみたりするが、焼売弁当でピンぼけしてしまう腕なので、
言い訳でしかないよなあ。

奈良クラブのJリーグ準加盟が承認された。
ソシオとしては嬉しい限りだが、来季から会費が上がりそう。
これで準加盟は16チーム。
今のところ、J3は最大で11チーム。
活動を休止するチームも出る可能性もあるので、
最大で12チームがJ3以上に参加できることになりそうだが、
今年の成績が悪いからなあ。土壇場の岡山劇場に期待。









台風前日

台風が大きな傷を残して過ぎていった。

昨日は台風のスピードが遅く、午後は雨もぱらぱら降った程度だったので、
近所の公園に散歩に出かけた。


130915公園2_convert_20130916185045

出かけると雨もぱらぱら降ろうというもんである。

130915公園1_convert_20130916185025

ミズヒキも花が終わったばかり。
実の先のカギのようなもので、イヌなどにくっつくんだろうな。


130915公園3_convert_20130916185102


第三者的観戦

昨日は日産スタジアムに行ってきた。
台風が接近していて曇りがちではあるものの、降る予報ではなかった。


130914日産1_convert_20130915183230

しかし蒸し暑かった。
おまけに有料入場者数が35000を超えたため、久しぶりの行列である。
席に着く頃にはのどが乾き、焼売弁当で一杯。


焼売弁当1
焼売弁当2

久しぶりのの焼売弁当だったが、焼売以外のおかずも充実しているのだった。

横浜FM 1-1 C大阪


130914日産2_convert_20130915183246

柿谷も不発。

130914日産4_convert_20130915183347

俊輔も不発。

130914日産3_convert_20130915183306

C大阪が先制したものの、不惑ドゥトラのゴラッソで追いつき、そのまま1-1で終了。
なぜこうも淡白なのかというと、そりゃあもう九州方面が気になるからである。
申し訳ないと思いつつ、J'Goal の速報をチェックしてしまうのだった。
鳥栖 1-0湘南
言葉がない。
脱力しまくりで帰途についたのだった。

Jリーグは15年度から2シーズン制に戻ることになった。
何となくサッカーファン度が高い人程否定的な立場を取る人が多いような気がする。
「本質」という言葉が見え隠れすることもある。
しかし、ここは日本。だいたいスポーツをみる文化が育っていない国である。
そんな国でのサッカーのあり方というのは、あまり前例がないような気もするんである。
枯らしてしまうのはいけない。まず根っこをはらねばとは思うのである。

ジャイキリ

天皇杯の今年のジャイアント・キリング第1弾は、長野。
名古屋を2-0で粉砕した。

実はちょっと心配していたんである。
相手はFC琉球。何やら不穏な予感がしたのだけれど、武富が吹っ飛ばしてくれた。
この勢いを九州シリーズに持っていって欲しい。

2020年のオリンピックが東京に決定。
昨日高校のクラス会で、某TV局の男が
「東京は80%ない」と言い残して、2次会から局に出社していった。
マドリードなら6時に帰れると言っていたが、
今日はさぞかし忙しかったのだろうな。

今やオリンピックと経済というのは切り離せないものだという感じだが、
単に最高レベルの競技が繰り広げられる大会というものに立ち戻れないのだろうか。
今晩には最後の1競技が決まる。
今日忙しくしているであろう男は「レスリングで決まり」と言っていたが・・・

夕方から結構な雨。


1309雨_convert_20130908184025

まだセミ

羽化したばかりのセミは白っぽい。
羽を伸ばすと、徐々に乾いていきアブラゼミなどは色が着いてくるようだ。
3回目に観察したとき、セミの木に着いたら、
隣の木の枝先に羽化したてのようなアブラゼミがぶら下がっていた。
この日も2時間ほど観察していたのだが、帰るころようやく羽に色が着き始めていたので、
成虫と変わらない姿になるまでは羽化後3時間くらいはかかりそうである。


アブラゼミ羽化後_convert_20130906221902

来夏の目標は、
穴から出てくる幼虫を撮る!


1308nkg_convert_20130906221929.jpg


あまりに暑くて空を見る気もしなかったのだが、
昨日は竜巻も発生したりしたので、空を見てみると、
9月というのにもくもくもく。


130903雲_convert_20130903215556

セミの羽化3

3回目のセミの羽化観察プロジェクト。
今回はなるべく見ない振りをしようかと(笑)
というわけで、幼虫を拾って幹の根元につけると、
ガン見するのはやめ、なるべくあたりをうろちょろすることにした。

すると、50mほど離れたところになる木で、ツクツクボウシ(推定)が羽化を始めていた。
撮りやすい位置だったのでこちらを撮影することにして、三脚をセット。
2、3分置きにはシャッター切っていた。
羽化が始まると、セミも恥ずかしいとは言っていられないようで、
はやく殻を破ろうとする。
しかし、このツクツクボウシは遅かった。
少しずつ出てきている気がしていたのだが、20分ほどたって撮りはじめの画像と比べてみた。
変わっていない。
どうやら失敗してしまったようだった。

元の木に戻ってみると、アブラゼミが羽化を始めていた。
あわてて三脚を移動する。やはり恥ずかしいのか!?


アブラゼミ羽化1_convert_20130831232122
アブラゼミ羽化2_convert_20130831232144
アブラゼミ羽化3_convert_20130831232201
アブラゼミ羽化4_convert_20130831232218
アブラゼミ羽化5_convert_20130831232246
アブラゼミ羽化6_convert_20130831232359
アブラゼミ羽化7_convert_20130831232420
アブラゼミ羽化8_convert_20130831232536
アブラゼミ羽化9_convert_20130831232456
アブラゼミ羽化10_convert_20130831232515
アブラゼミ羽化11_convert_20130831232605
アブラゼミ羽化12_convert_20130831232622

BMWで久々のGET3!

130901百日紅_convert_20130901205729

またくそ暑くなった週末、こともあろうにフットサルの練習。
もう体力のなさを痛感させられてしまう。
そのため行けなかった平塚では、

湘南 3-2 仙台

BMWでは久々の勝利。見たかった。
大竹はもう残留に向けていなくてはならない選手になったみたいだし、
ウェリントンも馴染んできたのかな。
湘南スタイルの確立を目指しつつ、残留のために現実路線も視野に入れつつ
監督、よろしくお願いします。
ネルシーニョは辞めてしまったけれど、
湘南のようなチームはある程度長期でみる必要があるのではと思う。
天皇杯を1つ戦うと、その後は試練の九州連戦。
苦手の九州をいかに乗り切るかで来季の居場所が決まるかもしれない。
監督、よろしくお願いします。


湘南スタイル麦わら帽子_convert_20130901205754

そして今日は、

松本 2-1 鳥取

7位に上がり、6位とは勝ち点2差。3位とも7差。
いよいよプレーオフが視野に入ってきた。
監督、よろしくお願いします。


 
時間
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR