FC2ブログ

野球のことなど

レッドソックスが世界一。
決まった瞬間、マウンドにいたのは上原だからなあ。凄い。
大学卒業時にメジャーか!? とも噂されたものの、何とまあ読売を逆指名。
がっかりしたもんである。
そういう経緯は置いておいて、今回は拍手。

日本は、楽天が王手をかけた。
しかし、今日2-0で則本を使うか。
当初計算できると言われていたのが、まー君と則本の2人。
(他の投手も好投しているが)
だとしたら、今日は休ませて、負けても2人とも中6日で6,7戦に向かった方が、
確率高そうな、などと素人は考えてしまう。
今日勝ったのはいいけど、流れから行くと中5日でまー君。
どうなんだろう。


街の夜_convert_20131031224945
スポンサーサイト



黄緑か湘南か

いつのまにか何かを買うとき、選択の余地があるなら、
黄緑が入っているかどうかを気にするようになってしまった。
さすがに黄緑を前面には年を取り過ぎていると思っているので、
スポーツウエア以外では衣服に黄緑を求めてはいないのだが。
先日並木橋に行ったときには、左足だけ靴ひもを黄緑にした黒い靴で行ったけど。

もちろん黄緑は湘南のチームカラーである。
黄緑が気になり出したのは、湘南を応援するようになって結構時間が経ってからである。
Jリーグが始まったときは特に贔屓チームはなく、
むしろ近鉄バファローズを応援していた。
折角だからサッカーもどこかを応援しようかなとは思っていたのだが、
東京にはチームもなかったし、かつて近隣に住んだことがある鹿島というのも
何だか煮え切らなさを感じていた。
そんなときに登場したのがベルマーレ平塚である。
Jリーグ2年目にJFLから昇格してきた。
平塚は私が社会人になって初めて赴任した町で、なかなか印象深い町だった。
さらに当時の練習場はやはり相模川の河川敷だが、今の馬入よりちょっと上流の大神だった。
よく草野球をしていたグラウンドの隣だったりしたので、
いきなり親近感高めの登場である。
ということで、あっさりサポーターとなった次第。

しかし、ゴール裏への道は遠く(今でも端の方で見ているけど)、
ユニフォームを買うこともなかった。
まして黄緑に目が行くなんてことは全くなかった。
何が転機だったのかはわからないが、いつの間にかユニフォームを買い、
グッズも買い、街のどこかに黄緑を発見すると目で追い確かめるようになってしまった。
かつては競技場でもユニフォームを着るのに躊躇していたのが、
今は黄緑のユニフォームで近所のスーパーに行ってしまう・・・
慣れというのは恐ろしいものである。


130921木_convert_20131030220501

日本シリーズは、楽天がリードを守れす2勝2敗に。
これがマーくん劇場へのお膳立てのような気がしないでもない。




時計など

会社に行くときには腕時計はしないのだが、
休日外に出るときはすることも多い。
しかしどうも私は腕時計運がよろしくないようなんである。
気に入っていた時計があったのだが(シチズンのふつうの時計)、
文字盤の数字の代わりの小さな板が1枚ぽろりと剥がれてしまった。
修理に出してかえってくると数ヶ月でまた剥がれた(同じ板かどうかは不明)。
それを繰り返し何と4度修理に出したのだが、今また剥がれているんである。
さすがにこれはおかしい。
つくも神のせいではなかろうか、ということで、
今はお休みいただいている。

最近ちょっと山に入ることもあったので、アウトドア系の時計を買った。
見ての通りデジタルなので、文字盤に張り付いているのものはない。


腕時計_convert_20131028211421

購入の決め手は使い切れない多機能性ではなく、
差し色のように入った黄緑である(笑)。

荷物があまり多くないときに愛用しているのザックはこれ。


EXPED1_convert_20131028211445.jpg

最近見なくなったEXPED。
シンプルな構造で、20Lと程よい大きさが使いやすい。
なかなか出番の多いザックである。
使い勝手のよさそうなのはわかったが、決め手はやっぱり。


EXPED2_convert_20131028211503.jpg




ススキ

ススキは秋の花。
秋の七草にも尾花として入っている。
動物のしっぽに似ているから尾花らしいが、
穂がふんわりしていくると,種が飛び立つ準備をはじめたころで、
既に花は終わっている。


13ススキ2_convert_20131027225806

ススキの花には花びらがなく、おしべとめしべがむき出しである。
花穂にちっさいおしべとめしべがたくさんついている。
ぶら下がっているのがおしべで、モールのようなのがめしべらしい。


13ススキ3_convert_20131027225827

札幌のすすきのは、かつては周辺にススキが生い茂っていたからその名になったという説もある。
その昔からはおそらく想像もできない変貌を遂げた街だと思うが、
ススキの草原も放置しておくと雑木林になってしまうらしい。
ススキは茅葺きの材料にもされた植物だが、すすき野を維持するためには、
刈ったり焼いたり、手間もかけないといけないらしい。


130921ススキ_convert_20131027225746

重い敗戦

台風が過ぎ去り、朝から西高東低の青空が広がっていた。
これは家にいるのはもったいないと、自転車にまたがった。
今少々肩が痛くて、ちょうど自転車のハンドル握る姿勢が痛いポイントになっている。
だから♪サイクリングサイクリングという気分にはなれず、ゆるゆると散輪。


131027恵比寿_convert_20131027173746

あれっと思ったら(ウソ)並木橋。
しかし結果は惨敗。春の勢いはどこへ行ったのやら。

回避した新潟戦は、
 新潟 3-2 湘南
昨日止められるのかなどと書いた川又君にハット献上。
せめてザックに選ばれておくれ。
一方松本は、
 松本 2-1 福岡。
これで6位に3差。
湘南の残留を信じつつ、現実は非常に厳しくなった。
一方、松本はプレーオフ進出に向けまだまだいける。
反町監督時代の湘南が昇格したときも痺れる終盤戦だったからなあ。


台風

重なるようにやってきた台風は、各地に大雨を降らせて過ぎて行ったが、
幸い東京は大雨という程でもなかった。
しかし、明日の天気予報で新潟には傘マークがついている。
迷っていたのだが、雨が降るなら断念。
大野は契約で出られないし、ハン・グギョンは累積。
この二人抜きで川又が止められるのか? ザックも見にくるらしいからなあ。
(BMWでは2発決められているし)


ピアノ1310_convert_20131026220658

楽器は義務教育でのハーモニカとリコーダー、鼓笛隊の小太鼓しかないのだけれど、
大人になるとやってみたいものの一つである。
といってもやろうとしたことがないのだけれど。
ピアノもよいのだけれど、私は木管楽器が好きである。
特にオーボエの音が好きなので、これならやってみたいと思うのだが、
大人向け音楽教室でもオーボエは見かけない。
というわけで、今だに楽器は憧れるのみ!


ドラフト

昨日はプロ野球のドラフト会議。
スポーツニュースで見ただけだけれど、
無念の表情を浮かべている選手はおらず、
皆喜びを表していたのにはほっとした。
某思い上がり球団絡みで逆指名云々のニュースも見かけたが、
(最近不自然な一本釣りが目立つチームである)
まあ、無事に終わったといえるか。

サッカーのU17世界選手権では、日本代表は3連勝で決勝トーナメント進出。
今朝少しだけ見たのだが、確かにA代表のイメージとはかなり違う。
このまま成長してくれたら結構面白いかも。
国内ではJリーグユースカップが開催中。
先日湘南は横浜Fマリノス相手に1-10と惨敗。
湘南のようなチームは育成に力を入れないと生き残れない気がするのだが、道は険しい。
暴れん坊基金の会員にはなったけど、是非とも活性化していただきたいものである。


13夕照_convert_20131025230047

怪しい影。

影1_convert_20131024222901

見上げると・・・

影2_convert_20131024223007

正体はコイツ

影3_convert_20131024223029

影4_convert_20131024223054

あー、自転車3号がーーと棒読み気味に定番写真を載せてみたが、
コイツがティラノサウルスだとしたら、指に見えるのは2本のはず。
さらに、恐竜は鳥に近い仲間で、一部の肉食恐竜が鳥に進化したと考えられている。
今では、ティラノサウルスの体表には羽毛が生えていたというのが定説である。
羽毛の生えたティラノサウルスのイラストをみると、
なんだかジュラシックパークのイメージががたがたと崩れていく。
これが10mもあるとイメージも違うのだろうが、
まあ恐そうには見えないのだった。

カワウ

先日目黒川でカワウを見た。
今までカワウには気づかなかったのだが、
目黒区のHPに目黒川の鳥として載ってるくらいだから、
珍しくはないのだろう。
とはいえ、目黒川の中流あたりだとなかなか鳥の姿を目にすることはない。
カモのなかまはたまに見かけるが、カワウははじめて見た。
鳥が食事に来るような川になればよいのだろうが、
そんな話はまだまだ先のような目黒川である。


目黒川のカワウ_convert_20131023231726

5-5

C大阪 2-1 湘南

金鳥に行ってきた。小雨がやまず難儀。
金鳥ははじめてだが、隣の長居はよくお世話になっている。陸上だけど。


長居競技場_convert_20131021231256

右が長居、左が金鳥。
長居は、改修前には走ったこともあるし、当時スタジアムの中にあったYHにも泊まったことがある。
大阪の世界陸上にも来て、朝原氏の準決勝も見た。
という、なかなか馴染みの競技場なのだった。

一方金鳥ははじめてである。
この日の観客は発表が15000あまりだったが、当日券はアウェイ自由席のみ。
ということで、湘南ゴール裏にも多数のセレッソサポが。
端の方で見ていたので、周りは半分以上セレッソ。
さすがにユニ着てる方はいなかったが、柿谷のゴールであまり喜ぶのは控えて欲しいな。


金鳥スタジアム_convert_20131021231228

写真の通り、アウェイゴール裏はピッチからやや遠く、高さもないので見にくい。
反対サイドは何やってるんだかさっぱりわからない。
とはいえ、全体的には良さげなスタジアムである。

この敗戦で、残り5試合で甲府とは5差。いよいよ崖っぷちである。
1でも持って帰りたかった。

今回はちょっと実家に立ち寄るついで、
というか、金鳥のついでの実家か。
実家に用があったのも事実なのだけど。
折角だからと朝一番の新幹線に乗ろうかと思っていたら、寝坊。
折角だから明日香の伯母の店に顔を出そうと思っていたら、
たまには関西線に乗るかと、つい乗車券を奈良まで買ってしまった。
新幹線を名古屋で降り、名古屋から関西線。
亀山で乗り換え、奈良に着いたら何とまあ昼になっていた。心づもりより2時間遅い。
たこ焼き食べて近鉄奈良駅まで歩き、橿原神宮へ。
橿原神宮から乗ったバスを降りて歩き出すと、T字路でばったり伯母の車と行き合った。
雨だから早く店を閉めて帰るところだった。
T字路だっただけにまさにピンポイント。
これはついてる!! と思い、金鳥に向かった。
降りたのは長居の1駅手前の鶴ケ丘の駅。


鶴が丘駅_convert_20131021231321

長居駅よりこっちの方が近い。
駅のセレッソ一色である。
駅の近くでうどんを食らい、粉もんパワーを蓄え、
勢い込んで金鳥に乗り込んだが、
先制点が精一杯だった。
セレッソ、強い。でもセレッソとJ1のゲームをしたように見えたので、これも進歩か。
まだまだ行ける。

ミズヒキ

軽便鉄道模型祭バブルがはじけ、
すっかり落ち着きを取り戻した当ブログ、
気づくとネタがない(笑)
やはり、緑と青鉄道を建設しなければいけないようである。

ということで、困ったときは自然観察ブログ。
先日散歩をしていたら、ミズヒキの花に気づいた。
この日はtg-2ではなく、珍しく100マクロ。
どちらにしても手持ちではなかなかピントが合わなくなってきた。
悲しい限りである。


ミズヒキの花_convert_20131018221045

サボ

最近見なくなった鉄道グッズに「サボ」がある。
サボというのは、いわゆる行き先表示板のこと。
かつては車両の中程の窓の下などにセットされていた金属やプラスチックの板で、
行き先や運転区間などが書かれていた。
サボはサインボードとかサインボードの略らしい。
行き先の表示は、今はLED表示が主だけど、その前は行き先表字幕だった。
ロール状に巻かれた布にいろんな行き先が書いてあって、
該当するやつが定位置に来るように、くるくる回していた奴である。
サボはその前の表示板。急行とか指定席なんて小さいのはプラスチックだったな。
さて、そのサボ、うちにも1枚ある。
鉄道グッズを集める趣味はないのだけれど、
昔昔昔、古本屋街をぶらぶらしていたら、ある古本屋さんでこれを見つけたのである。


サボ_convert_20131017220423

その店は鉄道関連が中心の店でも何でもなく、1枚だけ場違いのように置いてあった。
確か3000円くらいだったと思う。
学生だったので、3000円は大金である。
3000円が高いのか安いのかもわからなかったが、迷いはなかった・・・ように思う。
その後、買った鉄道グッズというとつり革くらいか(笑)

ところで、このサボをよく見てみると、
旭川が「ASAHIGAWA」となっている。
旭川市は「あさひかわ」市なのだが、
旭川駅は、長い間「あさひがわ」駅だったんである。
wikiによると、旭川駅は1898年に開業、当時は「あさひかわ」だった。
その後1905年に「あさひがわ」に変更、1988年に再び「あさひかわ」に戻している。
何があったのやら。
サボの時代はまあ1988年以前だろうから、「あさひかわ」サボがあったら貴重品かもしれない。
地名というのはちょっと離れると呼び名も変わるものらしく、
例えば、旭川のそばの大雪山。
「たいせつざん」と「だいせつざん」の2通りが使われている。
どちらが正しいということもないらしい。
そんなもんなんである。






J3

朝方台風が通り過ぎていった。
私の通勤時間にはすでに太陽が顔を出していたので、
いつもより20分程遅くなっただけで会社に到着。
フロアはほぼ無人だったけど。
かすかに虹も見えた。

131016虹_convert_20131016223619

J3申請クラブの審査状況が発表された。
奈良クラブの来季J3は消滅。
鴻ノ池の不備のためとのこと。
ということは、奈良県の姿勢の問題?
大企業が親会社でない場合、県のバックアップがかなり重要である。
奈良クラブ、厳しいかも。

秋桜

台風が接近している。
だからということもないのだけれど、穏やかな写真を。

秋の花といえばコスモス。
日本には江戸時代に入ってきたらしいけれど、桜とつけるということは、
当時の人々にも気に入られていたのだろう。
近所の公園の、白、ピンク、紅のコスモス。
これまた代表的な色である。


13コスモス1_convert_20131015213618

13コスモス2_convert_20131015213636

13コスモス3_convert_20131015213652

最近、画面に太陽を入れることが多くなってきた。
3枚とも原画には太陽が入っている。
雰囲気出すために皆ハイキーにしてみた。

ベラルーシ1-0 日本
さて、協会はどうする?
正直言って無策感。ピクシー?
サッカーといえば、高校生も選手権の予選の真っ最中。
母校はジャイキリを演じて進行中!



三菱石炭鉱業鉄道 


午前中は実に爽やかな散歩日和。
断捨離に励むより近所の公園ということで、ぶらぶら散歩。
あまりに気持ちいいので、被写体探しに身が入らない。
好きなクスノキのところに行くと、先客がおられた。
幹に背中をくっつけてじっとしてされていたのだが、
あれ、何か気落ちよいんである。
今日は先客に十分楽しんでいただくとして、またぶらぶら。
先週はまだツクツクボウシの声が聞こえたのだが、今日は静かだった。
夏の名残のNKG。

夏の名残のNKG_convert_20131014190004

ニイニイゼミの抜け殻には泥がついているのだが、
何故だかはよくわかっていないらしい。
殻に土がつきやすかったりするのか?

10月14日は鉄道記念日。
と記憶しているのがテツOBの証拠か、一般常識の欠如か。
94年からは鉄道の日と称されるようになっている。
この日はいうまでもなく新橋に汽笛一声が響き渡った日。
もっともその年の6月には品川-横浜間で仮営業がスタートしていたのだが。
ということで、鉄道ネタ。

むかし下津井軽便鉄道のモデルである下津井電鉄の下津井駅の入場券が出てきた。
やはりちゃんと訪問していたんである。

下津井入場券_convert_20131014170430

先日北海道の写真をごそごそやっていたら、
三菱石炭鉱業鉄道のものが出てきた。
その名の通り炭鉱のための鉄道で、大夕張炭鉱は既に閉山、
鉄道も短縮され、私が行ってから5年後には廃止された。
初めての北海道だったので、欲張って計画を立てていたのだが、
今にして思うと、ここは最重点訪問地にするべきだった。
客車内にはストーブが焚かれていたらしいのだが、全く憶えていない(泣)
その客車、3軸ボギー車だったらしいのだが、全く憶えていない(泣)
混合列車も運転されていたのだが、全く憶えていない(泣)
南大夕張の町は、独特の雰囲気だったらしいのだが、見ていない(泣)
遠幌の駅舎もユニークだったらしいのだが、見ていない(泣)

JRに接続する駅を除くと2駅しかないのだから、
今の私なら運転本数が少なくても、両駅で降りていただろうな。
ああもったいない(泣)


夕張鉄道2_convert_20131014170628

当時の終点だった南大夕張駅。
そのまま折り返したようで、駅舎の写真も何もない。


夕張鉄道1_convert_20131014170608

清水沢か、南大夕張か不明。

夕張鉄道3_convert_20131014170651

文面はまあ置いといて(笑)、この客車にも達磨ストーブが積んであったはず。

南大夕張入場券_convert_20131014170518

南大夕張ー夕張_convert_20131014170458

今でも残る鉄道趣味というと、切符の収集。
収集というと大げさで、地方鉄道などに乗ったときに、
自分が乗る区間以外の切符を買うくらいである(それでも十分テツか)。
この北海道旅行のときも、とある事情で1日の食費はできれば500円以下だったのだが、
(パンと牛乳と駅そばが主食だった)
入場券などは買っていたようである。

この南大夕張線にはもう一つ、間に遠幌という駅があった。
当時はインターネットなどというものは想像すらできず、
情報収集が難しかったので、果たしてこの駅に駅員さんがいるのかどうかもわからなかった。
それより下車する余裕もない。でも切符は欲しい。
ということで、自分の宛名を書いた封筒に幾ばくかのお金を入れ、
駅員さんに渡して切符を送ってもらおうとした。

かなり想像の域に入ってしまうのだが、
遠幌駅はホームと駅舎が少し離れていた気がする。
ホームと駅舎の間くらいに、駅員さんと思われる人が立っていたような気がする。
確かお姉さんだったような気がする。
というわけで、封筒を託し、そのまま乗ってきた列車に乗り込んだ。

北海道から自宅に帰ると、自分の字で宛名を書いた封筒が来ていた。
中には切符が。
遠幌駅の駅員さん、その節はどうもありがとうございました。


遠幌入場券_convert_20131014170408

遠幌ー南大夕張_convert_20131014170344

天皇杯など

甲府 1-0 湘南
鳥栖 3-1 松本
天皇杯はここまで。
サンターナはPK止めたの?
ハンググギョンはブラジル戦に出た模様。
来季も残ってくれるような(ないだろうけど)チームになろうよ。

セルビア 2-0 日本
横須賀のトンネルの続きを見ていればよかった?
これが途上であるならば、その道に確実にいるのならば、勝敗は関係ない。
さて指揮官はどうする。

広島カープ、ファイナルステージ進出。
かつて私は近鉄ファンだった。であるから、忘れられないチームの一つがカープであり、
忘れられないゲームのひとつが江夏の21球。
日本シリーズで2回負けたからといって、不思議とカープに悪い印象はない。
いいゲームを観せてもらったということか?
球団がなくなってから野球そのものをあまり観なくなってしまった。
クライマックスシリーズには賛否両論がある。
アメリカではポストシーズンなしのプロリーグなど考えられないだろう。
Jリーグも来季から導入されるが、これまたいろんな捉え方がある。
しかし、結局はポストシーズン云々ではなく、いいプレイが観たい! に尽きると思うのだが。
選手たちはどんなレギュレーションになったとしても、
最高のプレイをみせようとしてくれるはずである。

W杯予選も大詰め。
ヨーロッパではポルトガルとフランスの2位が濃厚になった。
この2チームがプレーオフで当たらないことを祈る。


グラス_convert_20131013213350

シャンデリア_convert_20131013213412

今日は職場の若手の結婚式。
実に久しぶりに披露宴というものに出てきた。
お幸せに。

真夏日

今日は最も遅い真夏日だったとか。
都心は31.3℃だったらしい。
湿度はそれほどでもなかったような感覚だったので、
やはり真夏の真夏日とはちょっと違う感じだった。
ということで、少しは涼しげな写真を。


清流1_convert_20131012190138

先日ちょっと山の方に行ってきた。
清流である。

tgー2を持っていったのだが、これ、防水カメラなんである。
しかし、今まで一度も水に浸けたことがない。
折角なので浸けてみることにした。
(同じ川だけど同じ場所ではない。同じ場所でやればよかった)


清流2_convert_20131012190159

清流3_convert_20131012190222

清流4_convert_20131012190242



第9回軽便鉄道模型祭 その5 むかし下津井軽便鉄道(2)

むかし下津井軽便鉄道、線路周りだけではない。
なあつくりこんであること!


13軽便29_convert_20131011075426

13軽便30_convert_20131011075449

琴瀬駅。下津井電鉄には琴海という駅があった模様。憶えてないけど。

13軽便27_convert_20131011075348

よく見ると駅の中には親子の姿が。

13軽便28_convert_20131011075409

どこに出かけるのだろう。

13軽便34_convert_20131011223419

13軽便31_convert_20131011222844

13軽便35_convert_20131011223436

パチンコ屋。フィーバー音まで鳴るようになっていた。

13軽便36_convert_20131011224101

出てます?

朝顔の絡まる駅前旅館には・・・

13軽便32_convert_20131011223311

露天風呂まで。

13軽便39_convert_20131011224323

瀬戸内海らしく漁を待つ船も。

13軽便37_convert_20131011224235

13軽便38_convert_20131011224259

自動車修理工場では、

13軽便33_convert_20131011223333

休憩する人たちが。
息づく町。

さて、どうしよう緑と青鉄道。



第9回軽便鉄道模型祭 その4 むかし下津井軽便鉄道(1)

今日は、磯野さんという方が製作した「むかし下津井軽便鉄道」。
圧巻のレイアウトである。
実は緑と青鉄道、HOナローに進もうかとも思っていたのだけれど、
これを見たら、ここまでできないと反対に打ちのめされてしまった。
写真撮ってる方がいい!
すっかりここで足止めされてしまい、もう一つの部屋に行きそびれてしまった。
凄いんである。

モチーフになっているのはかつて岡山県を走っていた下津井電鉄。
大昔、乗ったことがある。証拠写真はないんだけど。


13軽便19_convert_20131010231142

13軽便20_convert_20131010231204

13軽便26_convert_20131010231510

13軽便22_convert_20131010231302

13軽便23_convert_20131010231335

13軽便21_convert_20131010231232

子どもがいい感じ。

13軽便24_convert_20131010231410

13軽便25_convert_20131010231441

母娘(?)もいい感じ。
次回最終回。





第9回軽便鉄道模型祭 その3 KBMC&ONMC

引き続き軽便モジュール倶楽部さん。
気がつくと、レンズは車両からシーナリィに向いていく。
最早街の散歩をしている感覚である。


13軽便6_convert_20131009225739

13軽便7_convert_20131009225757

13軽便11_convert_20131009225822

次はOナローモジュールクラブ(?)さん。
0番ゲージなので1/45、ナローゲージなので軌間は多分16.5mm。
大きいのでリアル感が出せるということで、難度が高いかも。


13軽便16_convert_20131009230029

13軽便15_convert_20131009230003

13軽便14_convert_20131009225943

13軽便18_convert_20131009230103

やはりだんだん車両がボケてくる。

13軽便12_convert_20131009225847

13軽便13_convert_20131009225915

夕陽風の灯りは車両のヘッドライトである。

13軽便17_convert_20131009230047

さらに続く。




第9回軽便鉄道模型祭 その2

昨日の貼り忘れ。

13軽便10_convert_20131008224842

これはtg−2。100macroでは撮れない。
ただ、マニュアルでピント合わせるのが面倒。
ということで、次は1眼+広角も持っていこう。

ここからは軽便モジュールクラブのレイアウト。


13軽便4_convert_20131008224630

どこかで見たことがあるような風景。

13軽便9_convert_20131008224821

手前の女の子にピントを合わせたつもりが、残念。
今回はまあ雰囲気を味わっていただくということで、残念な写真も結構掲載してしまう。


13軽便5_convert_20131008224648

これも新聞の勧誘員? さんにピントを合わせたつもりの残念な写真。

13軽便8_convert_20131008224801

バックの建物の2階には、何をしているのかわからないけど人がいる。
実に細かい作りである。
電車はだんだんアウトフォーカス度が増し、ゆる鉄系の写真になってきた。
続く。













第9回軽便鉄道模型祭 その1

昨日、軽便鉄道模型祭に行ってきた。
だんだん、レイアウトの写真を撮るのが目的になりつつある。
ということで、昨年に続き、EOS7D+100macro。


13軽便1_convert_20131007230811

13軽便2_convert_20131007230829

なぜマクロにしているかというと、背景があまりない場合、ぼかしてしまえということなのだが、
昨年も気づいていたとはいうものの、
室内なので明るいとはいえず、どうしても絞りは開き気味。ピントの合う範囲が薄い。
私のいかれた目では、なかなかジャストで合わせられないのである。
かといってAFだけでは合わせたいところになかなか合わない。
そう簡単にはいかないんである。


13軽便3_convert_20131007230846

右下の勾配標にピントを合わせようとしたのだが、これまた私の腕では難しい。
線路を見ると、ピントの合う範囲が狭いのがわかる。
これでは何を撮ったのかわかりにくいっていうのも課題である。
来年はレンズも変えてみよう。
しばらく軽便鉄道模型祭続く。

レスリング

昨日、レスリングを見てきた。
今、東京国体の真っ最中。地元でやっているのだから何か見にいこうと思っていたのだが、
なかなか都合が合わず、昨日のレスリングになった次第。もちろん初見である。

会場は文京スポーツセンター。競技開始直後には会場入りしたのだが、既に満席、
レスリングの人気を実感させられた。
(柔道は武道館だから比べるのは酷だけど)
ということで、マット脇の通路の端っこで見ていた。
選手や関係者が通るので写真は撮りにくいのだが、
目の前で試合が行われている臨場感は凄かった。
私の前で、試合を終えた選手が次の試合を見ていたのだが、
盛り上がった僧帽筋の上で、汗の玉がどんどん膨らんでくる。
もう自分の身体が恥ずかしい。
このままではいけないと一応元スプリンターの本能が反応するのだが、
身体は動かない。というか、動こうとしない。
悔しかったらジョギングくらい行けよってなもんだが、
昨日今日とJ'goal とジオラマしか見ていない。いつの日か腹筋は割れるのだろうか。


東京国体レスリング1_convert_20131006200106

確かに観客席は多くない。


東京国体レスリング2_convert_20131006200125

東京国体レスリング3_convert_20131006200149

岐阜 1-2 松本
岩上1ゴール!
G大阪と神戸には負けないでいただきたいのだが、両チームとも敗戦し、
プレーオフ進出をめぐる争いは熾烈になった。
次の神戸がポイントかも。






負けない

東京は午後になっても細かい雨が降り続き、気温も低かったので参戦を断念。
オークションにも入札したかったのだけど。

勝てないのだが、前向きに負けないとしておこう。
湘南 1-1 名古屋
残りのカードをみると、もっとも勝ち点3に近そうな相手が
今日の名古屋だったのだが。

大分の降格が決定。
債務超過が解消されていない厳しい状況でのシーズンだったので、
似たような経営規模のチームとしては残念ではある。
監督は田坂氏だしなあ。
まあ、よそ様を見ている余裕はないのであるから、
次戦こそ(セレッソだけど)Get 3!

この方達も緑と青。


リトルグリーンメン_convert_20131005200551

監督

ピクシー退任。
6年間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
って、これは次期日本代表監督就任への布石?

ピクシーといえば、あの革靴ゴール。生で見させてもらった。
すごかった。

プロチームである以上、優勝を目指すのは当然だが、
現実には目指せるチームとそうでないチームがある。
例えば今年の湘南はといえば、シーズン前、監督は3位を目指すと言ったが、
これは社交辞令のようなもの。
サポーターの誰が本気で3位を目指していると思ったろう。
だから、チームが目指すところから遠く離れてしまうと、
監督をかえるということになるのだろう。
その点、名古屋というチーム、ストイコビッチという人物、
難しい判断だった気がする。

監督の仕事というのは、オーナー監督でもない限り、
自ら辞めるべきものではないと思う。
辞めるというのは、途中で投げ出すことだ。
責任を取るなんてとんでもない思い上がりだと思うのだが。
かつてテレビで「投げたらあかん」と言っていた人物が、
その年のシーズン途中で監督を辞任したことがあった。
何があったのか本当の事情は関係者しか知りようがないが、
ずいぶんがっかりしたのを憶えている。

さて湘南の監督は、しばらくチョウさんでよいのでは。


風船_convert_20131004233643

体重

1年振りに体重計に乗ってみたら、4kg増えてた。
まづい。
体育会系強化は全くできていないようである。
来週の健康診断は泣くとして、
あと5,6kg減らさないと、スタートラインには立てねぇ(泣)


130921クスノキ_convert_20131003225336

台風が関東地方の沖を通り過ぎると、
晴れ間が出だした夕方には大きな虹が現れた。


131002虹1_convert_20131002225833

室内から撮ったので、照明などの映り込みがたくさん。

131002虹2_convert_20131002225859

2重の虹だった。
ちなみに副虹は、色の並びが逆。


花の形

秋の花も盛りになってきた。
ちょっと注目してみると、変わった形の花が多いのに気づく。


130921ツユクサ_convert_20130930224156

見慣れたツユクサも、よく見るとなかなか。

130921ツリフネソウ_convert_20130930224241

ツリフネソウ。よく蜜がたまる花で、ハチなどが集まるらしい。
蜜がたまるというのが、花の根元の渦巻き状のところらしい。


130921ツリフネソウ2_convert_20130930230631

アリが集まっているので、渦巻きを噛み破ったのか?

130921ヤマホトトギス1_convert_20130930224219

ヤマホトトギス。なぜこの形?





時間
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR