FC2ブログ

葉牡丹

近所の公園その2には、小さな花壇がいくつかある。
多分ボランティアの方々が世話をしているのだろうが、
熱心な方々らしく、植え替えが頻繁にある。
確かに公園の花壇だと、花を愛でるというか、
色とりどりの花で行き交う人々を癒すというのが役割だんだろうから、
花が終わったら植え替えられていくのは仕方がないことともいえる。
花が咲いたら実も見たいなどと思うのはごく少数派なのだろう。

ということで葉牡丹。
こちらは葉を鑑賞する植物である。
鮮やかな紫や美しいグラデーションはお見事としか言いようがない。
見かけのとおりキャベツと同じ仲間で、
もともとは食用にもされたというのをどこかで読んだ気もするが、定かではない。
しかし、その美しい葉を鑑賞するための植物という位置づけは間違いないところだ。

近所の公園その2にも今、葉牡丹が植えられている。
で、私は花が見たい。
アブラナ科の植物によくある黄色い花をつけるらしいのだが、
これはこれで、なかなかいけてるのではないかと思うんである。
花茎が伸びる前に植え替えられたら、
今年は葉牡丹を植木鉢にでも植えてみたいと思う。


1402葉牡丹?_convert_20140228222902

週末はまたこんな姿になるんだろうか!?
スポンサーサイト



夏みかん

そういえば夏みかんって食べなくなったなあ。
夏に食べてたんだろうけど、そんな記憶もあいまいである。
夏みかんといえば、山口。
昔、秋に萩に行ったことがある。
街には夏みかんと思われる木がたくさんあって、実もたくさん付いていたのだが、
みんな緑色だった。
秋で緑色で何で夏みかん?
と思って調べてみると、夏みかんが色づくのはふつうのみかんと同じ冬なんだとか。
ただ、色づきたては酸っぱくて食べられるものではないらしい。
で、そのまま枝につけておくか、収穫して保存しておく(何か施すのかどうかはわからないが)。
すると、翌初夏には甘くなってくるとのこと。

近所の公園にも夏みかんと思われる木がある。
ちょっと前までそれなりに実がついていたような気がするのだが、
先日見るとだいぶ少なくなっていた。


1402ナツミカン1_convert_20140227230430

鳥もつついているようである。
鳥は酸っぱさというのはあまり感じないんだろうか。


1402ナツミカン2_convert_20140227230450

使わない言葉

すわ、一大事!!
と書いたが、えらいことが起きたわけではない。
この「すわ」、活字では見ないこともない表現だけど、
実際に耳にすることはあまりないなあと思ったんである。
少なくとも、私は聞いたことがない。
などとネタに困っているんである。とほほ・・・
「とほほ」もまた活字では見るけど音声ではあまり聞かない言葉だ。
てへ、8行も稼いじまった。
最近でこそ「てへぺろ」などと言う方々が現れたりしているが、
これもまああまり耳にしない。

もともと音声にはしなかったんだろうなというような
(実際は知らないが)言葉もある。
「ぎゃふん」と言わせてやるぜ。
「ぐう」の音も出ねえ。
とか。

単に古い言葉だからなのか、
活字の中だけで生きてきた言葉なのか、どうなんだろう。
ひでぶ。


何匹?_convert_20131110205825

おっとどっこい(ちょっと違うな)、何匹いるんでい。

密室の失せ物

先日読んだミステリの短編の話。
端的に言うと、密室の失せ物の話である。
結末がわからないように書くと、さて、どこにいったのでしょうということになる。
こう書くと、ごくありきたりのストーリーになってしまうのだが、設定がすごい。

おっさんたちのオフ会に新しい、若いメンバがやってくる。
とあるレストランの個室に集まって料理が並べられると、部屋の鍵が閉められる。
すると、おっさんたちはおもむろにシャツを脱ぎだす。
⎯⎯⎯⎯⎯⎯⎯⎯おっさんたち全員の胸にはブラジャーがあったのである。
オフ会はブラジャー愛好男たちのもので、自慢の品の披露の場でもあった。
そこに一人のふくよかなおっさんが特注のブラジャーを持参していた。
美しい鉄製のブラジャーで、継ぎ目もわからないような精巧なつくりで、鍵がないととれないという。
その鍵がなくなったのだった。

想像したくはないがビジュアルな小説(笑)
この短編は「鍵」をテーマに依頼されたものとのことだが、
そこからこんな設定になるとはさすがプロである。
この話は、倉知淳「Aカップの男たち」。
披露の場がクライマックスのような感もある(それではいかんのか)ので、
どうせなら、タイトルにAカップなんて入れなければいいのになどと思ってしまった。


1402木_convert_20140214213912

メジロも

大雪の前の河津桜には来てなかったような気がするが、
昨日はメジロが来ていた。


140223メジロ2_convert_20140223210308

140223メジロ3_convert_20140223210331

たまに鳥を撮ると、どうもカメラ目線っぽい画が撮れたりする。

140223メジロ1_convert_20140223203630

しかし、身軽。
腹筋も強そう(笑)


河津桜?

2週続いた大雪の前にちらほら咲き始めた河津桜(多分)の様子を見に、
近所の公園まで散歩してきた。


1402残雪_convert_20140223184628

街中ではほとんど消えた雪だけど、公園の日陰はまだこんな感じ。
多分雪の重みなのだろう、結構な太さの枝も折れて落ちていたりしていた。
桜はというと、


140223河津桜3st_convert_20140223184651

5分咲きといったところか。
たまに日が射すくらいの天気だったので、かなりのハイキーで撮ってみた。


140223河津桜2_convert_20140223184848

140223河津桜1_convert_20140223184712




いよいよ

蹴球の季節。
先日はJ1〜J3の51チームが集まったキックオフカンファレンス(見てないけど)。
今日はゼロックス杯(見てないけど)。
いよいよサッカーの季節がやってきた感がある。
うちにもシーチケがやってきた。
ユニフォームもやってきた。
そして今日はベルマーレワンダーランド(行けなかったけど)。
不安を抱えつつ、待ち遠しい、何とも言えん時期でもある。

今年のユニフォームを着てみると、昨年よりは例年よりややタイト。
絞れってことですね。了解です。
胸のごわごわ感がない。スポンサーロゴが圧着からプリントになったんである。
早期決定のおかげですね。ありがとうございます、トライテラス様。


14ユニフォーム1st_convert_20140222202535

こうして見ると、脇の青は要らないような気がする(爆)

オリンピックは選手のもの

オリンピックは選手のものだ。
なぜ人がスポーツをするのかというと、
それはスポーツに限ったことではなく、
やはり極めたくなるのが人間の性だからという気がする。
だから、選手は速く滑りたい、遠くへ飛びたい、と練習するわけだ。
これが根本だと思う。
最近選手はよく、「見ている人を喜ばせたい、感動を与えたい」と言う。
そんなことは言わんでいいと思うのだが。
そのためにやっているんじゃないだろ、
速く滑りたいんだろ、
と思ってしまう。
そのために突き進んでいく選手の姿はいいものなので、
結果として見ている人が感動するんである。
人を感動させるためにやってるわけじゃあないだろ。
ほとんどの選手は観客がいなくても競技するはずだし、
オリンピックを目指すはずだ。
だから、自分の為だけに、極めるために競技していただきたいと思う。
それが、競技する環境を整えてくれたまわりの人たちへの責任でもあると思う。
某国の組織委員会会長には潔く辞めていただきたいものである。


DSC00782_convert_20140220225211.jpg

ボブスレーなど

葛西選手が2位。
全く頭が下がる成績である。
どうなっているんだろう、この人のカラダは(笑)

昨晩はボブスレーを見ようと思っていたのだが、
残念ながらぼんやりした記憶しかない。
なぜボブスレーなのかというと、
ブレーカーの3人は皆、元スプリンターだからだったりする。
特に2人乗りにも出場する宮崎選手は、
世界選手権出場経験を持つトップアスリートだった。
サングラスが非常に目立っていた選手だったけど(笑)

2人乗りの第1日は苦戦しているが、そりに何だか違和感が(笑)
ビアンキがスポンサーなのかという色もそうなのだが、
うすぼんやりした記憶の中では、最新型という印象がない。
お金がない団体なので、最新型ではないはずだが、それにしてもという感じ。
2日目も4人乗りも残っているので、がんばっていただきたい。

ところで、オリンピックを見ているとときどきはっとする。
何かと思ったらスロベニアなのだった。
ユニフォームやらコートやらに黄緑が入ってる。
黄緑×青(というより水色か)もあったりする。
何となくスロベニアに親近感すら覚えるのであった。


長い影_convert_20140201202458

久々のレールバス

折角雪があるのだから、雪景色を撮らねばなるまい。
ということで、久々にレールバスを引っ張り出した。
このレールバス、南部縦貫鉄道タイプだから、
本モノは雪の中を走ることはざらだったはずである。
心なしかレールバスも嬉し・・・そんなわけはない。


1402レールバス1_convert_20140216180308

1402レールバス2_convert_20140216180328

大雪である。
パウダースノーならもうちょっと感じが出るんだろうか。
こんな大雪なら除雪をせねばなるまい。
ということで、徹夜で作業をしてもらうことにした。


1402除雪_convert_20140216180350



スケルトン

ソチも大詰めになってきた。
男子フィギュアでは羽生選手が優勝。おめでとうございます。
でも例によって採点競技には興味がないので、中継も録画も見ていない。
(ニュースのダイジェスト映像は見たけど)

そんな中、スケルトンも始まった。
まあ、凄い競技である。
子どものころ、滑り台を頭から滑り降りたことはあるので、
ヒトの本能には逆らってはいないような気はする。
やりたくはないけど(笑)

ところでこのスケルトンで、気になることがひとつある。
冬期オリンピックの中では、ボブスレーの中の競技種目になっているんである。
(JOCのホームページ)
なぜリュージュではなくボブスレー?
どうみてもリュージュの方に近いのだが。
リュージュは木のそりの意味だそうだが、今はそんなことはあるまい。
やはり、大人の事情なのか?

今日も所用でちょっとだけ出かけた。
東京っぽくない風景である。


140215代々木

こういうときには山靴(笑)

モンベル靴

今週もモンベルのゴアテックスブーツ。
これならびちゃびちゃの雪でも気にしないで歩いていける。
最近山に行ってないので近所の公園と近所の公園で出番がやってきた。
今年はすでに2回。次は山がよいのだけれど(笑)

また雪

今日は朝から雪。
先週ほどではないにしてもなかなかの雪である。
まあ、明日は土曜なので、凍結した路面を歩いて出勤しなくてもよいのが救いか。


140214_convert_20140214225130.jpg

いつものブツ撮りテーブルも雪に埋もれている。先週の方が凄かったけど。
いちおう黒プラ板に雪を乗せてみたけれど、
水分が多いのか、気温が高いのか、結晶の形をしていないしすぐ融けた。
ちょっとほっとしてたりして。

今日は緑と青チームがトルコから帰ってくる予定の日。
ちゃんと着いたのだろうか。

雪が降ると、雪の結晶も撮ってみたくなるものである。
今まで一度も試したことがないのだが、寒いし、寒いし。
寒いのは変わらないのだが、今年はTG−2がある。
TG−2はマクロが強い。水にも強い。これは試さずにはいられないだろう。

どうやって撮ろうか考えたのだが、
今回は単純に黒いものの上に落ちてくる雪を乗せて撮ることにした。
黒いものには、紙、布(帆布)、プラ板を使ってみた。
結論からいうと、どれも今ひとつ。
帆布が融けにくかったのだが、繊維が美しくない。
その点プラ板は良いのだが融けやすい。

つまり、気温が高いのだということにしておく。
落ちてくる雪もいい形のものが少なかったし、
薄い、いい感じのものはすぐ融けるんである。

これはもっと寒いところで撮るしかないな、とは思うのだが、
もっと寒いところで果たして写真を撮ろうという気になるかどうかは
はなはだ疑問ではある。


1402雪結晶6

1402雪結晶4

1402雪結晶1

1402雪結晶2

1402雪結晶5

1402雪結晶3





夕鐘

先日、友人が主催した小さな写真コンテストに参加した。
彼が友人から集めた写真を某所に展示したんである。
通りがかりの方も入れるところで、好きな写真に投票してもらった。
10点あまりの参加だったのだけれど、思いがけなく票をいただき、
賞品まで貰ってしまった。


1402写真賞品_convert_20140211161153

賞品などいただいたのは久しぶりだなあと思い返してみると、
そんなことはほとんどないので、覚えているもんである。

昔昔、スポーツクラブのボウリング大会で思いがけず優勝してしまい、
マウンテンバイクを貰ったことがあった。
そこからずーっと遡って、陸上の大会でトレーニングシューズを貰ったことがあった。
その2つくらいだから、すべて筋肉系である。
まさか文科系で賞品をいただくとは(笑)

さて、その写真コンテストのテーマが「音」だった。
なかなか難しいお題である。
結局こじつけになったので、タイトルを音のする「夕鐘」にしてみた(笑)
聞こえる?


夕鐘_convert_20140211161249


雪でも鳥は

もう少し続く雪シリーズ。
雪の重みなのか結構強かった風のせいなのか、
地面にはいつもより木の実やら種やらが落ちているらしい。
小鳥が盛んに地面をつついていた。
ゆっくり食事をさせてあげたかったのだが、私もそこを通りたい。
こんな調子ならあちこちで種も落ちているだろうということで、
小鳥の群れに近づいていった。
当然ながら、名前が判明しそうな距離まで近づく前に飛び立ってしまった。
もっとも近づいたところで名前が分かるわけなどないのだが。


1402雪の鳥1_convert_20140210225133

しかし、1羽だけ飛び立たなかった猛者がいた。

1402雪の鳥2_convert_20140210225156

名前が判明しそうなところまで近づいても逃げなかったのは、
カワラバトである。これなら分かる(笑)


1402雪の鳥3_convert_20140210225213

これはカモが泳いだあと。このくらいの寒さは全く問題無さそうである。
水は0℃以下にはならないけど。

ソチオリンピックも始まり、
ニュースの冒頭はだいたいオリンピック絡みだったりする。
しかし、そろそろメダルメダルと連呼するのは控えたりしないものなのだろうか。
日本人がメダルを獲れば、そりゃ盛り上がるし嬉しいけれど、
トップレベルのパフォーマンスが見られるのがオリンピック。
もう少し競技を見るという姿勢にはならないものなのか。

どこの国でもやはりまずメダル争いなんだろうか。

大雪翌日

昨日の雪は、都心で25cm。20cm以上の積雪は20年ぶりとか。
ただ、夜になってから気温も下がらなかったらしく、
朝になると結構融けていたのは幸いだった。
久しぶりの大雪で週末とくれば、写真を撮らねば。
ということでいつもの近所の公園に出かけたが、なかなかいい絵は撮れないのだった。


1402雪翌日1_convert_20140209114545

1402雪翌日3_convert_20140209114623

1402雪翌日2_convert_20140209114606

1402雪翌日4_convert_20140209114649

白に黄緑(笑)
最近湘南のアウェイユニ(たすきパターンは好きではないのだが)がよく見えてきた(笑)
これが一番良かったかな。


1402雪だるま_convert_20140209114517




今日は朝から大雪警報。
都心では16年ぶりの2ケタ積雪とか。
明日は日曜だからよいとして、月曜日朝の路面が今から心配である。


140208雪3_convert_20140208171107

140208雪2_convert_20140208171049

もちろん近所の道である。
こっちの方が良いか。


140208雪1_convert_20140208171030

平塚も多分大雪で、停電もしたらしい。
折角来ていただいたのに、福島ユナイテッドのキャンプはしんどいなあ。
湘南はトルコで順調な様子。
ただし、マスコット総選挙でベル爺は苦戦中である。涙で枕を濡らしているんだとか。

先日2013年Jリーグスタジアム観戦者調査の結果が明らかになった。
Jリーグとコミュニティ。Jのチームがいかに地域に密着、貢献しているかというようなことである。
湘南は8位以下(不明)。松本は4位。
男女比で男率が一番高いのが、何と湘南で75.8%。私も貢献している(笑)
新規層入場者は少ない方から4番。
平均観戦歴は13.2年で2番目に長い。
私も最初の観戦がいつだったか覚えていないが、18,9年はたっているはず。
などなど、クラブとしての課題も見えてくるんだろうな。




2014年ユニフォーム J2

2014年ユニフォームJ2編。
胸が寂しいチームがいくつかあるけれど、とりあえずユニフォームということで。
J1と比べると緑系が多い。富山まで・・・
でもこの富山の黄緑の使い方は良いかも。

客観的に見て(本当か?)、湘南はなかなかだと思うのだが、いかが。


2014ユニJ2−1_convert_20140207225713
2014ユニJ2−2_convert_20140207225733

2014ユニフォーム J1

Jリーグの今年のユニフォームを比べてみた。
各チームのホームページから画像を拝借しているので、
イラストだったり、写真だったり、解像度もまちまちで、
見やすくはないが、まあ雰囲気はわかるかな。

まずJ1。う〜〜ん。
今年は何だか今イチな気がする。
スポンサーのロゴは置いとくと、今年は変にいじったものより、
シンプルなものの方がいいような。


2014ユニJ1−1_convert_20140206233818
2014ユニJ1−2*_convert_20140206233851

ぶれないG大阪はいいんだけど見飽きた。
C大阪はシンプルすぎるくらいだけれど、これくらいでよいのかも。
パンツとの組み合わせが良いなあ。

J2はまだ公開されていないチームと、
スポンサーが未定で胸が寂しいチームがぱらぱら。
うちも例年はそうだったのに、今年はフルに入っていただいて、
トライテラス様をはじめスポンサー様方、ありがとうございます。
今後ともよろしく願いします。

サクラ

ぼちぼちサクラ? も咲き出した。
近所の公園でも、カワヅザクラ? のような気がする花がちらほら。
小花柄がちょっと短い気がするけれど、何となくサクラっぽい気がする。


1402カワヅザクラ?_convert_20140202171331

ほとんどの枝はまだこんな感じだけれど。

1402カワヅザクラ?2_convert_20140202171308

今日は本当に寒かった。
そんな中、古い友人に久しぶりに会った。
かつて同じ釜の飯を食った(古っ)友人である。
ちょっと暖かくなったのだが、店を出るとやっぱり寒かった。
ぶるぶる。


立春

昨日と打って変わって気温がどんどん下がった今日は立春。
午後には雪まで降り出した。
一時は吹雪のように雪が舞ったけど、幸い夜になって止んでくれた。


14立春_convert_20140204220917

立春は暦の上では春のはじまりとなっているけれど、
昼と夜の時間が同じの春分(春の真ん中)と、最も夜の長い冬至(冬の真ん中)のちょうど中間
というのが立春。で、立春から立夏までが春ということである。
いちばん暑いのが夏至ではないのは、正午が1日の最高気温を記録しないのとまあ同じ。
ちなみに西洋では春分から夏至までが春らしく、
気象庁では3〜5月を春としている。

何ていっても昨日まで大寒。寒さ真っ只中なのは間違いない。
寒いと走れないというわけではないんだけど・・・

節分

今日は大寒の最終日だが、いやにぬるい節分だった。
大寒は24節気の24番目だから、今日が大晦日ともいえる?

節分は、文字通り季節の分かれ目。
だから四季の分かれ目にあるのだが、
やはり春夏秋冬の最初の、立春の前日が目立つ。

節分=2月3日というのもずっと決まりというわけではないらしい。
1年が365日ジャストではないからそれはそうである。


14節分_convert_20140203215354

春霞のような節分の朝だった。

そういえば、今年はまだ走っていなかった。
昨日、今日と暖かいという予報だったので、ようやく始動。
昨日は足慣らし、今日は17℃になるっていうんで少しはちゃんと走ろうかと思っていたら、
今日は午前中はどんよりでパラパラ雨まで落ちてくる始末。
ということで、いつもの豆屋さんでニカラグアの豆を買い、
午後はトップリーグの準決勝(ラグビー)などをテレビで観戦し、ココアでまったり。
腹がへこむわけがない。

サントリーvs神戸製鋼は拮抗した好ゲーム。
一度逆転した神戸製鋼のトライなどため息。
相手のディフェンスがなかなか破れないとみるや、ゴロパント。
しかも絶妙。余裕がないとできないだろうな。

昨日は始動ということで、カメラを持ってwalk&jog。
写真撮ってる時間もそれなりで1時間15分ほど。これは、散歩と言ったほうが良いか(笑)


1402芽1_convert_20140202163913

1402芽2_convert_20140202163935

1402芽3_convert_20140202163950

1402芽4_convert_20140202164007

1402芽5_convert_20140202164022

1402芽6_convert_20140202164141

名前は不明。花になるものも葉になるものもあるはず。最後は多分ウメ。

別大マラソンの放送を途中でちらと見てみたら、出てないはずの顔が。
先頭近くにいるのにアナウンサーが全然触れない。
うとうとしてたらいなくなったので、脱落したのかと思い、
結果を見て見たが名前が載っていない。
ひょっとしてと思って探してみると、ペースメーカのところに名前があった。
上野裕一郎。そろそろマラソンですか。







引退

新谷仁美引退。
日本の女子長距離選手の中では、福士と2人だけ次元が違った。
他の日本人選手とのレースでは、勝負を考える必要はなかったように見えるほど抜けていた。
誰かの後ろについたり牽制したりなどというそぶりを見せなかった日本選手権など、
実に気持ちのよい走りだった。
後輩たちにもやるべきレースを見せてくれたはずである。

走る走らないは本人が決めること。今後どういう道に進むのかわからないけれど、
期待しております。


14走る2_convert_20140201212016

14走る1_convert_20140201211951

2枚とも新谷ではないのだけれど(既出か?)

伊藤友里さんも卒業ですか。
今日はJ1の話だったので、回想シーンでベル爺といっしょのシーンが流れたのみ(笑)
そういえば、去年は三ツ沢では目の前で取材してたなあ。お疲れさまでした。


時間
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR