FC2ブログ

おはじき?

1606ハスの葉の水玉1_convert_20160628225829

ガラスのおはじきにも見えなくはない。

1606ハスの葉の水玉2_convert_20160628225855

ハスの葉に乗った水滴である。
ハスの葉は「ぬれ」にくい。
水は丸くなりやすい。
ということで、ハスの葉の上には大きな水滴がよく乗っている。

スポンサーサイト



新王者

陸上競技の日本選手権に行ってきた。
福島の日本新記録や地元愛知出身の鈴木亜由子の活躍以外にも
見応えのある競技が続く良い大会だった。
そんな中、ケンブリッジ飛鳥が日本一速い男に。
一歩ずつ進んできた感じで、ステップアップはまだ続きそうである。
代表に選ばれた選手の皆さんの活躍を願っています。


1606新王者_convert_20160627225831

ガラモン

1605ガラモン1_convert_20160621224854
1605ガラモン2_convert_20160621224915


紫陽花

昨日は所用もあったので、平塚には行かずスカッシュの練習。
ちょうど時間が被ったので、黄緑の6番を着てコートに。
今まではスカパーオンデマンドもつけて始終チェックしていたのだけれど、
今回はスカッシュに専念。こっちの出来は最低だったのだけれど、

湘南 1-0 磐田

ゲームは支配されていたけれど、この状況では結果も欲しいということで、良し。


1606アジサイ4_convert_20160619181323

地味な花はガクアジサイ系の両性花。

1606アジサイ5_convert_20160619181356

こちらが装飾花(同じ株ではなかったかも)。

1606アジサイ1_convert_20160619181113

この装飾花だけの紫陽花はガクアジサイからつくられたもの。
最近はいろいろな紫陽花が見られて楽しい。
(アイツも見なくなったし)


1606アジサイ3_convert_20160619181251

1606アジサイ2_convert_20160619181218








ハス

ハスの花も咲き始めている。
ハスという花、なかなかユニークな花である。
開花期間は3日。
1日目の夜になると花びらは閉じ、
2日目の夜は半分ほど閉じ、
3日目は閉じずに散っていくらしい。
花が終わって種子が熟すと、花茎は曲がって先は水中に潜り、
種子が落ちていくらしい。


1606ハスの花_convert_20160617232057

中央は花托とか花床と呼ばれる部分で、上面に見えるのが雌しべの柱頭。
少し黒っぽくなっているので、受粉は済んでいるかも。
周囲にあるのがおしべである。

ヨット

1606ヨット_convert_20160616073241

吹田スタジアム

いいなあ、吹田スタジアム。

いろんな思惑から結構高い指定席を購入。


1606吹田スタ1_convert_20160613232755

土曜はなかなか暑かったので、ハーフタイムは冷房の入ったラウンジで涼むという贅沢さ。
ここに自販機でもあれば言うことなかったんだけど。


1606吹田スタ2_convert_20160613232818

フィールドも見やすく、ガンバのゴールに届くぽっかり空いた道まで見えるという(笑)

G大阪 3-3 湘南

去年は1点も取れなかったので、まあ、前進か。
それにしてもいいなあ、吹田スタジアム。

福は無為に生ず

福は無為に生ず

福助のガチャガチャをやったら出てきた福助に書いてあった。
そうだ。欲をかいてはいけない。
謙虚な気持ちで、素晴らしいスタジアムを味わってこよう。


16福助_convert_20160608214415

品川神社例大祭

週末品川神社の例大祭を見てきた。
メインの階段登りの次の日である。
東海道品川宿の界隈は大にぎわいだった。


1606祭り1_convert_20160608212118

1606祭り4_convert_20160608212258

1606祭り2_convert_20160608212219

1606祭り3_convert_20160608212150



梅雨

関東地方も今週梅雨入り。
私は梅雨とセットで語られることが多いあの生き物がどうも苦手、
というか、怖い。
幼少時代のほとんどを奈良で過ごしたのだが、
近所にアレはそこらじゅうにいた。
それこそこの時期、アジサイの木にはたいていいたものである。
そのころは全く抵抗がなかったのだが。

その後東京に出てくると(多摩地区だったけれど)、ほとんど目にしなくなった。
いつだったか、久しぶりに出合ったとき、鳥肌が立った。
二度目に出合ったときには、自然に走り出していた。
逃げたんである(笑)。
出合わなかった年月で私に何が起こったのか、自分でもわからない(笑)
幸い、東京あたりではほとんど見かけないので平和な時間を過ごしている。

以前、伊勢湾に浮かぶ神島に行ったことがある。
三島由紀夫の潮騒のモデルになった島で、
この火を飛び越えてこいの監的哨跡に行ったら、
大勢のアレ様がいらした。
カルシウムの補給中だったのだろうか。
失神しそうになった記憶がある。


1606ヤツデ_convert_20160607210435

雨の雫が乗ったヤツデの葉を裏から撮ってみた。
こんなときはすごく寄れるTG-3が有り難い。
去年出たTG-4は見送ったのだが、TG-5は今年は出ないようである。
どんな進化を見せてくれるのか楽しみにしていたのになあ。

お裾分け

クローバー橋をくぐって、90°曲がると釣りをしているおじさんがいた。
しかし、おじさんより先に目に飛び込んで来たのは、なかなかのサイズの鳥だった。


1605お裾分け待ち?_convert_20160606221154

多分アオサギ。
道のまん中編でおじさんを見守るように立っている。
まるで、釣れたらお裾分けしてもらう約束でもできているように。
そのまま歩くと飛んでいってしまうんだろうなと思いつつも、
近道なのでそのまま進んだ。
アオサギは道を空けてくれたものの、飛び立つ気配はない。


1605お裾分け2_convert_20160606221231

1人と1羽を通り過ぎ振り返ると、アオサギは川辺に近寄り、
釣り糸の先を確認しているようでもある。
アオサギとおじさんは友だちなんだろうか。
もう少し見ていたかったが、待ち合わせしていたので、
仕方なく歩を進めた。

川の交差点

先日古い友人と会うため、江東区方面に出かけた。
少し早めに家を出て、錦糸町で電車を降り、
猿江恩賜公園をブラブラする。


1605猿江恩賜公園_convert_20160605220136

ポプラは絵になる木だなあ。
待ち合わせは住吉方面なので、公園から横十間川に沿って南下する。
横十間川は江戸時代に掘られた運河で、
しばらく歩くと小名木川と交差する。
こちらも運河なのでまさに直交。
横十間川を流れてきた水の何割くらいがそのまま直進するんだろう。
などとつまらぬことを思う上にはクローバー橋。
川が「+」とするとこの橋は「X」。
高いところからでないと写真は撮りにくい橋である。


1605クローバー橋_convert_20160605220218

今度は小名木川に沿って歩き出すと・・・

兵馬俑より

もう半年前になるのか。

1601兵馬俑_convert_20160604183330

国立博物館でやっていた「始皇帝と大兵馬俑」展。
これが2200年ほど前なのか。
いろいろと考えさせられた後で、常設展示にも寄ってみた。


16遮光器土偶_convert_20160604183400

遮光器土偶。
これは兵馬俑のちょっと前か。縄文時代のものである。


16はにわ_convert_20160604183423

はにわは古墳時代のものだから、兵馬俑の時代よりかなり後。
墓に置かれた理由は違うのだろうが、
兵馬俑を見た後にはとてもホッとするものだった。
(ということでミュージアムショップで買ったんだけど)




時間
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

litegreen

Author:litegreen
kimidori15(♂)
ゆっくりとゆっくりと、よく立ち止まり、緑と青鉄道を建設中。
緑と青のチームを応援してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
通勤客数
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR